"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
ポジショニングのこととか
 よいしょっと。3月ももう後半ですね~。春シーズンもいよいよこれから最盛期を迎えるわけですが、皆さんはいい釣りされてますでしょうか? 年度末でそれどころじゃない? お花見や家族サービスで予定はいっぱい? まぁそういう方もいらっしゃると思います。そんな時間がないなかで、なんとか釣りに行くことができた場合、それこそ何か結果を得たいと思うのが人情というもの。というわけで今回は、シーバスのポジションとそれに対するオーソドックスな狙い方を書いてみたいと思います。例によって稚拙な絵でお恥ずかしいですし「こんなの当たり前じゃねーの」、「大きなお世話だよ!」とおっしゃる方々も多いと存じますが、勝手に書いてることなので気にしないでください。そして毎度書きますが、これこそが正解というつもりもありません。海は知れば知るほど謎だらけで魅力的ですし、これらはあくまで私個人の主観ですので念のため。
b0000168_17413612.jpg
 まず基本的なことから書きますが、シーバスも渓流魚と同じく、流れに対して上流に頭を向けるという性質があります。これ、基本中の基本ですが、意外と知らない人も多いので要注意です。でもって、流れがあるとシーバスは大小を問わず、だいたい同じ方向を向いて泳いでいます。つまり潮が動いている状態というのは、シーバスが同じ方向を向いているという状態でもあるのです。潮止まりの時間帯については後述しますが、よくいわれる“潮が動いていると釣れる”というのは“潮が止まっているよりも釣りやすい状況”ぐらいに私は思っています。ちなみにこれは基本的に昼も夜も共通していることだと思います(ベイトの群れに着いてボイルしているような場合を除く)。
 さて、じゃ説明の続きを。障害物に流れが当たっている場合、その後ろに必ず流れの弱い部分が発生します。これは渓流でも本流でも海でも同じです。この部分のことをヨレと呼び、シーバスはヨレのなかにいるのが大好きなようです。その理由は推測でしかありませんが、流れが弱いので定位しやすく、また物陰に隠れているのでベイトを襲うのにも好都合だからなのかもしれません。もしかすると高水温期には溶存酸素量が多くなったりするのかもしれません。とにかくシーバスはこのポジションが大好きなのは間違いありません。そして、高活性なシーバスは障害物の前に出て、盛んに捕食行動を繰り返します。こういうシーバスはかなり釣りやすいのですが、残念ながらそう頻繁に出くわすことはありません。大抵はヨレのなかに定位して、ベイトフィッシュが通りかかるのを待っているケースが多いと思います。潮止まりの時間帯というのは、流れが止まる(もしくはものすごく緩くなる)ので、シーバスの向きが一定になりません。それゆえに釣りにくい状況になるのかもしれません。活性が下がるかどうかは不明ですが、以前セイゴを飼育していた経験から書くと、潮止まりの時間だろうが何だろうが、餌を与えると食べました(笑)。まぁこの話は別の機会にでも書きたいと思います。
 それからあくまで参考程度に留めていただきたいのですが、こういった障害物周辺でボイルが見えた場合、ボイルの位置でシーバスのポジションがわかることがあります。ヨレのずっと延長線上だったり、障害物の際ギリギリだったり、状況によってそれは様々ですが、ベイトの動き、流れ、ボイルの規模、角度、頻度などから推測することはできるはずです。そして、それが的中した場合、サイズに関係なく大きな達成感が得られたりしちゃったりすると思います。
b0000168_17415831.jpg
 じゃ次ー。はい、橋脚とかバースとかによくあるケースですね。障害物の間隔にもよりますが、複数の障害物を面として捉え、その面をトレースする場合によくやる方法だったりします。ここでも重要なのは潮上(しおがみ)にキャストし、ドリフトさせながらフライを障害物ギリギリに通すということで、逆に潮の下流側を何度通してもなかなかヒットには至りません。魚が見ている方向にフライを通さないとダメ! ということを覚えておくといいんじゃないでしょうか。また、潮上からフライをドリフトさせる場合ですが、食わせる場所をイメージしておかないと、ドリフトさせずぎて引っ掛けてしまったり、ドリフト不足でシーバスにアピールできなかったり、いわゆる攻めきることができなくなってしまいます。夜であれば障害物から多少離れても食ってきますが、明暗の境界線という要素も絡んだりするので、一概に何ともいえません。ただコースを外れてしまうより、しっかりコースを通したほうが確実に釣れるのは間違いないと思います。一方、日中は障害物スレスレを通すのが最低条件になることが多いので、これまたコースを外さないように心がけるとよい結果になるんじゃないでしょうか。
