"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
“フライ・サーフェース・システム”私的雑感(その1)
 フライ・サーフェース・システム。ご存知、岩井渓一郎さんが提唱している、サーフェースフィルムでのフライフィッシングメソッドのことです。今回は前回のYFTで岩井さんと同船させていただき、直接教わったこと、その後に自分で試してみて理解できたことについて書いてみようと思います。

 まずこのメソッドの特徴を箇条書きしてみます。

■水面に浮かぶフライ(フローティングミノー)で、シーバスを水面まで誘って食わせている
■タックルは#5ないし#6で、フローティングライン(WF)を使用
■リトリーブはロッドで引っ張るか、ハンドツイストで行う
■リトリーブスピードは大変ゆっくり(止まる寸前くらい)
■キャスティングはロールキャストが大半(主戦距離は7~10mくらい)
■ミノーは浮かぶだけでなく、泳ぐことが重要
■基本動作は渓流や湖のフライフィッシングと同じ。経験者なら簡単

 で、次に私がこのメソッドのスゴイと思うところを箇条書きします。

■キャスト回数が圧倒的に多い(ルアーよりも多い)
■水面でヒットするので視覚的興奮がある
■一見ルアーっぽいが、本質はフライフィッシングそのものだ(詳しくは後述します)
■疲れにくい
■ポイントの見切りをつけやすい
■どういうわけかスレにくい
■他のメソッドとポイントがかぶらない
■ライトタックルなので、ファイトが楽しい
■これから始める人にとっては初期投資が少なくて済む
■ボートのポジションによる釣果差が発生しにくい(と思う)

 そんでもって、次は私がこのメソッドに疑問を持っているところを箇条書きします。

■スーパーミノー以外では成立しないのか?(解決済み)
■シーバスの生息数がもっと少ないエリアでも成立するのか?(不明)
■水面を意識していない状態のシーバスにも効くのか?(不明)
■水中を引っ張るメソッドよりも効果的になる条件とは?(少しだけ解決)
■ライトタックルじゃなければダメなのか?(ほぼ解決)
■他の魚種にも効くのか?(不明)
■フライのカラーリングによる差はあるのか?(私的には解決)
■フライのサイズによる差はあるのか?(不明)
■ゆっくりリトリーブするほうがいいのはなぜか?(なんとなく解決)
■フッキングの改善方法は?(うーん、まだまだ)
■ぶっちゃけ、同条件なら他のフライでも出るっしょ?(なんともいえません)

 はい。ざっと書いてみましたが“フライ・サーフェース・システム”について、私が今思っていることはこんな具合です。これら全部を事細かに説明するのは面倒なので、特筆したい部分をかいつまんで書きますね。おっと、その前にこれだけは書いておきますが、このメソッドが“釣れるメソッド”であることは間違いないと思っています。これは実際に自分で試して感じたことです。ただ、万能であるかどうかは分かりません。その点についてはご理解いただきたいと思います。
b0000168_12504140.jpg
(リトリーブはこのようにロッドをリフトして行います。岩井さんはポイントから1~1.5mリトリーブすると、そのままロールキャストで打ち返していました。この手返しのよさは圧巻です)

