"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
短期集中企画 『解せない!』シリーズ (第4回)
b0000168_18503854.jpg
 あ、こんにちは。このところだんだん朝晩の冷え込みがきつくなってきましたね。そのせいか、ちょっと一昨日から喉が痛くて熱っぽいです。さてさて『解せない!』シリーズも今回で終了。いよいよ決着編です。じゃ、風邪で寝込む前に更新しちゃいましょう~。ちなみに題字の英語は『解せた!』です。

 おっと、その前にご協力者続出中のThe answer is in the sea.キャンペーン、ご応募絶賛受付中です。
 できることから少しでも始めましょう。さぁ、ご一緒に!!
(近日中にゴミ拾い報告を一度まとめようと思っています)





 さて、前回の実験では大した結果が得られませんでしたが、後で考えてみると大事な要素が抜けていたことに気づきました。その要素とは、ずばり摩擦と塩水です。フリーノットはフックのラインアイと激しく摩擦します。ユニノットのように一旦ノットを締めこんでしまえば、さほど摩擦の心配はありませんが、フリーノットの場合、ラインとアイとの位置関係が確定されないので常時擦れていることになります。特にフライフィッシングの場合、リトリーブやピックアップ時だけでなくキャスティング時にもアイ部分に摩擦や抵抗が発生しやすいので、この摩擦を無視するわけにはいきません。そして、海水による劣化も考えられます。通常時では問題がなくても、アイと擦れることによって生じたなんらかの傷に海水の塩分が侵入し、劣化を促進させているのかもしれません。というわけで、新たに実験してみました。


 実験の状況は先日と同じ。ただしフリーノットで結んだ後、右手でノットをつまみ、左手でフライを持って左右に引っ張りながら、ノット部分に負荷をかけつつアイと擦れるように、グリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリグリと約150回ほど摩擦させました。その後、擬似海水(塩分濃度3.5%)を入れたバケツに15~20分ほど漬けて、いざ引っ張り実験!

※データは、回数/切れた際の負荷(kg)/切れ方となっています。切れ方の種類はノットの結び目で切れたもの=ノット切れ、ノットがほどけた場合=ノットほどけ、ラインの途中で切れた場合=タカ切れ、ループが切れた場合=ループ切れ、確認できなかった場合=不明と表記。


■実験3(甲) VEPライン20lb+ハリソンズループ+S10S-4H(#2/0)
☆摩擦約150回+塩水15~20分間漬け置き後

1/6.2kg/ノット切れ
2/4.2kg/ノットほどけ
3/7.8kg/ループ切れ キター!
4/8.0kg/ループ切れ
5/6.7kg/ノット切れ
6/5.5kg/ループ切れ
7/不明(約7.0kg)/ループ切れ
8/6.6kg/ノット切れ
9/6.0kg/ループ切れ
10/7.4kg/ノット切れ
11/8.1kg/ノット切れ
12/5.9kg/ループ切れ
13/8.1kg/ノット切れ
14/8.8kg/ノット切れ
15/6.3kg/ループ切れ
16/6.9kg/ループ切れ
17/8.6.kg/ノット切れ
18/5.8.kg/ノット切れ
19/8.0kg/ノット切れ
20/6.1.kg/ループ切れ
21/6.9kg/ノットほどけ
22/8.6kg/ノットほどけ
23/7.0kg/ノット切れ
24/8.5kg/ループ切れ
25/6.6kg/ノット切れ
26/7.1kg/ノット切れ
27/8.2kg/ノット切れ
28/3.9kg/ノットほどけ
29/6.9kg/ループ切れ
30/7.7kg/ノット切れ


