"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
『横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント』第5戦 参戦レポート
 3月26日(日)に開催された『横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント』(以下YFT)第5戦(2006年シリーズ第1戦)に参加してきました。今回はそのレポートです。昨年から数えて5回目の参戦となりましたが、今回は出場ボート4艇、参加選手9人と少しではありますが、拡大傾向となりました。海のフライフィッシングはまだまだマイノリティな釣りですが、フライフィッシングへの理解があるボートキャプテンと、海のフライフィッシングのおもしろさにハマリこんだ(笑)アングラーが増えてくれるのは、同好の1人として大変嬉しく思います。
 さて、今回も第1回からのボートメイトであるUさんとシークロ号にお願いして私も出場しました。今回はプラ(前日の下見)を行う時間的余裕がなく、ぶっつけ本番となりましたが、ほぼ連日出船しているシークロOキャプテンによると、根岸湾にはシーバスが確実入っていてデイゲームでも問題なく釣れる。それに加えて横須賀某所で60オーバーの群れが入っているポイントがある……とのことで、我々のプランはスタート直後に根岸湾でとりあえずシーバスをC&Rし、残り時間でサイズアップを狙って横須賀方面へ……という感じで、いざ出撃!!
b0000168_17404280.jpg
(アルテミス号は、TBSFRTへも参戦されているシーバスフライフィッシングのベテラン3名でエントリーされていました)
b0000168_1743219.jpg
(ベイハムスター号からは、S.W.F.F.超ベテランのKさんIさんの世界を釣っちゃうコンビ。Kさんはフローティングライン+ポッパーオンリーで競技された“漢”です)
 午前7時にベイブリッジ下の大黒埠頭側のスタート地点に着くと、ほどなくしてベイハムスター号アルテミス号が到着。朝の挨拶を交わしつつ、ベイファイター号の到着を待ちます。ここでちょっとしたアクシデントが発生し、急遽スタート地点を横浜港奥に移動することになりましたが、4艇そろって7時20分に無事大会スタート! アルテミス号、ベイハムスター号は京浜運河方面へ、ベイファイター号と我々のシークロ号は根岸湾へそれぞれ朝の光を受けながら疾走したのでした。
b0000168_1751462.jpg
(ベイファイター号からはデイゲームの猛者Kさん、Yさんがエントリー。Kキャプテンはなぜか洋上で給油中ですが、実は陽動作戦だったのかも(笑))
 根岸湾に入ると先行していたベイファイター号が、バースの脇で競技を開始しています。我々はその先にある別のバースへ入ることに。ベイトは見えませんが、潮色はいい感じ。まずはボートメイトのUさんにバウデッキを譲り、私は後部席からキャストを開始します。フライはこのところすっかり夢中になっている大きいフローティングミノーです。準備キャストでラインを15、16mほど出してバースから2、3mほど手前にフライを落とし、さらにラインを引き出して、さぁ本気の第1投~!と思いラインを手繰ると、なんとそのフライにガン!というアタリとともに水中で銀色の影がギラリ! くぁーっ!! 第1投から痛恨のアワせミス。ストラクチャーから2、3mほど離れていたので、まさか出るとは思わなかったんですが……“ポイントに着いて最初のキャストほど重要なものはない”という金言をすっかり忘れていました。結局このポイントではその1バイトのみ。次のポイントへ移動するとUさんにファーストフィッシュがかかりました! 難なくキャッチすると44.5cmのシーバス君。大きくはないですが、腹パンパンのナイスコンディション。私も続けとばかりに同じポイントをフローティングミノーでトレースしていると、ガツッ!とまたバイトが!! しかーし、またしてもうまくアワせられず、悔しくて悶絶する結果に(笑)。
b0000168_1757872.jpg その直後にまたしてもUさんにヒット! 今度はロッドの曲がり具合がいい感じ。上がってきたのは叉長51.5cm(全長53cm)のシーバス君。う~ん、やっぱりEPストリーマーは釣れるなぁ……と思いつつ、私も鬼引きを繰り返し、すっかり汗だくに。この日は午前9時すぎに干潮の潮止まりが来るので、ぜひそれまでに1匹釣っておきたい……。その願いが通じたのか、3度目の正直でフッキング成功!! 無事にランディングできたのは45cmのシーバス君。私のなかでは、フローティングミノーは釣れるフライとして、もはや完全に1軍入りしちゃいました(右の画像はUさんが釣った53cm)。
 このポイントではUさんが55cmくらいのボラをスレでかけますが、シーバスが続かなくなったこともあって、次のポイントへ移動することに。実はこの移動したポイントがすごかった。ポイント自体は小さなバース横のカケアガリなんですが、ボトムから水面下2mラインにまでベイトフィッシュが大量にいて、そのベイトにシーバスの群れが付いているパターン。魚探を見ていたUさんは、すかさずベイトフィッシュのいるレンジまでラインをカウントダウンし、群れの中へEPストリーマーを通すことで1キャスト1ヒット状態に!! 私は最初バースのシェイドを狙っていましたがノーバイト。途中からUさんの真似をしてみますが、同じようにやっても魚が食いつくのはUさんのフライばかり。違いといえばUさんはSTヘッド、私はフルラインくらいの差。結局Uさんはここで5連続キャッチ。見事に腕の差を見せつけられてしまいました。う~ん、悔しいけど勉強になりました!!