b0000168_17421811.jpg
 んじゃ、その次。ヨレに着いているシーバスを確実に獲りたい! そう思っても岸からアプローチする場合、足場の問題やキャスティングスペースの問題から、思うようにポイントを攻められないのが現実です。私の暮らす東京や近郊エリアでは、コンクリートで護岸されたところが圧倒的に多く、フェンスや鉄柵、壁、街路樹、係留船、常夜灯、通行車両等によって、キャストに制限を受けることがほとんどです。しかし、魚の着き場へフライを通したい。じゃ、どうやるか?というと、潮に乗せて送り込んじゃえばいいわけです。ウエットフライでスイングさせるようなイメージを描いてもらうと分かりやすいでしょうか。最初のうちはフローティングライン、インターミディエイトラインが扱いやすいと思いますが、慣れちゃえばタイプ4とかでも平気でしょう(潮流が速いと重いラインが有利になることが多いです)。私はSTヘッドよりもフルラインのほうが好みなのでフルラインを使っていますが、STヘッドでもたぶん問題ないと思います。
 ラインを送り込む際のコツはスラックを入れて、潮流に乗せながらヨレのなか(もしくは可能な限りヨレに近い場所)を通過できる場所まで流します。でもって、流しきったらそのままヨレのなかを通過するようにリトリーブ開始。だいたいヨレに入ってから、障害物の側面を通過するまでの間にバイトが集中します。うまくヨレのなかを通過できなかった場合は何度もリトライすることをオススメします。というのは、この手のポイントには高確率で魚が着いているからです。たとえばルアーマンが先に入っていたとしても、釣れるコースを通せていなければまったく気にすることはないですし。30分も経てばポイントの状況は変わってますからね。
 余談ですが、ボートの場合はアングラーのポジショニングの自由度が高いので、一番通したいコースだけを確実に通していくことをオススメします。シーバスというのはおもしろい魚で、その時のヒットパターンが確定してしまえば、あとは同じことの繰り返しでバタバタと釣れ続くことが多く、得てしてそういう時はサイズも良いことが多いように感じます。ゆえに無駄なコースをなるべく通さないで、一番おいしいコースだけを通すことで、ナイスサイズ連発! なんてことが可能になるわけです。
b0000168_17424513.jpg
 んー、最後はオマケです。岸釣りでシーバスやメバルを狙っている際に、船の向こう側で起きる悔しいボイルに遭遇することがあります。船の明暗部に魚が隠れていて、明るい部分を通るベイトフィッシュを捕食する……わけですが、船越しにキャストするわけにもいきません。というわけで条件次第ですが、私はこんな釣り方をしていたりします。あんまりオススメできないんですが(笑)。手順は船越しにキャストし、ループが開ききる前にロッドを倒して舳先の下へラインを通す。要はリーチキャストですね。これでフライを船の向こう側に通すことができるので、悔しいボイルの主に一泡ふかせることが可能です。ただし、くれぐれも漁船に引っ掛けないように!! 「引っ掛けちゃうかなー?」と思う人は投げちゃダメです。なぜなら引っ掛けるから(笑)。万が一、引っ掛けたらそのまま切ったりせず、ちゃんと外しましょう。無論、引っ掛けないためにもキャストの技を磨くことをお忘れなく……。岸釣りS.W.F.F.の場合、魚の着き場もそうですが、多くの制約を受けるフィールドをいかに技術でクリアするか、ということが課題になるので、技を研鑚しすぎてマイナスになることはないと思います。なんちゃって。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-03-23 17:56 | 魚のこと | Comments(10)
Commented by SALTSIZE at 2006-03-23 23:08 x
ナイトで”ヨレ”は、全く気にしていませんでした^^
SALTSIZEです。

反省中です(爆
今度からは、”流れのシェード”も意識して挑戦してみます。
ショアFFは、僕も激しく同感です。
勉強になりました、ありがとうございます。

っつーか、ニアミスじゃなく、そろそろ現場でバッタリお会いしたいのですが...爆。
Commented by rtodo at 2006-03-24 03:03 x
今回は凄く参考になりました。私の場合は釣れないとイヤなのでボートシーバスばかりで、キャプテンの指示通りにやってると釣れるんですが、「なぜキャプテンがその位置にボートを付けたのか」「なぜそのポイントをトレースするように指示したのか」、今思い返すと理由が分かります。明かりと暗がりの境目しか意識せずに釣っていたのですが、次回は潮の流れる方向とストラクチャーの関係も意識して、バンブーでフッコは卒業してスズキを釣りたいと思います。そんでもって調子に乗って陸っぱりでも初フライdeフッコもしくは初陸っぱりメバルを狙ってみようと思います。