 まずタックルについてですが、これまでシーバスをフライで狙う場合、#8が定番とされてきました。どういう経緯で#8が定番になったかは定かではありませんが、まぁ適当な番手だと思いますし、あまり疑問も感じませんでした。ただ、このフライ・サーフェース・システムでは、#5ないし#6のロッドを使用しています。#8に比べて極端にライトタックルというわけではありませんが、ややもすると「ライトタックルで魚を弱らせるのはよろしくないんじゃないか?」というご意見が出るかと思います。ただ、それは半分正解で半分不正解だと私は思います。
 というのも、#8のフローティングライン(もしくは高比重のシンキングライン)を背負って泳ぐのと、#6のフローティングラインを背負って泳ぐのでは、果たしてどちらが魚にとって負荷がかかるでしょうか? 微々たる差かもしれませんが、実際にファイトに差が出るのを私は経験しています。同サイズのシーバスでも、#8使用時よりも#6使用時のほうがジャンプが高いです(ま、個体差もあるでしょうが)。#8と#6でファイト時間に大差があるとは思えませんし、ある程度熟練したアングラーであれば、60~70cmクラスのシーバスをランディングするのは問題ないことでしょう。
 次にフライの動きというか、リトリーブにもライン番手が関わってくるので触れておきたいと思います。先日、岩井さんと同船させていただいた際、私は#8のフローティングライン、岩井さんは#5のフローティングラインでした。フライは同じでしたが、リトリーブスピードが決定的に違いました。このメソッドのリトリーブはロッドをリフトさせるようにして行います。ロールキャストの手順だと思っていただければ分かりやすいでしょう。ロッドでフライを引っ張ってくると、#8ラインではライン自体の重さでラインがたるんでしまい、フライが泳ぐスピードを微調整しにくいんです。一方、#5ラインであればラインが軽いのでリトリーブスピードの調整が容易に行える。同じように真似してみたんですが、この差は大きいと感じました。ロッド、ライン、フライ……。メソッドにマッチしたタックルのトータルバランス。これ、基本中の基本なわけですが、けっこう目から鱗でした。

(つづきます)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-08-25 12:59 | ざっくばらんに | Comments(16)
Commented by 吉皮 at 2006-08-25 16:18 x
久しぶりです。イワイミノー愛好者です。
イワイミノーでこれまでに反応よかった魚は、

・6月上旬には某本流筋で大イワナ&ヤマメにすごい反応あり。S、Mサイズ
・6月下旬、桧原湖でスモール30本以上。(Basser先月号に写真つきで出ました私。フローター大会中。)S,Mサイズ
・7月、某渓流の落ち込みでヤマメ連続バイト。Sサイズ。
・8月、某ダムで40-50cmバス連続ヒット。ボイル直撃すると一発でヒット。Mサイズ(写真メールしますね)