 ちなみにここでUさんが釣ったのは、いずれも40cm前半のシーバス君ばかりで、YFTは複数匹の合計叉長ではなく1匹の最大叉長で競うルールということもあり、ここで数を重ねても仕方ないという判断で、一発大物が期待できる横須賀方面へ移動することになりました。時間は午前9時過ぎ。南西風がやや強くなるなか、20分ほど走って横須賀の海へ到着しました。ポイントは2~3mのシャローエリアで、海藻やゴロタ石が点在しており、横浜エリアよりも自然が色濃く残っている天然の沿岸部という感じ。ちょうど風裏に当たるせいか水面も穏やかで、まるで芦ノ湖で釣りをしているような錯覚に陥ります(笑)。ここでの約2時間、Uさんと私はキャストを繰り返し、またOキャプテンもスペシャルな操船技術でポイントへアプローチしてくれますが、結果はノーヒット。ふと気が付くと額からにじんだ汗がキャップ全体を濡らすほどになってしまっていました。
 競技終了後はいつもの横浜タイクーンにて昼食会です。今回初参加の方もいらっしゃるので、選手、ボートキャプテンとも自己紹介を行った後、食事をとりながら楽しい懇親会となりました。互いの健闘を称えつつ親睦を深めていると、いよいよ結果発表の時間になりました。まず第3位は……。
b0000168_22371450.jpg
 シークロ号乗船のUさん(叉長51.5cm)。ヒットフライはEPストリーマー(チャートバック)。放水路の流れを攻めての結果でした。続いて第2位は……。
b0000168_17594161.jpg
 ベイハムスター号乗船のIさん(叉長60.5cm)。同船者のKさんのポッパーによるティーザー効果か!? 大型台船のシェイドで見事60cmオーバーをキャッチです。ヒットフライはこれまたEPストリーマー(チャートバック)。それでは気になる優勝は……。
b0000168_17595762.jpg
 ベイファイター号乗船のYさん(叉長61.0cm)。昨年の第4回大会で3位入賞、3度目の出場でついにビッグフィッシュをキャッチし、見事に優勝されました!! おめでとうございます。ヒットフライはまたしてもEPストリーマー(チャートバック)。同船されたKさんも3本キャッチされましたが、YさんはKさんよりも下のレンジを意識して釣っていたとのこと。どうもこの日の根岸湾では、ボトムレンジで食い気のあるいい魚が多かったようです。惜しくも入賞に至らなかったアルテミス号でも大型サイズの悔しいバラシがあり、かなり緊迫したゲームが展開されていたそうです。
 今回は60cmオーバーが2本飛び出し、しかも1位と2位の差はわずか0.5cm。もはや60cm以下では優勝が難しくなりつつあることを考えると、わずか1年ではありますが、参加選手、各キャプテンの日ごろの努力の積み重ねによって、確実に大会内容がレベルアップしていることがわかります。また個人的にも技術、精神ともに未熟さをあらためて知ることができ、両手いっぱいに課題をもらった価値ある一日を過ごすことができました。参加選手の皆様、各キャプテン、協賛各位の皆様、ありがとうございました&お疲れさまでした。ちなみに今大会のシーバスC&R総匹数は15匹。リザルトは45.5、51.5、42.0、42.0、40,5、43.0、42.0、45.5、61.0、53.0、46.0、45.0、43.0、60.5、45.5(cm)で、平均叉長47.6cmでした(YFT実行委員会発表公式データより)。

 次回のYFT第6戦開催は5月28日(日)。シーバスのフライフィッシングに熱くなっているフライマンの皆さん、次に優勝トロフィーを抱くのはアナタかもしれませんよ!!


※このエントリーで200件突破! 今後もよろしくお願い致します!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-03-27 18:14 | 戦いの記録 | Comments(6)
Commented by O田氏 at 2006-03-28 00:07 x
参戦お疲れ様でした。 4月のTBSFT楽しみにしてます。 お互い、しっかりプラしましょう!
Commented by saltwater-ff at 2006-03-28 17:36
O田さん>どうもです。
YFTは第1戦は無事終了しました。次回は村雨橋ジムからどなたか参戦予定ありますかー?
TBSFT、よろしくお願いします。及ばずながら善戦させていただこうと思っています。
Commented by O田氏 at 2006-03-28 19:06 x
次回もI氏に参戦してもらって、タイトル奪回して頂かないと。 TBSFTでミノー炸裂楽しみにしております。 大会でキーパー3匹揃えるのは大変ですね。 私も頑張らせて頂きます。
Commented by saltwater-ff at 2006-03-30 13:52
O田さん>1位との差は0.5cmですからねー。さぞ悔しかったことと思います。私なら地団太踏んでたかもしれません。でもIさんはそんな気配をおくびにも出さず、真のジェントルマンでしたよ。
キーパー×3でトータル170~180cm超えないと、TBSFTで入賞は難しそうですよね。せいぜい皆さんのご迷惑にならないよう頑張りたいと思います。ミノーにこだわりすぎるとたぶんダメっぽいなぁー(笑)。
Commented by O田氏 at 2006-03-31 13:19 x
まいどです。 キーパー@3で180オーバーは秋の大会の話ですね。 昨年の春は、キーパー3匹揃えたのはお一人です。 2年前の春の大会は150cm台で優勝だったと思います。 フライで60オーバー3匹揃えるのは至難の業でございます。 
Commented by saltwater-ff at 2006-03-31 15:36
O田さん>まいどっす。
いやー、春でも60×3本くらい釣っちゃう勢いのある方ばかりですから、気が抜けませんよー。怖い怖い。
まずはリミットメイクを目標にして臨もうと思っています。でも羽田近辺は知らないポイントばかりで……。
<< ロスのペスカドール6 便利なフライと便利なカバン >>