是非現場で遭遇しましょう。いえ遭遇して下さい先生。
Commented by matt at 2006-03-24 11:45 x
大きな個体が障害物の前に付くのは、川も同じですね。特に水流があたる面がフラットだと、その確率がたかいようです。
しかし、絵がうまいねぇ。^^; 
Commented by saltwater-ff at 2006-03-24 12:19
SALTSIZEさん>こんにちわ。
「障害物」、「明暗(物陰)」、「流れ」が優良ポイントの3大要素だと私は思ってます。この3要素を基本にして、前によくやったんですが、自分なりに知ってるポイントをランク付けしちゃうと面白いですよ。「障害物A」、「明暗A」でも「流れD」だと総合的には「Cランク」ですが、小潮や長潮だと流れ自体弱いので、そういう日は「Bランク」とかね(笑)。
きっともっと難しい場所にも魚はいると思うのですが、残念ながらまだそこまで到達できていません。精進精進(笑)。あ、ベイトは不確定要素なので、いればボーナスポイントって感じで捉えてます。
現場でバッタリといわず、どっかで一度釣りしましょう~。
Commented by saltwater-ff at 2006-03-24 12:24
rtodoさん>こんにちわ。“今回は…”が少し引っ掛かります(笑)。
釣りは考えないでも楽しいですが、考えるともう少し楽しくなったりもするので、あれこれ考えてみてください。
それから先生はよしてください。先生なんて柄じゃないのでお願いします。
Commented by saltwater-ff at 2006-03-24 12:41
mattさん>毎度ですー。
さすがmattさん、おっしゃる通り結構川と同じことがありますよね~。でも渓流で出来てた人が、海だとなぜか出来なくなっちゃうから不思議です(笑)。
絵は幼稚園児の落書きみたいなものですが、お褒めの言葉ありがとうございます~!
Commented by rtodo at 2006-03-28 22:47 x
あはは、「いつもより多目に為になりましたー」という意味です。他の記事もちゃっかり参考にしております~。mattさんもご指摘の通り、今回は通い慣れた渓流との対比がとても分かりやすかったです。ポイントのランキングも面白いですが、僕の場合これはもっと経験値を高めないと見極められないですね。とりあえず次回は「障害物」「明暗」「流れ」と繰り返し唱えながら釣ってみる事にします。それから「先生」やめて今後は「老師」にします、意味は同じですがなんかかっちょいいから(笑)
Commented by saltwater-ff at 2006-03-30 14:02
rtodoさん>ま、あくまで想像(妄想?)の域を出てない話なので、盲信しすぎると大ハズレしちゃうかもしれませんよ。ご利用は計画的に(笑)です。
もう少し季節が進んで、初夏~夏になると「障害物」「流れ」「明暗」に加えて「水質」が大きく影響すると思っています。
日中は「明暗」は「物陰」に置き換わりますし、「水質」の見極めも重要になるように感じます。詳しくは割愛しますが、これらの条件が異なる場所へ移動するというのが、ポイント選定の指針になると思っています。

老子ですか……どっちかっつーと労死に近いんですが(笑えない)。もう、好きに呼んでください(笑)。
Commented by rtodo at 2006-03-31 09:22 x
行ってきましたー!が、ボイルの嵐で学習成果がすっかり頭から飛んでましたー!!!でも、何本かはイメージした通りのポイントから引き出せて満足です。上の図にあるような橋脚をトレースするようなシチュエーションがあって、そこで僕に決定的に欠けている物が分かりました。ズバリ「遠投能力」。インターのラインをスクリューで切ってしまって、今日初めてシンキングライン(SA STRIPER TAPER TYPE4)を使ったんですが、細くて重いから飛ぶ筈なんですが、実演指導してくれたOキャプテンと比べると半分ぐらいしか飛ばないデス。また一つ課題ができました。とりあえず飛ばせないと折角の手駒も効果的に使えませんもんね。次回実釣練習で少しでも延ばしたいと思います。
Commented by saltwater-ff at 2006-03-31 15:31
rtodoさん>お疲れ様でした。
イメージしたことを実際に体験できるってのは、かなり貴重なことなので、いい釣行だったと思いますよ。
遠投ってほどじゃないですが、15m(欲をいえば20m)をコンスタントに投げられるスキルは必要ですね。多少の風や波があっても、15mくらい投げられれば釣りになりますからね。
<< 便利なフライと便利なカバン PSEで衝動買い >>