私はルアーもやるのでいろいろ同時進行で試していますが、間違いなくイワイミノーには魚を呼び寄せる何かがあると感じます。今や私にとって無くてはならないフライのひとつです。
Commented by スーザンS at 2006-08-26 09:43 x
実に興味深い、面白いです。
続き、待ちきれません。
もっと、もっと、お願いします
Commented by tacotei at 2006-08-27 16:47 x
saltwater-ff さん。こんにちわ。
ふむふむ、なるほど・・・って複構成かい!と突っ込みたくなる内容ですね。S.W.F.F.に関しては早く初心者といわれるレベルになりたいレベルの小生をして続きが楽しみです。何事においてもやはり主体性(自分で考える)って結果が出たときは嬉しいですよね。続きは涙ちょちょぎれる内容を期待しております。←いい意味でプレッシャーになってくれることを祈りつつ(スンマセン
Commented by salmo at 2006-08-27 16:50 x
はじめまして
サーフェイスミノーの釣りは私も楽しませてもらっていますが、岩井氏の釣り方にはどうも同意しかねる物がありまして・・・
その最たる物が過剰なライトタックル指向だったのですが・・・
ロールキャストの多用はフライ未経験のルアーマンへのプロモーション戦略だと思っていましたが、そのような意味合いもありましたか・・・。
しかし、手元のライン重量によってフライの挙動に影響を与えてしまうというのは、テンカラで言う「お釣り」現象ですよね?
これって、フライタックルである程度以上のラインを出し、水面に置く事で回避できるはずなのですが・・・
このフライで、多くの方が悩むのがフッキング率の低さだと思うのですが、こちらの解決にはしっかりしたバットのロッドで確実な合わせを入れる事が解決法の一つだと考えていました。
でも、面白いアプローチですね。
早速私も検証してみます。
Commented by クリオネ at 2006-08-30 10:03 x
はじめましてマルヒラ年間を通してフライで釣りをしている者であります、岩井氏の釣りには賛成しかねますね、フライはアメリカ産のパターン流用、釣り方はヤッパリ川の人ロールキャストでしたか、そのうちロングリーダーとか言いそう。
Commented by クリオネ at 2006-08-30 10:19 x
海のフライは20ヤード以下はわたしはショートキャストだとおもいます。当然表層だとマルはまずエラあらいしますがその回避策としてルアーロッドでいえばウルトラライトフライで言えば5番6番になるためですよ。ある程度魚が大きいから乗るわけでセイゴサイズならまず3番でも乗りませんよ
Commented by クリオネ at 2006-08-30 10:39 x
ぼくが同じ釣りを強要されたらWFなんて使わず(ライン出さないなら必要性なしあとベリーがフッキングの邪魔する)レベルライン使うけどなぁ、ロッドはトラウトロッド。つまりルアータックルでいいですよ。フライロッドの主たる機能のラインを遠くに飛ばす必要性ないから。大御所がこんな釣りやって若手の釣りレベルの低下を招きますよ
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:19
吉皮さん>どうも!昨日はお疲れ様でした~。
昨日はイワイミノーでシイラも釣ってらっしゃいましたね。なかなか楽しめたんではないでしょうか?
このメソッドに対するバス系の反応は見ていておもしろいですね。フライを見に来て、ゆっくり捕食する姿が何だかカワイイですし。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:21
スーザンSさん>はじめまして、こんにちは。
あくまで私的雑感ですので、あまり期待されちゃうと弱ります(笑)。詳しくは雑誌やTV、DVD、もしくはスクール等でお楽しみください。
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:25
tacoteiさん>どうもです。
おっしゃるとおり何事も自分で試してみて、結果が出たら嬉しいですね~。そういう意味では、私もまだまだまだまだ途上にある者なので、あれこれ書いてしまうのはおこがましいですね。
tacoteiさんもじゃんじゃん自分で試してみましょうよ~!(いい方法見つけたらこっそり教えてくださいね)
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:34
salmoさん>はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
同意しかねる部分があるのは当然だと思います。私も全面的に同意しているわけじゃありません。実際に岩井さんの釣りを見ていてスゴイなぁ~と関心した部分を、私的雑感として書いたまでです。
「おつり」現象についてはおっしゃるとおりです。ただ、ラインの自重があるぶん、操作性に差が出てしまいますよね。そういう意味で、ライトラインのほうが容易というだけです。
フッキングはコツをつかむことで、ある程度改善できると感じましたが、それでもどうしようもないケースも多いですね。でも私の場合、水面が炸裂するだけで興奮しちゃうので、それはそれで構わないと思っています。
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:35
クリオネさん>はじめまして。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:37
すいません、ここはこのメソッドの是非を問う場所ではないので、なんともお答えできません。
クリオネさんが思われる釣りをされればよろしいかと存じます。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 12:39
あ、それから故意ではないと思いますが、分割コメントはご遠慮願います。
コメントありがとうございました。それでは失礼します。
Commented by ぬまっち at 2006-08-30 13:08 x
昨日はお世話になりました!
夏休みのコメントだよ〜http://signartpro.blog65.fc2.com/blog-entry-60.html
昨日の様子第1弾です。。。
http://signartpro.blog65.fc2.com/
Commented by saltwater-ff at 2006-08-30 14:37
ぬまっちさん>どうもです~。昨日はお疲れ様でした。
湾岸線の渋滞中に横を通ったんですが、運転していたIさんに気づいてもらえず残念でした。やっぱり一発で気づいてもらえるクルマに戻そうかな…(笑)。
ちょっと恥ずかしいけど写真ありがとうございます!いい感じに竿曲がってて嬉しいです~。
<< “フライ・サーフェース・システ... 私家版ポップリップの作り方 >>