"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
ニューロッド導入!
b0000168_17583593.jpg
 少し書くのが遅くなってしまいましたが、この春のシーズンから新しく使うフライロッドが1本増えました。画像をご覧の通り、Thomas&Thomasのロッドが2本になっています(2月15日3月15日のエントリーに見え隠れ(?)していたのは、このロッドです)。ティップを奉納した横浜港に女神様が現れて、ロッドを2本にしてくれた……。なんてたわごとはさておき(笑)、昨年活躍してくれた#8に加えてT&Tをもう1本導入してみました。ライン指定は#10。対象魚はシーバスで、ウエーディングや秋のランカーシーズンに向けての導入です。モデル名はHelix910S-4です。
 「あれ?Helix908S-4を使ってるんじゃないの?」と思った方は鋭い! そうです、同じHelixの#10モデルを新たに導入したんです。どうしてまた……と、思われるかもしれませんが、Helixというロッドのアクションが気に入ったからというのが大きな理由です。これまで何度も書いてきたことですが、Helixのスゴイところは、シーバスがバイトしてきた際に、ティップが魚の動きに追従しやすく、適度なテンションを保ってくれるので、バラシを軽減してくれるところにあります。少なくとも、私個人はこれまでに使っていたどのロッドよりも、フッキングミスが減っています。硬すぎるロッドは肝心のフッキングがうまくいかないこともあって、最近はあまり使わなくなりました。あ、このあたりのことを考え、気にするようになったのは、HMTのIさんから4年前に譲り受けたStu.Aptの9’6”#8を使ってからです。ティップが適度に軟らかくて、もらったバイトの大半をフッキングできるようになったんです。結構、目からウロコの出来事でした。
b0000168_1758516.jpg
 というわけで、そんなHelix908S-4のアクションを、そのままスケールアップさせたような感じがあるHelix910S-4。まぁ細かいところを突くと、まったく同じテイストではありませんが、それでも私にとってかなり理想的なフライロッドであることに違いはありません。3月初旬から使っていますが、最近ハマっているフローティングミノーの釣りに早速活躍してくれています。また、こっそり通い始めたヒラスズキの釣りにもコイツを使っています。908S-4でも不足はないといえばないんですが、風や使うフライの大きさを考慮すると、910S-4の方が快適に釣りができます。当然ながら夏はシイラ、カツオにも使えると思いますし、908S-4と同様に、使い倒しまくって、あっという間にグリップが汚くなってしまいそうです。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-04-08 18:01 | 道具のこと | Comments(4)
Commented by rtodo at 2006-04-10 08:57 x
僕も一昨年ボーンフィッシュにHE 908S-4を使ったんですが、確かに良い竿でした。感覚的には先っぽ辺りの追従性がS3sにちょっと似てるかな?と言った感じで、硬過ぎずリフティングパワーも充分あるロッドで使いやすかったです。金策で売ってしまいましたが、今使っているS3sより圧倒的にカッチョイイので売らなければ良かった~。その後Xi2使ったり一世代前のRPLXi使ったりしたんですが、食わすまではいいけどかなり弾きました。今のところS3s908/4とHP888/3に不満はないです。10番はXi2使ってますが、シーバスには実戦投入してないので不明です。クリスマス島でGT釣った時には以前より若干ティップがマイルドになったみたいに感じました。それより問題なのが、私のメイン(というかそれしか巻けない)フライのキャプテンゾンカー、TMC9394で巻くと論理的にはいかなるグラファイトロッドよりバレにくい筈のレナード・デュラケーンでも弾きまくりバレまくるんですよ。長くてワイドゲイプのTMC8089Nを買ってきたので、これで1バイト1フィッシュだ!やったねパパ、明日はホームランだ!というのを目指して今週も出撃します。実家への引越しは金曜日なんですが、満月大潮の木曜辺りにチョイと、、、。
Commented by saltwater-ff at 2006-04-11 14:35
rtodoさん>こんにちわ。
いろいろロッドを使われてるrtodoさんならではの感想ですね~。他の魚については不明ですが、シーバスに関していえば、ティップがバイトに追従しやすいかどうかというのは、かなり大きな要素になるんじゃないかと思っています。
あ、8089Nだと曲がるんじゃないですかねー。私は曲がりました(笑)。
Commented by rtodo at 2006-04-14 04:24 x
> あ、8089Nだと曲がるんじゃないですかねー。

曲がるほどデカいの釣れませんでした~っ!昨晩はボイルもなく渋い出船でしたが、H船長のお陰で何とか片手よりちょっと多目に釣らせて頂けましたが、バンブーロッドでデカいのを釣るためには僕の場合やはりキャスティングが一番の課題だというのを再認識した釣行でした。本腰を入れてキャス練します~。

昔から「掛けるまでのSage、掛けてからのORVIS」ってよく言われましたが、リトリーブの釣りの場合、ティップの追従性って海でも淡水でもどんな魚でも大切だと思います。HelixとかHeli-PlyとかS3sとかはその辺りよく出来てるよなーと感じています。
Commented by saltwater-ff at 2006-04-14 22:05
rtodoさん>なるほどなるほど。
でも、海はいつどんな大物が掛かるかわからないので、せめてそれなりの準備はしておかないといけないなー、と私は思っています。ラインを全部出されてしまったり、ロッドをへし折られた仲間や友人を何人も見て来てるので。
キャスティングに関しては、一度スクールに通ってきっちり見直してみるってのもいいんじゃないですかね。他のフィールドはさておき、海の場合、特にrtodoさんが目標に掲げている“バンブーでターポン”を本気で達成するのであれば、肉体改造も必要でしょう。100lbを悠に超える、2mオーバーのお魚ですからね、相手は本気ですよ。本気には本気で応えないとね。
<< 河口<漁港<観光 な日曜日 みんなのEPストリーマー >>