■実験3(乙) トーナメントライン20lb+ハリソンズループ+S10S-4H(#2/0)
☆摩擦約150回+塩水15~20分間漬け置き後

1/7.2kg/ノット切れ
2/7.4kg/ノット切れ
3/6.6kg/ループ切れ
4/5.4kg/ループ切れ
5/6.0kg/ループ切れ
6/7.3kg/ノット切れ
7/8.2kg/ノット切れ
8/5.8kg/ノットほどけ
9/7.1kg/ループ切れ
10/8.6kg/ノット切れ
11/8.0kg/ノット切れ
12/7.9kg/ノット切れ
13/6.9kg/ノット切れ
14/5.5kg/ループ切れ
15/9.0kg/ノット切れ
16/6.6kg/ループ切れ
17/7.7kg/ノット切れ
18/8.0kg/ノット切れ
19/6.3kg/ループ切れ
20/6.6kg/ループ切れ
21/8.6kg/ノット切れ
22/8.4kg/ノット切れ
23/7.9kg/ノット切れ
24/7.1kg/ループ切れ
25/4.4kg/ノットほどけ
26/不明/(疲れて記入忘れ)
27/6.7kg/ループ切れ
28/8.1kg/ノット切れ
29/8.2kg/ノット切れ
30/7.4kg/ノット切れ

 …………はぁ……チカレタ……。実をいうと前回と今回の実験で、休みをまる1日使ってしまいました。
 さて、思ったとおり(?)摩擦がかなり影響しているように思います。また懸案のループ切れが(甲)では11回、(乙)では10回。しかもループ切れした場合、本来のライン強度の2/3程度(かそれ以下)で切れています。摩擦を150回与えたとはいえ、実際の釣り場ではもっと擦れたり、もっと強い負荷がかかることも大いにありますから、この実験結果よりもさらに弱くなってしまうこともあると思います。

 ちなみにユニノットでの実験も10回だけやってみました


■実験4(甲) VEPライン20lb+ユニノット+S10S-4H(#2/0)
☆摩擦約150回+塩水15~20分間漬け置き後

1/8.9kg/ノット切れ
2/9.3kg/タカ切れ
3/9.0kg/ノット切れ
4/9.0kg/ノット切れ
5/8.9.kg/ノット切れ





■実験4(乙) トーナメントライン20lb+ユニノット+S10S-4H(#2/0)
☆摩擦約150回+塩水15~20分間漬け置き後

1/9.0kg/ノット切れ
2/9.1kg/ノット切れ
3/8.8kg/ノット切れ
4/9.4kg/タカ切れ
5/9.1kg/ノット切れ


 こちらはほとんど劣化なしといっていい結果となりました。ま、当然といえば当然ですね。




 で、結論というか実験をトータル200回行ったバカ自分なりの感想を書くと、ラインの強度はあくまでラインそのものの強度で、擦れたり負荷がかかり続けて劣化すると、本来の強度は発揮できないんだなぁ……という、至極当たり前のところに落ち着きました。本当なら今回実験に使用したバリバスラインとがまかつフック以外でも検証すべきなのですが、さすがに出来ませんでした。ただ今回実験に使用したラインとフックだからループが切れる……とは思えません。そんなに単純ではなさそうです。ライン、フック、ノットの相性もあると思うし、それらが劣化しないこともありませんから。
b0000168_1855451.jpg
↑で、実験後の仮説。こういうこと??なの???




 ちょっと話がそれますが、今回私がフロロからナイロンに変更した理由は、ここ最近シーバス狙いでハマっている日中のトップウォーターゲームにあります。実際経験された方ならご理解いただけると思いますが、水面を割ってアタックしてくるシーバスの5~6割がフッキングしません。いや、人間側のミスもかなりありますから、場合によっては7~8割くらいがフッキングできていないんじゃないかと思います。そこで、フロロカーボンラインよりも伸びやすいナイロンラインをショックリーダーに使うことで“伸び”を利用してコンマ数秒でもシーバスの口腔内にフライを留める時間を稼げるのではないか? しいてはフッキング率が上がるんじゃないか? という苦肉の策でした。結果としてフッキング率が1~2割程度向上したような気がします。あ、気のせいかも?(笑)。


 というような理由でナイロンラインを選択してきましたが、ループが切れちゃうのはいかがなものか……。頭が痛いですね。まぁ、こういう実験をやっても結論をハッキリさせないままうやむやにする既存メディアと違って、ここは個人のブログなのでここからは私なりの決着を書いちゃいましょう。あくまで私的な結論なのでご意見は無用でお願いします(笑)。

 トップの釣りにはやはりナイロンラインが適しているように思う。擦れによる危険性を考えるとフリーノットは適さないが、フライ交換やノットのチェックを頻繁に行うことでリスクはかなり軽減できるはず。大型フライにはアイと擦れる部分にチューブを被せることもできる(シーバスではあまり現実的ではないけれど)。

