"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
私的S.W.F.F.迷宮 ヒラメ編(その2)
 はい。迷宮も序の口なのでサクサク更新しちゃいますよ。
 ヒラメに限らず、サーフでフライロッドを振る場合、迷うのがタックル類をどうするかという問題です。先に書いてしまいますが、私が使用しているのは主に9フィート前後、#10~12のシングルハンドロッドです。ダブルハンドロッドは手前の波をかわせて優位な面もあるのですが、平均的飛距離があまり変わらないと思うのと、すぐ目の前でバイトしてくるケースが時々あるので、15フィート前後のロッドだと手前の魚を取り逃がしてしまいそうなので、私はほとんど使っていません。けれどダブルハンドロッドを使うアングラーの方もいらっしゃるので、優劣はさほどないようにも思います。ま、しいていえば個人の趣向でしょうか(笑)。
 フライラインは主にフルラインのインタミか、タイプ4~6を使っています。リールは海水用で、使いたいラインが収まるものであれば問題ないでしょう。余談ですが、サーフではリールが砂を噛んでしまうことも多いので、スプールの着脱が容易なモデルが好まれるようです。密封式ドラグのフライリールもいくつか出回っていますが、通常のフライリールでもグリスを多めに付けておけば砂の進入を食い止めることができます。ロッド、ライン、リールについてはこれぐらいですね。これらに関して特別なものはさほど必要ないと思います。大切なのはこの次です。
 サーフの場合、常に何かしらの風を受け続けることがほとんどなので、風に対する装備を最優先すべきだと思います。その最たるものがラインバスケットでしょう。はっきりいってこれがないと釣りになりません。市販品を買ってもいいですし、自作することも可能です。アングラーの体格や好みは人それぞれなので、これがベスト! というようなものはなかなか難しいです。私の場合も「まぁ満足できるかな?」というバスケットを自作しましたが、これが完全だとは思っていません。改良の余地はまだまだ残されていると思います。次にラインバスケットと同じく重要な装備はライフジャケットです。万一の場合、これがあるのとないのとでは生存率が大きく変わってきます。外洋に面したサーフに打ち寄せる波は、たとえ凪の予報でも波高1~2mを超えることが珍しくありません。まして離岸流と呼ばれる強いカレントに乗った場合、あっという間に沖へ流されてしまいます。これは家族や友人になるべく悲しい思いをさせないためにも、必ず着用すべき装備です。ちなみに自動膨張式のライフジャケットをサーフで使用するのはお勧めできません。自動膨張式の多くは、本体下部分から水が浸入すると作動する仕組みになっているので、サーフや河口のウェーディングで使用すると無意味に膨張する恐れがあります。ボンベを無駄にしないためにも発泡体のライフジャケットを着用しましょう(笑)。
 当然ですが、ウエーダーも必要です。渓流用にチェストハイのウエーダーを使っている方なら、それでまず問題ないでしょう。ブーツフットが何かと便利ですが、サーフを延々と歩く釣りでもあるので、ストッキング&シューズの歩きやすさも捨てがたいです。ただしグラベルガードを装着していても大量に入ってくるので、重く感じたら定期的に砂を出しましょう(笑)。ウエーダーと聞くと、ついウエーディングしてしまいがちですが、サーフの場合、立ち込まないことが多いです。入ってもせいぜいヒザまで。それ以上は波にさらわれちゃう危険性があることをお忘れなく。それに足元の波打ち際こそ高活性なヒラメが隠れている絶好のポイントでもあるのです。
 タックルの話が長いですが、最後にフライパターンについて少し。ヒラメに限った話ではありませんが、高活性な魚というのはあまりフライを選んだりしません。特にヒラメの悪食、貪欲、獰猛さは有名で、30cmしかないヒラメでも15cm近いサヨリやイワシを襲って食べることは日常茶飯事。よって使うフライに求められる要素は、サイズが小さすぎず、トラブルが少なく、安定して泳いでくれ、頑丈なことの4つが挙げられると私は思っています。じゃ、具体的にどんなのがいいんだよ? と思われる方もいらっしゃるでしょう。というわけで、実績があるヒラメフライを紹介したいと思います。
b0000168_2092151.jpg
上はデシーバー、下はジギ-。どちらもおなじみのフライですね。デシーバーは万能選手なので、ヒラメ狙いの際にヒラメ以外の魚を連れて来てくれることも多いです。サイズは小さいものを紹介していますが、12~13cmくらいまでを使います。ジギーはもっとも信頼しているヒラメ用フライで、ベンドバックスタイルで使っています。でも実際は波にもまれて回転しちゃってるでしょう。でも回転してもシルエットがあまり変わらないので、そこが強みなのかもしれませんね
b0000168_2093151.jpg
上はサーフキャンディー。下はスクーリーです。私はポポヴィー御大のフライが大好きなので、ついこのあたりをチョイスしがちです(笑)。サーフキャンディーはイワシサイズからサヨリサイズまで用意しておくようにしています。カラーはあまりハデなものより、ナチュラルなほうがいい結果が出ているように思います。まぁ、気のせいかもしれませんが。スクーリーはヒラメの実績がありませんが、ヒラメっぽいバイトを経験したり、マゴチの実績があるので、きっとヒラメにも十分効果的だと信じています。形状のせいか、フッキングしにくいのかもしれませんね。でもこういったユニークなフライで釣ってみたいと思っちゃったりするのです

