"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
私的メバテックについて
 ヒラメ・ラビリンスの話はさておき(笑)。旬な釣りモノ、メバル君について少し書いちゃいますよ。メバル釣りというと、お手軽&お気楽なイメージが強いかもしれませんね。でもメバルを釣ったことがない方にとっては、何をどうしたらいいのか、わからないことだらけだと思います。
 まぁ、その“わからないことだらけ”の状態が一番楽しい~と、私なんかは思っちゃうわけですが、もう少し何かとっかかりが欲しいという方もいらっしゃると思いますので、今回は私のつたない対メバル・テクニック、略してメバテックを少し書いてみます。あ、「ッ」を入れてるのは、なんとなく気分的にそうしたいだけです。毎度稚拙なイラストで申し訳ありません(笑)。じゃ、その1。
b0000168_20445253.jpg
 私があらためて書くまでもなく、ご存知の方も多いと思いますが、メバルは上下の動きに大変よく反応します。明るい常夜灯のある堤防で、明かりの届く範囲をバーチカルにチョイチョイ動かしていると、突然ギラリッ!とヒラを打つようにメバルが反転してフッキングしてくれます。そのギラリッ!はまるで渓流のヤマメが水面直下を流れるユスリカピューパを捕食するかのようにも見え、かなり興奮します。
 このバーチカルな動きはウブな豆メバルや、プレッシャーの低いポイントではかなり効果が高く、チョイチョイ動かすだけで平気で10匹とか釣れちゃうこともあります。ただ、刺激が強すぎるせいか、スレやすい面もあるので、反応が悪くなったと思ったらフライのサイズやカラーを変えると、再びアタリだします。最終的にはポイントを休ませることで、ほぼエンドレスに釣れるシンプルかつストロングなテクニックです。
 使うフライは上下の動きを演出しやすいものが適しているので、ダンベルアイやビーズヘッドなどをマテリアルに使うといいでしょう。バイトがあるのは、たいてい上げ下げの“下げ”の時です。テンションをかけずにフリーで落としてもいいですし、テンションを保ってカーブフォールさせても、どちらでもいいです。日によって偏りがあることもあります。そのあたりもおもしろいですねー。じゃ、続いてその2。
b0000168_2112388.jpg
 次はもう少し踏み込んだメバリスト?メバリアン?な方へおすすめ(?)のテクです。
 私の場合、凪いでいればフローティングラインかインタミを使って、レンジキープを意識した横の釣りを行うのですが、その場合に有効なのがこの海藻引っ掛けメソッドです(笑)。水深が2~3m程度であればフローティング、それ以上ならインタミラインを使うのですが、基本的には軽いウエイトのフライで海藻の際を狙います。まぁ、あくまでイメージを頭の中に描く釣りですが、海藻の上に軽くフライを引っ掛けて、ユラユラ揺れる海藻の動きに合わせてフライを外し、そのままカーブフォールさせます。どういうわけか、この“外れてカーブフォール”する動きにメバルはたまらずバイトしてしまうらしく、このメソッドでは25cm前後の良型を何匹も釣っています。
 フライはキールタイプよりもノーマル(下向きフック)のほうが、海藻に引っ掛かりやすいので、このメソッドの場合はノーマルタイプのフライを使っています。確かに根がかりもありますが、それもボトムからの貴重な情報ですからね。

『ヒラメの迷宮』については書きたいことがありすぎて、現在まとめるのに困っています。しばしお待ちを~(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2006-01-11 21:04 | ざっくばらんに | Comments(4)
Commented by umiosaru at 2006-01-11 22:32
フォール中のバイトがおいらにはハッキリとわかりません・・・
ルアーの場合と違ってフライラインの重さがおいらを惑わせます。
それだけが原因じゃないと思いますが・・・
「ぷるん」ですね「ぷるん」 次回さっそく挑戦してみます!
Commented by SALTSIZE at 2006-01-11 22:53 x
絵が良い、絵が^^
SALTSIZEです。

とっても分かりやすいので、助かります^^
プルンって、効果ありなんですね~、知らなかったです。
タナギングのように、リフトアップの時のバイトは経験あるのですが、
フライでのフォールのアタリを取るのは不可能かと思ってました。
ちょっと意識して、アタリが取れるように練習してみます。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-12 19:45
umiosaruさん>少し風邪気味で、レス返しが遅くなってすいません。
フォール中のバイト、たしかにわかりにくいですね。でも、なんとなくアタってるような気がすることってありませんか?第六感ってほどじゃないですが、釣りする人の多くはこういう体験してると思うんですよ。たぶん、私の場合もその部類です。
まずは堤防の足元や5mくらいの距離で、サイトも可能な状況で練習してみるといいと思います。「ぷるん」については妄想かもしれませんので、結果がでなくても一切責任持てません(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-12 19:51
SIZEさん>幼稚な絵でお恥ずかしい~!でも、ありがとうございます。
フライやる人は写真や絵に造詣が深い人が多いので、私なんかの落書きは本当に恥ずかしいんですが……わかりやすいといっていただけたので、恥のかきがいもあるってもんです。
フォールのアタリは不可能じゃないと思いますよ。足元のサイトでまず練習。あとはその応用です。無論100%にはほど遠いですが、テンションを保っていれば、フォール時の違和感は感じられます。
あ、タナギングはよくわからないのですが、フライを頻繁に上下動させてるので、上げた瞬間にかかってることも多いですね。
<< 夜明け前の攻防 ミウラハントーでメバルハント >>