"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
私的S.W.F.F.迷宮 ヒラメ編(その3)
 ちょっと間が空いてしまいましたが、私的ヒラメの迷宮、その3です。
 ヒラメをフライフィッシングで狙う場合、いろんなフィールドから狙うことができますが、私の場合はサーフで釣りをするのが好きということもあり、天候条件が許せばサーフを選択することが多いです。また釣りが可能といっても、釣れるかどうかはまた別のお話なので、釣果を最優先する思考はここらへんで捨てておいてください。はっきりいって、風呂桶の湯を耳かきですくうが如き所業ですので(笑)。
 サーフとひとことでいっても、いくつかの種類があります。まず大別して遠浅か急深か。関東近郊でいうと大磯や湘南は急深サーフ。駿河湾に面したサーフも急深です。一方、外房や鹿島灘は遠浅サーフです。一体、急深と遠浅はどこで見分けているのかというと、いちばん簡単なのは地図を開いて、等高線を見ます。遠浅サーフの多くは平野部から続いているので遠浅になりますし、急深サーフは山が近くにあったり、水深のある湾に面しているので簡単にわかると思います。最初に書いてしまいますが、まずこういった地形を読むことがサーフの釣りを成功させるかどうかに大きく関わってくると私は思っています。
 次にサーフの性質についてですが、前の記事でも書いたとおり基本的にヒラメは外洋向きに多く生息する魚です。稚魚クラスは湾内にもいますが、狙っているのは稚魚ではありません。よって、出かけるとすれば潮通しがいい外洋向きのサーフになります。それから、地域によってサーフの砂質が変わりますよね。細かい砂粒のサーフから、うずらの卵くらいある玉石のサーフもあります。それらすべてのサーフを釣り歩いているわけではないので、推測でしかないですが、ヒラメにとって底の砂質はさほど問題ではないように思います。それよりもサーフの地形(=流れ)やベイトフィッシュの有無といった不確定要素の影響が大きいような気がしています。
 さてと「じゃ実際オメーはどうやってんだよ!」という声が聞こえてきそうなので、少しずつ書いていこうと思いますが、まず私が狙っているのはサーフの波打ち際です。
b0000168_1813036.jpg
 上の図のように打ち寄せる波が砕ける場所というのは、寄せる波、返す波の影響で小さく段差がついているようになっています。この段差が、いわばアングラーからもっとも近いブレイクラインとも考えられるのですが、実際ベイトフィッシュを追い込んで捕食しているヒラメは、この小さな段差沿いを移動しながら捕食しているケースが多いです。「こんな足元にヒラメがいるなんて、そんなバカな」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、私はこれも事実のひとつだと思っているので、不用意に立ち込む前に波打ち際を軽く探るようにしています。余談ですが、波打ち際でヒラメを踏んだ経験がある釣り人やサーファーは少なくありません。
 実際この波打ち際をどう探っていくかというと……インタミラインを斜めにキャストして探るわけですが、波打ち際というだけあって、フライラインが寄せ波引き波でしっちゃかめっちゃかになることもしばしばです。せっかくキャストしたラインがあっという間に戻されることだってあります。慣れないうちはきっと波の力に辟易すると思いますが、要するに波は寄せては返すリズムがあるわけですから、キャストもそのリズムに合わせてやればいいわけです。あとはラインスラックを極力作らないよう心がけること。引き波時に着水するようにすれば、ラインは自ずと沖へ引っ張られるのでスラックが入りにくくなります。正確に書くと引き始めと同時くらいに着水するのがベスト……といっていいでしょうか。逆に寄せ波時にキャストしてしまうと、着水直後にラインがドパーンと戻されちゃうのでやり直しになります。波のリズムはサーフの規模や地形、波高、潮位、風、水温といった要素によって常に変化するので、目の前の波に合わせることが何よりも大事なことだと思います。
 あ、どうしてインタミラインを使うのかというと、ヒラメは中層にジャンプするようにして捕食することができるので、できれば中層をリトリーブして釣りたいから……というのが、私がインタミラインを使う理由です。私の場合、サーフのヒラメ狙いでタイプ4~それ以上の重いラインを使うことはあまりありません。ベタ底を狙う必要性があまりないように感じているからです。ただし、マゴチ狙いや漁港内のヒラメを狙う場合は、ヘビーウエイトラインを使うことが多いです。あまり釣れないのですが……(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-01-24 18:15 | 魚のこと | Comments(14)
Commented by SALTSIZE at 2006-01-24 20:49 x
待ってました、ラヴィリンス!^^
SALTSIZEです。

”波打ち際”だけをシバクなら、漁港装備でもできそうですね。
今度、アジングの時にでも試してみます。

やっと携帯にもWindowsが載ったので、ソナーが搭載されるのも、すぐでしょうね(笑
携帯ソナーがあれば、鬼に金棒ですな(ガハハ
Commented by surfman365 at 2006-01-24 23:57
僕の地元も遠浅のサーフでして、ヒラメを良く釣ったのは河口絡みのサーフが多かったです。また河川内にも結構入ってきますね。

ラインは僕もメインはインタミで、反応がイマイチのときはちょっと沈めてタイプ3。数は沈めた方が有利な場合もありますが、高活性の大きいのはインタミで十分ですね。僕が最初に釣ったのはフローティングラインでゴロタ浜でした。