(つづく)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-01-07 20:11 | 魚のこと | Comments(17)
Commented by umiosaru at 2006-01-08 00:10
サーフって地形の変化は激しく無いのにドキドキしちゃいますよね?
サーフで波の中にフライを追ってくる姿を初めて見たときには感激しました。(チビメッキとコトヒキだけど・・・)

先程はお越しいただきありがとうございました。
リンクの件、是非お願いします!後悔しても知りませんよ(笑)
こちらもリンクさせてもらいます。
Commented by ペリカン at 2006-01-08 04:37 x
全く私事で、新年の挨拶、大変遅れました。
今年も興味深いエントリ期待してます。
ヒラメ凄く興味有ります。やろうやろうと思って数年経ってしまいましたが、最近やっと一緒に釣りに行ってくれそうな人(SALTSIZE君)が出来たので、挑戦できればなと思ってます。(笑)
サーフではまだセイゴとメッキ位しか釣った事は有りませんが、波頭でフライを追っかけるシーンは堪らないですね。
色々と参考にさせていただきます。
Commented by okinawanff at 2006-01-08 18:03
明けましておめでとうございます
お初にお目にかかりますタラオと申します
以前からリンクさせて頂いていたのですが、挨拶がものすごく送れてしまいましたm(_ _)m
今年もアイデアあふれるSWFF楽しみにしています
よろしくお願いします
Commented by SALTSIZE at 2006-01-09 13:23 x
あっち方面に出掛けた時は
SALTSIZEです。

ついつい離岸流に目が行ってしまいがちです(笑
まま、装備も不十分だったりするので、そのままスルーなんですがね(笑
そして、向かう港はですねKZ(定番らしいですね)から、北上しつつ
IシリーズのIW、IFをシバイて周っております^^
先日、少年がIW港内側でメゴチをシバイてました。
・・・ってことは、ヒラメもカレイもキスも、ありってことなんでしょうかね?
Commented by saltwater-ff at 2006-01-10 14:22
umiosaruさん>どうもですー。
サーフの地形変化、一見“のぺー”っとしてるように見えて、実際は変化のある場所、ない場所の差が激しいですよね。そのへんはまず観察から入るしかないと私は思ってます。詳しくはその3以降に書くつもりでいますので~。
リンクありがとうございました!
Commented by saltwater-ff at 2006-01-10 14:38
ペリカンさん>新年おめでとうございます。
まだ本調子というわけではないと思いますが、復帰おめでとうございます。心中お察しします。
ヒラメ、そう簡単に釣れる相手ではないですが、そのぶん結果が出たときの喜びはひとしおです。アメリカ東海岸やメキシコ湾とまではいきませんが、サーフのF.F.は気分いいですよね。お役に立てるかどうか定かではありませんが、今年もよろしくお願いいたします。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-10 14:41
タラオさん>あれ?はじめましてでしたっけ?私もすでにご挨拶してたつもりになってました(笑)。今後ともよろしくお願いいたします。
アイデアといいますか、単に思慮深いアホなだけですので……迷路へのハマリっぷりを笑い飛ばしていただければ幸いです~。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-10 14:44
SALTSAIZEさん>こんにちわ!
すでに離岸流を見分けられるんであれば、ヒラメはもう少しですよ!(ちょっといい過ぎ?)
IW、IFあたりは魚種多彩ですよ~。タイプ4で底ズルやれば、いろいろ釣れそうな気がしないでもないです。カレイは内湾性なので、代わりにたぶんヒラメが入ってますよ…(いい過ぎ?)
Commented by SALTSIZE at 2006-01-10 20:47 x
マジすか!
”内湾性”と聞いて、
無性にテンション上がって来ました(笑

