"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
“フライ・サーフェース・システム”私的雑感(その2)
 ちょっと間が空いてしまって申し訳ありません。釣りに行ってました(笑)。 
 
 えー、つづきです。
 
 が、その前に少しだけ。前回もそうでしたが、このエントリーは私が感じたことをつらつらと書いているだけです。私的雑感とタイトルしたのもそのためです。このメソッドを広めようとか、道具を買ってもらおうとか、そういう意図はありません。そんなことをしても私に何のメリットもありませんし、このメソッドを妄信しているわけではありません。ただ今まで自分がやってきたことと異なる方向性の釣り方について、おもしろいと思ったので肯定的に書いているだけです。この場で“フライ・サーフェース・システム”の是非を問うつもりもありません。
 まぁ岩井さんというフィルターが介在することによって、それだけで拒否反応を示す方がいらっしゃるのは事実だと思いますし、個人の趣向性をとやかくいっても仕方ないと思います。ですからこういうことを書いても、なかには何か裏があるんじゃないか?と勘繰る方もいらっしゃると思います。そういう方は申し訳ありませんが、ここから先を読み進むのはご遠慮ください。




 冒頭からキナ臭い文章で申し訳ありません。本音をちょっとだけ書くと、釣り師の一人や二人、のさばらせてやってもいいじゃないかと思います。
 さてさて、気を取り直してつづきです。このメソッドで私が一番驚いたのはフライのリトリーブ速度です。これまで自分のなかでリトリーブは「昼=速め、夜=遅め」という大雑把なくくりがあったのですが、それを見事に打ち砕かれたのが衝撃的ですらありました。というのも、圧倒的に遅いんです。これまで私がやっていた昼のリトリーブ速度を10とすると、1か2しかないんです。例のスーパーミノーを沈めるというか、正しくは頭の部分に水を受けてわずかに潜る(ほんの2~3cmくらい)だけで、ボディ後部が水面から出ている状態もしばしば。当然ながら引き波のV字波紋を起こしながら、微妙にローリングしつつ岸壁沿いを「ツーッ、ツツーッ」と引っ張ってくると、突然「ガバシャッ!」とシーバスがアタックしてくるから不思議なんです。

 ところでフライとルアーの差って皆さんは何だと思われますか? どちらも疑似餌であるわけですが、私はルアーよりもフライのほうが、イミテーションとして本物により近いのではないかと思っています。例えばメイフライなんて、本物と見紛うフライパターンばかりじゃないですか。シルエットやミラーパターンという要素もイミテーションに含めると、ルアーでは到底表現できない“本物っぽさ”がフライの大きな強みだと私は思います。じゃ、海の場合はどうなのか? 自分でやってきた微々たる経験を顧みたところ、サイズやカラーにはこだわってみたことはあったものの、どちらかというとリアクションやタイミングで食わせることに終始してしまって、“本物っぽさ”の演出を忘れてしまっていたような気がします。
 今回の“フライ・サーフェース・システム”について自分なりに検証し、まとめてみたことで一番勉強になったのはこの部分で、シーバスは明らかに本物のイワシと思ってバイトしに来ているように思いました。試しにスーパーミノーにバシバシ反応する状況で、エンリコミノーやサーフキャンディをいつものように速めのリトリーブで通してみましたが、こちらにはまったく反応がありません。じゃ、スーパーミノーのようにゆっくりリトリーブしたらどうなのか……??? ふふふ、ここから先はご自分で試してみてください。きっと楽しいですよ!
 まぁ、これは個人差があるのでなんともいえないので、皆さんに「わかってくれ!」とは申しません。ただ、私がそう思ったのは事実です。そして“フライ・サーフェース・システム”をひと通り試してみた結果、ひとつのメソッドとして自分の引き出しに組み込みたいと思いました。万能とはいえませんが、釣れるメソッドには間違いありません。それに水面が炸裂するのには興奮しちゃいますし、シーバスってこれほどアグレッシブに捕食するのかと驚いちゃいますから。とはいえ、あくまでメソッドのひとつ。それに同条件下であれば、これからはより確実にシーバスをC&Rしていく方法を選択すると思います。それは別段目新しいメソッドではありませんし、いつもの#8タックルを使いますが、そのきっかけとヒントを与えてくれた“フライ・サーフェース・システム”には感謝しています。
b0000168_14131139.jpg
 これまで何度かの検証でフライはいくつか試しましたが、オリジナルのスーパーミノー以外でも釣れました。反応の多寡は不明ですが、アイなし、テイルなし、キラキラ光るだけの私製いんちきミノー(笑)でも釣れたので、このメソッドで一番のキモはフライではないように思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-08-30 14:30 | ざっくばらんに | Comments(12)
Commented by ペリカン at 2006-08-30 15:32 x
こんにちは
某ブログで怪しいシガー吸い見ました。(笑)

