"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
食べるのが下手?
 こんにちは……。昨日は風邪で仕事を休んでしまいました。季節の変わり目、皆さまも体調管理にはくれぐれもご注意くださいませ(前夜にS.W.F.F.的酔っ払い2名から、深夜の電話攻撃にヤラレたという噂も……笑)。
b0000168_1325528.jpg
 さて、突然ですが「シーバスは捕食が下手だ……」なんておっしゃる方もいらっしゃいますが、本当のところはどうなんでしょうかねぇ? 私は魚類学の専門家ではありませんし、研究しているわけでもありません。あくまでアマチュアの魚好きの実感でしかありませんが、シーバスをそれなりに釣ってみたり、以前15cmくらいのセイゴを飼育していた経験から書いちゃうと、シーバスは捕食が下手ではないと思います。むしろ上手なんじゃないか?とも思うわけです。

 まずシーバス=マルスズキ(Lateolabrax japonicus)に限定しますが、彼らの身体能力はとんでもなく優れているわけです。主に内湾性ではありますが、沿岸部であれば外洋サーフ、磯場、はたまた河口の汽水域だけでなく、10km以上も遡上したほぼ淡水エリアでも捕獲されたこともあるくらい。浸透圧調整、水温の変化にも強く、遺伝子的に大変優れたお魚であるといわれています。
 しかも1年で20cm前後、3年で40cmと幼魚期の成長が速いのも特徴で、成熟するとともに魚食性が強くなっていくそうです。こんなに優れた身体能力を有し、しかも成長速度が速い(=たくさん食べる)マルスズキが、捕食が下手だとは到底思えないわけです。百歩譲って、疑似餌を捕らえるのが下手だとすれば、それはフライやルアーで釣ろうとする我々アングラー側が対処すべき問題であって、シーバスのせいにするのはどうかと思ったりするわけです。

 ま、そんなことはさておき(笑)。シーバスも大きくなってくると口腔内の思わぬ場所にフッキングすることがあります。ルアーのトリプルフックが、口腔内で抜けたり刺さったりを繰り返すことは一部で知られていますが、これはフックポイントが3箇所あるフックゆえ、テコの原理が作用するからです。一方、フライの場合は大多数がシングルフックですから、しっかりフッキングさせることができれば、口腔内をフックが移動して刺さり直すことは稀です(私は釣ったことがないのですが、口が硬いターポンやビルフィッシュの場合、口腔内でフックが移動することがあるそうです)。しかし、フッキングが甘いとシーバス特有のヘッドシェイクで簡単に外されて悔しい思いをしちゃいます(エラ洗いは空中でのヘッドシェイクだと思っています)。

 で、いったい何の話なのかというと、ちょっと思うところがあり、フッキングの場所を吻部から口腔内へ変えられないかな……?と。私の場合、これまで吻部へフッキングさせるケースが多かったんですが、最近になってようやく口腔内にセットフックすることが多くなってきました。ままま、自分では意図してそうしているつもりなんですが……大いなる勘違い、そして偶然の重複かもしれません(笑)。真実はシーバス君にしかわかりませんからね。


 そうそう、明日の30日、ザ・フィッシング(TV大阪、TV東京系)でスーパーミノーを使った実釣映像が放送されるそうです。興味のある方はぜひご覧になられてはいかがでしょうか?



 おっと、こちらもよろしくお願いします!
The answer is in the sea.キャンペーン、ご応募絶賛受付中です。
 できることから少しでも始めましょう。さぁ、ご一緒に!!
(近日中にゴミ拾い報告を一度まとめようと思います)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-09-29 13:40 | 魚のこと | Comments(6)
Commented by ペリカン at 2006-09-29 14:07 x
今回の推論、僕も同感です。

ところで、昨日、初めてスパーミノーな釣りをしてきました。
今までやった事無いのに「色々」思っていた事を恥ずかしく思いました。(苦笑)
ブログにも書きましたが衝撃的な釣りでした。
ところでフッキングですが巷で言われているようにあまり良くなく、取れたのは2~3割でしたが、この釣りでも確かに釣り人側の問題が多いようにも思いました。
ビギナーズラックかどうか分かりませんが僕の場合は8割がたがっぷり食われていました。(笑)
saltwater-ffさんも書いていたと思いますが、万能では無いと思うけど、明らかに有効な手段なのは間違い無いと思いました。
シークロさんのボートでステッカーが輝いてましたよ~。(笑)
Commented by saltwater-ff at 2006-09-29 19:50
ペリカンさん>どもっす~。
いい釣りしちゃったみたいですね!O船長に聞きました。まさに真昼の衝撃、ですよね。
フッキングについては御大曰く「アワせない!」のがコツなんだそうです。ドバガボ出ても完全に乗るまで気にしない。平常心キープ。8割フッキングできたペリカンさんは、さすが忍野で鍛えられた精神力の持ち主ですね!!
アドレナリン分泌系の私にとって、平常心はかなり険しい道のりです(笑)。
Commented by MOMO at 2006-09-29 22:30 x
以前書き込みしたMOMOです。私もO船長のところで同じ釣りを楽しんできましたが合わせず乗るまで待つとフライは無事に浮いているッテ事の方が多かったように感じます。直下で反転しているわけではないので見切られているという感じでもないのですが。
浮力がある方が反応はよかったですがミサイルのように下から飛び出てくると水圧でフライが移動してしまうとかってあるのでしょうか?
高浮力ボディーにテール側にフックをぶら下げたタイプのフライを試してみた方がいらっしゃればフッキング率を教えてください。
Commented by ペリカン at 2006-09-29 23:32 x
2~3割の8割ですから・・・。(笑)
実は事前情報で聞いていた合わせとO船長が言ってた合わせが正反対で戸惑いましたが、なんとなく遅合わせを心がけました。
それとフックを若干加工してました。フックの後半部分が下がるように曲げ、ボディから若干斜め下に出るようにしておきました。
あとは・・・えらく針先を研いでおりました。(笑)
MOMOさんが仰っているアシストフック付きも試そうと思いましたがO船長の話ではあまり良くないとの事でした。掛かるけど、外れる可能性が高いそうです。
Commented by saltwater-ff at 2006-10-02 17:02
MOMOさん>こんにちは~。
そうそう、なんだか日並みや場所によってシーバスの反応が違うんですよね。私も同感です。ここんところずっとイワイミノーの釣りをやってるんですが、浮いてるほうがいい日もあるし、やや沈み気味のほうがいい日もあります。アワせたほうが乗りやすい日もあるし、バイトしてもそのままホットケしておくと、バックリ食ってくる日もあります。
何がどう関係しているのかを語るには、まだサンプル数が少なすぎると思うので、ちょっと継続して試してみようと思っています。
アシストフックの追加は、個人的にあまり気が進まないので試してないです……。
Commented by saltwater-ff at 2006-10-02 17:10
ペリカンさん>どもども。
いやー、まだ発展途上のメソッドなので日進月歩です。土曜に御大と同船させていただき、フッキング率アップのコツを教えていただいたんですが、さらに技が洗練されてました!
アワセについて現段階での最新情報は「使い分け」が最良なようです。私もおかげでアベレージで3割くらいは成功できるようになりました(当社比)。
ハリ先を研いだり、加工したり……私もやりましたが、根本的な改善にはなりません。キモは……内緒(笑)。
しかし、やはり御大の発想は我々凡俗をはるかに凌駕しています。今度直接お話しますが、きっとびっくりしますよ。
<< Imagination pr... 『横浜ベイ・フライフィッシング... >>