PS saltwater-ffさん、ひょっとして某ルアー誌に登場されてません?
Commented by カッパ at 2006-01-25 08:33 x
私が釣りに行く茨城は、ヒラメを放流しているのでかなり魚影は濃いようです。ヒラメ狙いのルアーマンは沢山いますがフライで狙うのは辛そうですね。この記事を読んで、今年は狙ってみようかなぁと思っています。
釣れなくても朝焼けの海岸は気持ち良いものですから。
Commented by matt at 2006-01-25 17:19 x
若狭あたりでは海が荒れたあとの内湾とかがいいみたいです。
ま、放流はしっかりされてるから何らかの要因で集まってくるのを読んで待つといったところでしょうか。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-25 20:17
SIZEさん>まー、そう簡単に釣れる相手ではないですが、投げてみないとわからないので、危なくない範囲でチャレンジしてみてください!ちなみにアジ地域よりもやや南へ暴走したほうが熱いです。トドメは平砂浦でどうぞ。
ソナー導入は夢(妄想)もなくなりソーナ……。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-25 20:23
surfman365さん>どうもです!
おっしゃる通り、河口がらみもよく聞きますね~。汽水にもかなり強いみたいですし、地域によってはシーバスと両方狙えるポイントも多そうです。
私はフライやルアーで釣れるヒラメは、めちゃ高活性だと思うんです。だからそういうのを拾い釣りしていくのがいいのかなー、と思って今はやってます。
きっと食い気のないヒラメは想像以上にたくさんサーフに隠れてくれてるはず…?

追伸:たぶん、それアタリです(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-25 20:29
カッパさん>お久しぶりです~。
茨城のヒラメ放流はハンパないですね。盛期には様々な釣法でヒラメを狙う人が訪れますし、実は私も行ってます(笑)。
鹿島周辺なら、まずヘッドランド周りの釣りから始められるのがお薦めです。ワンド状になっているので攻め所が限定しやすいですし、ヘッドランドごとに地形をチェックしておけば、かなり確率が上がると思いますよ!
たとえロッドが曲がらなくても、朝焼けの空、太陽が昇る水平線を見に行くのが私も大好きです(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-25 20:33
mattさん>毎度です!
近畿圏の日本海側は若狭や円山川~香住あたりが有名ですねー。
でも紀伊半島にこそドデカイのが潜んでると思いますですよ!ヒラスズキがいる磯場~サーフには、ヒラメもかなりの数がいるんじゃないかなぁ……。きっと、ヒラつながりで居ますよ。あとヒラマサも(笑)。
あと、関空近辺の沖釣りでもヒラメ釣れてるみたいですね。
Commented by abelkun at 2006-01-26 20:29
こんちわ。
先日、三浦半島か大磯かどちらかで10kgのヒラメが釣れたらしいですね。いるとこにはいるんですなぁ・・・
Commented by plane at 2006-01-27 13:10 x
はじめまして。
他の趣味熱が高くなってしまい最近は春先くらいしか釣りをしませんが、貴殿のブログは楽しく拝見させていただいています。
私も以前にヒラメやコチをサーフからフライで狙っていました。
システムはタイプ6のSTを使い、フローティングタイプのフライ(マイラーチューブの中に浮力材を仕込んだミノータイプ)を使用します。遠投して、あとはズル引きです。ラインテンションを保ってリトリーブスピードは時々で調整します。当たりは結構ガツンときます。

何年か前に湖の釣りを賑わせた、BLとやらに似ていますが通常のリトリーブの釣りでまったく反応が無いとき、以外と効果があったりします。

釣りかたに賛否あると思いますが、一度試してみてください。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-27 13:33
abelkunさん>こんにちわー。
それって大磯ですね。14日(だったっけ)に8lbラインで釣られてます。湘南の名店、RISEさんのHPに載ってたはずです。しかし、100.5cmですぜ!ビックリ!
Commented by saltwater-ff at 2006-01-27 13:38
planeさん>はじめまして!
おぉ、こちらにも先駆者がいらっしゃいましたか! 底ズルでフライを中層で漂わせるのは、かなり効果ありそうですね。しかもSTヘッドなら、払い出しの流れにのせて沖へ送り込めそうですねー。さっそく次回試してみます。コメントありがとうございました!
Commented by surfman365 at 2006-01-28 00:53 x
カレントに乗せて沖へ...って掟破りのテクニック?ですね。僕もやってみました。(笑)
カレントの先150m前後で激しくボイルする大型メッキやダツをどうにかして釣れないかと試してみました。220mほどのバッキングラインを全て送り出してかなり大きくロッドをあおってリトリーブしたりドリフトしたりしてたら、5発デカイのが乗りましたが、全部途中でバレました。どうしても一直線にならず流れの中でたなびきながら漂うラインの先にあるフライにはいくら激しく追い合わせを入れてもフックを貫通させるだけの力が加わらないって感じでした。アホやな~なんて思いながらやってみたけど、魚のストライクがあったときには嬉しかったです。(笑)
ちなみにフルラインの方が送り込みやすいかな。凧をあげるみたいに、流れをうまく掴ませやすかったです。

PS フローティングミノーのボトムずる引き。。。釣れますよねッ。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-30 12:07
surfman365さん>どもです。
カレントに乗せて200m以上もライン出したんですか!!スゲー!
エサならそのまま魚に飲ませることができるけれど、疑似餌の場合はすぐに吐き出しちゃうから、アワセないといけないし。でもおっしゃる通り、それだけラインが出てると追いアワセもあまり効果なさそうだし……。いっそのこと15ftくらいのダブハンとか使って、思いっきりアワせるとどうですかねー?もちろん待ち時間は竿かけに置いて(笑)。興味深い体験談ありがとうございました!
<< バチ抜け開幕直前!(たぶん) 2006 TSC第1戦 観戦レポート >>