次回、”底”シバイてみます。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-10 22:08
SALTSIZEさん>カレイは内海に多いですよ。魚食性ではありませんが……。ムシエサ的なフライなら釣れるかも。でも口が小さいからなぁ~。
ヒラメは外洋向きに多く、内湾ではあまり釣れません。幼魚期は内湾にいなくもないですが、基本的に外洋向きですね。それでも大阪湾(南部)や瀬戸内の一部では釣れるようですが。
底をシバキだすともう帰ってこられなくなりますよ~(笑)。でも地形がわかろだすと攻め方も変わってきますし、新たな世界が開いたような気がしてきます。ファイト~!
Commented by surfman365 at 2006-01-10 23:42
ラインバスケット。僕はORVIS社のものを使ってますが、あらゆる場面でラインバスケットが必要なケースはこれだけで済ませてます。値段的には、ん~?!ってな気もしますが、長く使えるのでま、いいかと。(笑)ちなみに僕は10年くらい使ってますが、まだまだ問題ないです。サーフではこれがないとどうにもなりませんね。良くフィールドであったルアーマンに、それ何ですか?って聞かれます。(笑)

ヒラメの歯って、40センチくらいから“歯”っていうより“牙”って感じになってきますよね。その獰猛な顔つきがなんとも僕は好きです。(笑)
ところで、そちらのヒラメやコチには黒い小さなヒルのようなものが付きません?僕はどうもあれがニガテです。
Commented by Coolman at 2006-01-11 05:08 x
こんにちは。
はじめまして、PCもSWFFというか、FFも初心者のcoolmanと申します。以前から度々、ご訪問させて頂いて、色々と参考にさせて頂いてました。昨年、福島に鮭釣りに行った際に、大雨のドチャ濁りの中、半ば諦めてキャストを繰り返してる折に、ヒラメが釣れました。ちゃんとクチにフッキングしてませんでしたが、まぁ、喰いにきたのかな?という感じでした。ヒラメがフライで?と言う事に加え、河口から更に、上流での出来事だったので、自分でもかなり驚いたのですが、FFの対象魚として狙ってるとは更に、驚きました^^今後も様々な情報を楽しみにしています^^
Commented by saltwater-ff at 2006-01-11 13:52
surfman365さん>どうもです~。
やはりカゴはオービスのヤツが無難で万能ですね。私ももちろん使ってます。値段は???って?が3つくらい並んでしまいますが、頑丈だし、荷物も入るし、魚を入れることもできるので重宝しますね。
ヒラメサイズになると、まさしく“牙”って呼びたくなりますね~。何度か指を噛まれたことがありますが、見事に血が出ました。はい(笑)。
あと、おっしゃる通りヒルみたいな黒いのが尾ビレに付いてることが多いです。まれにシーバスに付いてることもありますよ。見つけたら取ってから逃がしてやるんですが、きっとまた付いてるでしょうね。正体は不明です(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-11 13:58
coolmanさん>はじめまして!初コメントありがとうございます。
どうやらヒラメは汽水域にも入り込むようなので、河口で釣れることは珍しくないみたいなのですが…河口からどのくらい上流にまで入るのか、淡水にどこまで耐えられるのかはわかりません、すいません。でも衝撃的なヒラメとの出会いですね(笑)。
ヒラメがFFの対象魚になるかどうかは定かではありませんし、正直無理があるとも思っています。けれど釣れないわけでもないので、それを遊んでるだけです。やってることはまったく大したことありません(笑)。
今後もよろしくお願いします~。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-11 16:46
coolmanさん>先ほどブログの画像拝見しました。
もしや……と思いましたが、coolmanさんが釣られたのはヌマガレイのようですね。なじみが薄い魚だし、左向きに目が付いてるから間違えても仕方ないと思います。北海道とかではガンガンフライに食ってくるガッツあふれる魚だと聞いたことがあります。専門で狙うかどうかはさておき、貴重な体験でしたね。

↓ヌマガレイについて、詳しくはこことかで
http://www.pref.iwate.jp/~hp5507/zukan/hiramekarei/numagarei.htm
Commented by coolman at 2006-01-12 20:06 x
管理人様>左でヒラメと安直に考えてました。実は当初、その顔つきを見てカレイ?って、思ったのですが、左のカレイ?ありえない!と勝手にヒラメだと思い込んでいたのですが、ヌマガレイでしたか・・・。左のカレイもいたんですね(笑)勉強になりました。ありがとう御座ました^^
Commented by saltwater-ff at 2006-01-13 13:07
coolmanさん>やっぱり顔を見ると「カレイ?」って思いますよね。
でも左向きに目があるから……罪なヤツです、ヌマガレイって。専門に狙うほどではないと思いますが、おもしろいターゲットではあると思いますよ。
<< ミウラハントーでメバルハント 私的S.W.F.F.迷宮 ヒラ... >>