"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』第7戦 参戦レポート
 7月30日、日曜日。横浜界隈で話題になっている(!?)フライフィッシングオンリーによるシーバスフィッシングトーナメント『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』(YFT)第7戦が開催されました。今回も選手として参加させていただきましたので、そのレポートを少し書いてみようと思います。
 実は大会前日にプラを行うつもりだったんですが、ちょっと事情があって……というか、準備万端でクルマまで行ったんですが、なんとバッテリーが上がってしまってエンジンがかかりません!夜中なので当然助けも呼べず、結局出撃できませんでした(トホホ……)。というわけで、大会当日はぶっつけ本番となりました。
 大会当日の午前6時、本牧埠頭から出撃!今回もシークロのO船長にお願いしての参戦となりました。おっと、それから今回のボートメイトは……Iさん……です。ま、写真でもろバレなので書いちゃいますが、今回のYFTは、岩井渓一郎さんとご一緒させていただきました。
 岩井さんといえば、渓流フライフィッシングの名手であり、最近各地で人気に火がついている“フライ・サーフェース・システム”の提唱者として知られる著名アングラーです。なぜ、そんな岩井さんがYFTに!? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、今大会に岩井さんは一選手として参加されていました。ゲストでもエキシビジョンでもなく、ガチンコでのエントリー。間違いなく達人フライマンであるにも関わらず、あくまで一人のアングラーとして、大会に臨むアグレッシブな姿勢をリスペクトです! 同船者としては、なんだかちょっと勇気づけられた気がしました。
 とかなんとか思ってる間に、大黒埠頭近くへ集合。今回は参加選手、参加ボートが増えたのでにぎやかな集合となりました。
b0000168_17312052.jpg
 集合したボートから順にスコアシートを受け取っていきます。「おはよー」「調子どう?」「こないだイイの釣ってたね!!」等々、挨拶を交わしながらのなごやかなムードがYFTの特徴です。
 午前7時、スタートの声がコールされると、各ボートは思い思いのポイントへ疾走していきます。今回我々はプラを行っていないので、シーバスが確実にいる近場のエリアを小移動しながら、なるべく長時間釣りができるように……という作戦で臨むことにしました。まず入ったのはスタート地点近くの台船群。しかし、そこにはLeftyハマちゃんが乗るicfc号が。同じ場所を攻めても仕方ないので、手前の台船を1つ探って反応を見ますが、何にもなし。すぐさま移動することにしました。次に向かったポイントは、潮が濁っているものの、このところ日中にシーバスが釣れているというポイントへ。潮が赤く濁っていますが、ベイトがあちこちに見え、たしかにこれならシーバスが食ってきそうな気配です。岩井さんはサーフェース・システムで奮戦。私も岩井さんからスーパーミノーを何本か頂戴し、ここぞとばかりに真似をしてみます。いわば岩井さんの実釣スクールを独占状態(笑)。目ぼしいポイントを2、3箇所移動した後、いい感じに波が岸壁に当たっている場所で、岩井さんのフライに待望のヒット! しかしフッキングまで至らず。
b0000168_17323382.jpg
 「あ~!」と悔しがる間もなく、すぐさま岩井さんが打ち返すと、今度は見事にフッキング!! 茶褐色の海面にシーバスの輝きがギラリ、ギラリと見え隠れします。すわ!時合い到来か!! と思い、私も同じように真似してみますが、ノーバイト。なんでじゃ~!(笑)
b0000168_17325696.jpg
 岩井さんがキャッチしたのは叉長41.5cmのシーバス君。横で観察していましたが、この釣り方、かなりフライフィッシングですよ! と、同時に私が普段やっているのはルアー的フライフィッシングだと痛感させられました(私が感じたこのへんことは、後日もう少し詳しく書きたいと思っています)。
 で、午前11時のストップフィッシングを迎えました。結果は岩井さん1匹。私、ノーフィッシュ(キャー!)。いつものように失意のまま新山下のタイクーンへと向かったのでありました。
b0000168_17332126.jpg
 優勝は叉長64.0cmをわずか3投(!)で釣ってしまったOさん(このシーバスはYFT大会史上最大魚となりました)。1匹釣った後はずっと昼寝していたというから豪胆ですね。準優勝は前々回優勝、前回準優勝のYさん。なんか入賞の常連ですね。3位はベテランのFさんが初参加で見事入賞。波を蹴散らして千葉方面に向かった英断に拍手! また今回から設けられた最多C&R賞には、こちらも初参加のMr.RedbullことSさん。ベイハム鬼教官のOさんにビシビシしごかれた結果が出たという感じでしょうか。皆様、おめでとうございます!

