"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
フローティングミノー量産化計画
 鉄は熱いうちに打て! ラーメンは伸びる前に食え! フライは覚えてるうちに巻け! というわけで、昨夜フローティングミノーをタイイングしました。デイゲームでテストしてみた結果を踏まえ、少しサイズダウン&リニューアルしてみました。でもって、羞恥心が欠落しているので巻き方(というより作り方)を公開してみようと思います。ちなみにこの手順は私の我流なので、岩井さんのスーパーミノーの作り方とは違う部分があってもノークレームでお願いします。なんちゃって。
b0000168_1545211.jpg
 まず手順1は、浮力体となる発泡素材選びから。私の場合、右の画像のようなものを使っています。よくスーパーとかで果物を包んでる、網状の発泡素材です。浮力の調整が容易なのと、網状になっているので空気が通るのがメリットだと思っています。

b0000168_15454494.jpg 次、手順2ではこれをカットします。ボディをテーパー状にするため、あらかじめ画像のようにカットしておくといいと思います。テーパー具合はカットで決まるので、こだわる方は色々試してみてください。

b0000168_1547353.jpg
 でもって手順3は、手巻き寿司の要領で巻きます。ほら、なんとなくそれっぽいボディが完成しましたよ。長さは12cmくらいです。以前より小さくした理由は次で触れます。ここまでで約5分くらいでしょうか? 巻いたボディは両面テープ等で接着しています。ボディに空気を通す仕様の場合、このまま油性かアルコール系のマーカーで着色し、マイラーチューブをかぶせる工程に進みますが、今回はベース(下地)ありバージョンを作ってみたので、1工程増えてます。

b0000168_15483517.jpg
 向きを左右逆にして、手順4。いや、左右逆にする意味はありません。気分でどうぞ。画像のベースはシルバーのテープを使用しました。100円ショップ等で売っている台所目地用アルミテープです。テープに糊がついているので接着が容易だし、ボディ形状をある程度成形できてしまうのが強みですね。ただし空気を包んでしまうため、浮力が大きくなります。そのうえ空気を通さなくなるので、キャスト時に回転しやすくなるかもしれません。ま、回転を危惧してサイズを15cmから12cmにダウンさせてみました。それにこれくらいなら#8ロッドでも投げられますし。ベースにはアルミテープ以外にフラッシャブーミラージュ・オパールシートやクリンクルオパールシート等を使っても面白いと思います。

b0000168_15493977.jpg ここでマイラーチューブの登場です。使っているのはアングラーズチョイス社のマイラーチューブで、ご覧のようにかなり径が大きいです。最近見かけないので、量産化にあたって材料不足が起こり始めています。もし見かけたら私が即買いしに行くので教えてください(笑)。

b0000168_15524764.jpg
 手順5で、それをボディに被せるとこんな感じです。ヘッドとテイルをスレッドで留めてボディの形状を安定させます。この時にヘッド部は仮留め程度で構いませんが、テイル部はしっかり留めておくことをオススメします。瞬間接着剤とかで固めちゃうのがいいんじゃないでしょうか。

b0000168_1559865.jpg
 ふう、ボディが完成したら次は手順6、フックの登場です。このフローティングミノーの場合、ボディのサイズやボリュームに合わせてフックサイズを決めるという、通常と逆の方法でフックを決めています(笑)。画像では#4/0と6/0(いずれもS10S-4H)を合わせてみて、最終的に#6/0を選択しました。ちなみにこれでも全然普通のフックサイズだと思っています。

b0000168_1615162.jpg
 手順7ですよ。すげー、もしかしたら一番長いエントリー記事かもしれませんね、これ。とかなんとか与太を飛ばしてる間にフックをボディに入れますよ。マイラーチューブの網目をニードルで少し開いてやって、そこにアイから通します。こうすることで意図した場所にフックをセットしやすくなります。アイを出す部分の網目も広げてやりましょう。

b0000168_1633529.jpg 手順8。そろそろ飽きてきましたか? もう少しだけお付き合いくださいな(笑)。こんな感じでアイをボディから出せば成功です。やり直しが利くので、フックの位置が気に入らない場合は慎重に再セットしてください。まぁ、3本も作ればよさげな位置が決まってくると思います。

b0000168_1652937.jpg
 やー、手順9にして初めてバイスの登場です(笑)。フックをセットし終えたらバイスに固定して、アイとボディのヘッド部を巻き留めます。しっかり固定できたら、仮留めしていたスレッドを切って余分なマイラーチューブを除去します。これでほぼ完成。あとはスレッドを瞬間接着剤で固めた後、着色するなりシールアイを貼り付けるなり、お好きなようにどうぞ。私の場合、ボディとフックをスーパーX2で固定し、その後にヘッド部分をソフテックスで3回ほどコーティングしています。ま、コーティング関係の作業は時間がかかるので、ある程度の本数をここまで作っておいてから、一度にコーティングするのが効率的かなーと思っています。

 ふぅ、一気に書き上げちゃいましたが、こんな感じで量産化を開始しました。参考になるかどうかわかりませんが、皆さんもよろしければぜひ!
[PR]

by saltwater-ff | 2006-03-17 16:16 | フライのこと | Comments(2)
Commented by MANI-HANA at 2006-03-19 00:04 x
こんばんは コレ戴きます(笑 
インレットでプカプカワカサギを”がぼがぼ”喰っている、河イルカ用に巻いてみます。
これにグヮボーン!とでたら、チビりますねきっと..ははは..。
Commented by saltwater-ff at 2006-03-20 12:30
MANI-HANAさん>オークションに出ていた例のペインは、もしや著名なYさんの所有物ですか?
ワカサギをがぼがぼ食ってる河イルカには、きっと小型版が効くと思います。ペラペラの薄いボディにして浮かべる……まんまフローティングワカサギですね。
<< ちょっと運河を偵察に 今年初のデイゲーム >>