"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
海フライの本を買いました
b0000168_19261762.jpg なんかこんな本が出ていたので買ってみました(笑)。1,800円。フライの雑誌社より刊行されています。日本語で書かれた海フライの単行本としては初めての本……というふれこみです(翻訳本を除く)。
 フライの雑誌という季刊誌を購読していないので、再収録されている記事についても興味深く読みました。まぁ、いろいろ試行錯誤、発展途上にあるジャンルの釣りですから、それを扱った本もまた試行錯誤、発展途上になってしまうのも仕方ないんでしょうね。個人的にはもっと知りたいことが載っていて欲しかったなぁ、と思います。たとえば甑島のバショウカジキや伊豆半島のヒラスズキ、静岡サーフの回遊魚、茨城サーフのヒラメ、東京湾のシーバスにしたって、もっと多角的にいろんな考え方とかを紹介して欲しかったなぁ~なんて(笑)。
 あとちょっと気になったのが、写真掲載されている人物のほとんどがライフジャケットやフローティングベストの類を着用していない点。なんというか、これはちょっとマズイような気もします。堤防や磯で落水した場合、フローティングベストなしだとかなりの確率で死んじゃいますからね(フローティングベスト着用でも致死率は0%ではありません)。都市部の運河は落ちると上がれる場所がほとんどありませんし、夜の釣りが多いことを考えると、こういうメディアに出る人にはライフジャケットを着用してて欲しかったなぁ。百歩譲って普段は着用していなくても、取材の時は着用するようにして欲しいです。これから海のフライフィッシングを始めようと考えている人に向けて発信している本なわけでしょうし。海のフライフィッシングを長く楽しんでいくためにも、安全への配慮について、もう少し真剣に考えてもらいたいと思った次第です。
 なーんて思わず重箱の隅を突いてしまいましたが、海のフライフィッシングだけにこだわった意欲作として、海フライファンとしては素直に嬉しいですね。制作に携わった方々には「ご苦労様でした」と申し上げたいと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-04-15 20:40 | 道具のこと | Comments(8)
Commented by umiosaru at 2006-04-16 00:38
渓流の取材でも帽子にサングラス無しの方いらっしゃいますよね。
影響力がある方はその辺もちょっと考えてもらいたいですね!
偉そうなコト言ってますがオイラ実はライジャケ持って無いんですよ、磯ヒラデビュー時に購入を考えていたのですが・・・
オイラの冬メインのメバルは殆ど夜ですからね~。何度か無茶してやばかったコトもあったので(それ以来無茶は止めました)最近は必要だとは思っていたのですが・・
saltwaterさんのお勧めありませんか?
Commented by ペリカン at 2006-04-16 01:15 x
こんばんは
>甑島のバショウカジキや伊豆半島のヒラスズキ、静岡サーフの回遊魚、茨城サーフのヒラメ、東京湾のシーバス
これとほぼ同じ事を友人と話しておりました。(笑)
例えば各県一人づつで良いのでローカルな釣りをさらっと紹介するとかでも面白かったかなと思っています。
風の便りですが、この本に書いたライターさんご自身ももっと載せたかった事が有ったようですが、思い通りにはならなかったようです・・・。
まあ裏事情はともかく、saltwater-ffさんが仰るように良くも悪くも発展途上なんでしょね。
「甑島のバショウカジキ」、先日パタゴニアの東さんの講演でそのスライド及びお話を聞きましたが、とってもそそられました。(笑)
Commented by saltwater-ff at 2006-04-17 13:51
umiosaruさん>こんちわーっす!
海川を問わず、やっぱりメディアに出る人には、安全面やマナーのことを啓蒙してもらいたいですよね……。
海フライ的にオススメのライジャケは……これがまたビシッ!っとくるものがないんです。発泡タイプならBOILやカルティバ、パズデザインあたりがオススメです。収納力も高いですし、磯場や河口のウエーディングにいいと思います。
ボートや堤防はかさばらない膨張式がいいと思います。自動か手動かは迷うところですが、落水のショックで気絶しちゃうことも想定されますから、自動膨張式がいいんではないでしょうか。
あ、私が使っているライジャケについては後日アップしちゃおうかな。これで1ネタ確保だ~(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-04-17 13:59
ペリカンさん>どもーっす!
バチ抜け楽しまれたみたいですね~。
甑島、行ったことはないんですが、私もビリーさんやHMTのIさんから話をうかがっていて、近いうちにチャレンジしてみたいと思ってるんですよ。ロングレンジのマーリンは遥か夢の彼方ですが、国内でバショウが狙えるんなら、金銭&時間的に射程距離かな……と(笑)。どうです?ペリカンさんも行ってみません?

制作された方には色々事情もおありなんだと思います。とはいえ、貴重な一歩ではありますし、敬意をもって購入させていただきました。次の一歩に期待大です!
Commented by ペリカン at 2006-04-17 14:41 x
こんにちは。
甑島、気になりますね~。僕の場合、もっと事前の経験が必要そうですけど、チャンスが有ったらチャレンジしてみたいですね。(笑)
Commented by saltwater-ff at 2006-04-18 13:52
ペリカンさん>どーもです。
経験不足という意味じゃ私も同じですよー。とにかくフッキングに至るまでが難しいようで、運に左右される部分がかなり大きいみたいです。
でもツノ付きですからねー、一度は釣ってみたいものです。
Commented by hirony at 2008-11-16 16:29 x
はじめまして。ソルトウォーター・フライフィッシング、とりわけストライプド・バスにはまってます。遠くに飛ばすキャスティングも、気持ちいいですよね。
Commented by saltwater-ff at 2008-11-23 00:31
hironyさん>はじめまして!ようこそいらっしゃいました。
ブログ拝見しました。なんと在米の方でしたか。なんか最近やけに海外からのアクセスが増えていて、大海原~もインターナショナルになってきましたなぁ。なんだか他人事のようですが(笑)。
狙う魚は違えど、情熱の温度に差はないと思いますんで、今後もよろしくお願いします。
ストライプトバス釣りに行きたいなぁ~。リバティ島のすぐ近くでF.F.で釣れるそうですね。なんかいいなぁ~。ブルーフィッシュも楽しそうだし。
<< 海フライマンの成分解析 携帯電話で海況を知る >>