今回の記事興味深く見ました。
実はバチ抜けの時にもこのフライが効くのが分かりました。
と言うのもチキチータと言うルアーを使って凄い効果を上げているアングラーのブログが有ったのですが、それをフライに生かせないものかと同じ形状の物を作ってみた所、もの凄い反応が良かったです。
これをやってみて僕なりに感じた事は「マッチザ何とか」は、間違いなく有ると思うのですが、それ以上に実はリアクションバイト的な要素を含んだ泳ぎ方と言うか以前雑誌で小林さんと言う方が紹介していたマットソニックが魚を引き付けているのではと思っております。
こう言うことって各地で同時発生的なことが有るので釣りをやりまくっている人たちの行き着く先は結構同じ物なんだな~と思いました。(笑)
個人的にはラフォンテーンのスパクールピューパのように一見全然違うんだけど、魚から見たらまさしく本物みたいフライらしいフライを作れたらと思ってます。
いずれにしても常識なんてクソ食らえですね。僕も変なミエは取り去って、色々取り入れたいな~と思わせる記事でした。
Commented by matt at 2006-08-30 17:58 x
バス狙いだとこの手のミノーってポーズ時間が長いほうが出もいいからね。^^; リトリーブスピード、、僕のマル秘テクも超スローです。日中ホローフライをカウントダウンしてからひとつまみずつって感じで潮に逆らってリトリーブするんですけど、はまると反応はすごいですよ。ルアーと違う部分で戦略を立てるという意見には大賛成です。^^
Commented by SALTSIZE at 2006-08-30 21:40 x
海は、異種であり総合であり
SALTSIZEです。
そんな未知領域が満載な大海原は、ステキです。
Commented by カッパ at 2006-08-30 22:41 x
こういう事考えるのって楽しいですねぇ。私も大好きです。
そっくりのフライが、2001年のアングリングに漆原考治氏が『ドライフライ的アプローチで釣る水面のシーバスフィッシング』という記事で紹介されてました。(この時凄く興奮して巻いたフライがフライBOXに死蔵されています。(笑))この記事ではバチを意識したもので、引き波がキーワードになっていたように思います。
ぜひ、参考にしてみてください。

因みに切り抜きの裏ページは『16回東京ベイシーバストーナメント』の記事でした。saltwater-ff さんは関係者ですか?
Commented by umiosaru at 2006-08-30 23:19 x
岩井さんのスモールとシーバスの記事を見た時は正直言って「ついに来たか!」と驚きましたが(笑)、岩井さんも自分なりのスタイルを見つけるまでの試行錯誤は楽しかったでしょうね~。
岩井スタイルの好き嫌いは皆さんあると思いますが、渓流のエキスパートが海で色々と試したと思うと嬉しくなっちゃいます。

岩井さんは今もGT-Rに乗っているのかが気になってます(笑)。
Commented by surfman365 at 2006-08-31 00:21 x
こんばんは!
saltwater-ffさん、楽しそうですねー!
この世界、好き嫌いは色々あるかもしれないけど、自分が面白そうだと感じたなら、迷わずやってみたほうがいいですよね。
実際に体験してみて色々見えてくるものもありますし、徹底的にやってみないと分からないことって多いですからね。

今後ともレポート楽しみにしてます!
Commented by saltwater-ff at 2006-08-31 16:23
ペリカンさん>あ、こりゃどうも。
シガー美味いですよ~。今度ご一緒にいかがです?(笑)
プロフェッサーK氏の連載、読んでなかったのですが、モーボーとかでしたっけ?(よく知らないのでドキドキです)
バチ抜けなんかは「マッチング・ザ・○○」が隠れているいい例ですね~。ルアーでもチキチータをはじめ、ワンダー、にょろにょろ、ヤル気スティックなどなど、バチ系ルアーがたくさんありますが、フライならではのアプローチというのも必ずあると私も思います。
日本のシーバスならではのフライフィッシング的メソッド、これが確立するといいなぁと思っています。まだまだ幕が開いたばかりですし。って、いってもラフォンテーン神には到底及びそうにないですねぇ(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-31 16:27
mattさん>どもです~。今週帰阪しますよー(笑)。
マル秘のスローリトリーブ、ぜひ生で拝見したいです~。ルアーと違う部分で戦略を立てるという点、もう全面的に共感します。なんとなくですが、フライフィッシングを選んだ理由ってきっとそこにあるような気がするんですよね。
これからも色々ご教授ください!
Commented by saltwater-ff at 2006-08-31 16:31
海はしょっぱいであり、夏はおっぱいもいる
SALTSIZEさん>きっとね、海の0.01%も理解できるなんてことはないんですよ。でも、だからこそ面白いんだと思います。
分からないし、到底手に負えない。でも行っちゃうんです。それこそが海の魔力だからでしょうね(笑)
Commented by saltwater-ff at 2006-08-31 16:39
カッパさん>どうもです!
考えすぎるのもよくないですが、やっぱり楽しいから考えたり試したりしちゃいますよね。
漆原さんも類似のアプローチされてたんですね…初耳でした(笑)。広く告知されるかどうかはさておき、きっと方向性は似てくるものなんでしょうね。それに200年くらい前に、イギリスの誰かが似たようなことやっててもおかしくない気がします(笑)。
あ、ちなみに関係者ではないですよー。ただの釣りバカです。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-31 16:44
umiosaruさん>どうもどうも。
試行錯誤途中の楽しさって当人しか分からないもので、周囲は結果から知らされるから、そのギャップというか、差に驚いてしまうのは仕方ないのかもしれませんね。
私も最初はケータイもカーナビもETCも否定的でしたが、今や全部使ってますもん(笑)。あれ?なんか違う話になちゃいましたか?
GT-Rは健在みたいですよ~。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-31 16:48
surfman365さん>どうもです!
心強い励ましのお言葉、ありがとうございます!! あくまで個人の趣味の範囲でやっているブログなので、これまでどおり思いのままやっていこうと思っています。
楽しいのが一番ですし、自分で試してみて得られたことは、かけがえのない経験ですもんね。レポートの内容はさておき、これまで通り面白そうなことには迷わず首を突っ込んでいこうと思います~!
<< The angler'... “フライ・サーフェース・システ... >>