 今回の大会では、岩井さんと同船させていただき、個人的にベクトルの異なるシーバスのフライフィッシングを垣間見たような気がしました。これまでのメソッドを捨てるのではなく、岩井さんのメソッドを新たに加えることで、釣りの幅が広がると思います。そして何よりエキサイティングな釣り方なので、しばらくハマってしまいそうです。参加の皆様、各ボートキャプテンの皆様、後援の皆様、ありがとうございました。

 次回YFT第8戦の開催は9月24日(日)です。興味のある方は、ぜひご参加ください!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-08-02 17:42 | 戦いの記録 | Comments(8)
Commented by milkfish at 2006-08-02 23:01 x
第7戦参戦お疲れ様でした。
それにしても「超大型新人」とは岩井さんのことだったとは・・・!
今回は別の予定があって参加できませんでしたが、次回はきっと参加させていただきますよ♪
ちなみに第7戦をパスして出かけた駿河湾ですが、ずっと沈黙したままでした・・・トホッ
Commented by bobitti at 2006-08-03 07:22
楽しく拝読しました。
ルアーフィッシング的ソルトフライフィッシングとフライフィッシング的ソルトフライフィッシングに私も大変興味があります。私はスタートがルアーなのでついついルアーのような攻め方をやってしまいます。フライ的攻めかたを勉強したいと思っています。
やっぱり岩井さんはさすがですね。ミノーでフライフィッシング的ソルトフライフィッシングをなさるんですね。記事を楽しみにしています。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-03 12:11
milkfishさん>どうもです~。
いやー、岩井さんの釣りは大変勉強になりました! なんやかんや騒がれがちなお方ですが、実際はとても紳士な方ですし、スポーツマンシップ、フェアプレー精神にあふれた方でもあると思います。
今回は参加選手数が過去最多でしたし、岩井さんに限らず、これからもどんどん新しい挑戦者が参加されると思いますので、ますますYFTが盛り上がっていくと思います。
前回優勝のmilkfishさんもうかうかしてられませんよ~。

駿河湾はお疲れサバでした~。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-03 12:13
bobittiさん>どうもです!
そうなんですよ、岩井さんのサーフェース・システムですが、まさしくフライフィッシングでした。
シーバスはリアクションではなく、完全に餌生物と思って食ってる感じなんですよね。ちょっと考えをまとめてから書きたいと思いますので、しばしお待ち下さい~。
Commented by carlos_nyan at 2006-08-04 02:30
岩井さんと同船だったんですか、それはいいスクール?だったですね。あのミノーはやはり釣れるんですねぇ。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-04 15:57
carlosさん>どうもです。
おっしゃるとおりスクール状態で、岩井さん独占しちゃいました(笑)。
DVDや雑誌でわかりにくかったことが、目の前で次々解決していく様子は鳥肌ものでしたよ。
5~6番というライン選択も、あのメソッドの理に適っているということがよく分かりました。やってみる価値ありだと思います!
Commented by surfman365 at 2006-08-05 23:20
saltwater-ffさん、こんばんは。

岩井さんと一緒に釣りされたんですね!サーフェスシステムも色々得られたことも多そうで、今後のレポート楽しみにしてますね!
そちらはエキスパートの方々がおられて、羨ましーなー。
Commented by saltwater-ff at 2006-08-07 14:27
surfmanさん>どうもです!
いやー、海に関しては現場第一だと思うんでsurfmanさん達がうらやましいですよ。
岩井さんも「オレは海は素人だからさ、学びたいんだよね」っておっしゃってましたから。でも引き出しの数はやっぱりものすごく多くて、見習うべきところが沢山ありました。詳しくは少しずつ書いていきますね(笑)。
<< 生きている色 新しい風、新しい波、新しい海 >>