 水面下をリトリーブする場合はフロロカーボンでも構わないと思う。ちなみに実験3(甲)の内容をフロロに替えて10回試したところ、ループ切れが1回発生した。ナイロンほどではないが、摩擦と塩水によって疲弊していくのは同じ。フロロだから……という過信は禁物。



 ふぅっと。ひとまず実験結果はこんな風になりましたが、皆さんの海フライ人生に少しでもお役立ていただければ幸いです。
 これにて『解せない!』シリーズ、終了でございます。お付き合いありがとうございました。明日からは普通の女の子内容に戻ります。それでは。

(おしまい)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-09-25 18:59 | 短期集中連載 | Comments(10)
Commented by DG太郎 at 2006-09-25 19:36 x
いつも楽しく拝見しとります。
それにしても粘強い実験の数々、感服しました。私、理系なんですが、卒論でもここまでやらんかったからね(笑)
次は人物像とフッキング率の相関関係とかも、ぜひ調べてみて下さい。
またごいっしょしましょう。
Commented by SALTSIZE at 2006-09-25 23:22 x
いやぁ~、お疲れ様でした
SALTSIZEです。
なんだかスッキリしました(笑
そろそろ砂釣りも始めたいのですが、台風の野郎が邪魔してくれます。
Commented by Bunzi at 2006-09-26 12:44 x
11月に沖縄ソルトツアーを控えて、今回の「解せない!」シリーズは大変興味深く読ませてもらいました。
まだ見たことも釣ったこともないサカナに、もし大きなヤツが掛かって途中ノットが切れたらどうしよう?と獲らぬタヌキ・・・のようなことを妄想してます。
とにかく、ノットのチェックはコマメにすることが大切なようですね。
基本的なことなんでしょうが、しばらく忘れてました。
Commented by saltwater-ff at 2006-09-26 15:52
DG太郎さん>いつもどうもです!あ、ここでははじめましてですね。
先日は急遽シークロ同船させていただきありがとうございました~。
今度はクロダイ釣り教えてください。
人物像とフッキング率の相関関係……。T酒御大にぜひご登場いただきたい案件ですね。あくまで仮説ですが、T酒さんのフッキングパワーは、年々加速しているように思うので、ある周期を過ぎるとあまりの加速度により、自身に反重力的作用(アワせると自分が飛んじゃう)を及ぼすのではないでしょうか? 結果、最大加速に達するであろう20年後、のべ竿とともに宇宙空間へ放り出されるはず……なんちゃって。
今後ともよろしくお願いします~。
Commented by saltwater-ff at 2006-09-26 15:56
SALT SIZEどの>疲れました。そして至極当たり前の結論(笑)。
でもまぁ実際に試すことに意義がある!と強がっておきます。
砂といえば、15日に砂っぽい釣り行きますが、行きます?
Commented by saltwater-ff at 2006-09-26 16:00
Bunziさん>どうも~。
沖縄ですか!いいですね~。
今回の実験で、あまたの先達が残した金言は守るべきなんだと痛感しました。技術の進歩で品質が向上しても、やっぱり基本は重要なんですね。沖縄でまだ見ぬビッグワンがヒットすることをお祈りしています!
Commented by surfman365 at 2006-09-27 18:20 x
これだけ徹底的にやってみるなんて凄いですね。saltwater-ffさんの大変な労力のお陰で解りやすかったです。ご苦労様でした!
Commented by 空飛ぶ魚屋 at 2006-09-28 12:48 x
何時も参考にさせて頂いております。
すっごい実験ですね、恐れ入りました。
結ぶの面倒+リーダー(ティペット)が短くなるのが嫌なので
最近スナップばっかり使ってます(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-09-29 14:00
surfman365さん>もう疲れました……(笑)。
半ば意地になってた部分もあったんですが、切れ方がどうにも解せなかったので、それを確かめられてスッキリしました。
お役に立てれば幸いです~。
Commented by saltwater-ff at 2006-09-29 14:03
空飛ぶ魚屋さん>おぉ、スナップですか!
現実的にはスナップもいいですね。交換も素早いし、強力も十分ですもんね。
<< 『横浜ベイ・フライフィッシング... 短期集中企画『解せない!』シリ... >>