"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
私的S.W.F.F.迷宮 ヒラメ編(その1)
 とーとつですが、2005年は少しシーバスに偏りすぎていた気がするので、2006年はシーバス以外の魚種にもう少し視野を広げてみようと思っています。もちろん、身近で魅力あふれる相手として、これまで通りシーバスを追いかけることに変わりはありませんが。
 じゃ、具体的にシーバス以外で今年もう少し突っ込んでみたいと思っている魚は……? というと、それはヒラメです。実はヒラメ狙いで過去に幾度か出撃し、その試行錯誤の繰り返しの中から、なんとなく攻略の糸口がつかめたような気がしていたのですが、昨年ほとんど出かける機会がなかったので、このまま止めちゃうのはちょっともったいないかなーなんて。もともとサーフでフライロッドを振るのが好きなほうなので、今年はもう少し熱心にサーフ通いしてみようと思います。
 というわけで、今回から数回に分けてヒラメのフライフィッシングについて思うこと、感じたことを書いていこうかと思います。あくまで素人レベルの話なので「おいおい、全然ちゃうよ!」と思われるようなことが書いてあっても、あまたのS.W.F.F.ベテラン諸氏の方々におかれましては、笑って見逃してやってください。まだまだ楽しい迷路の途中ですからね。

 ヒラメという魚をS.W.F.F.で狙うとなると、まず気になるのがそのフィールドです。いわゆる船のヒラメ釣りを行うことは難しいので沿岸からの挑戦になります。ヒラメがいそうな場所というと……すぐに思い浮かぶのが砂浜。それも内湾サーフではなく、外洋に面したサーフが主戦場になります。しかし実際は漁港の中や磯場にもヒラメは生息しています。私の場合はサーフの釣りが好きなこともあり、サーフへ出かけることが多いですが、ヒラメの実績があるサーフに隣接した漁港や地磯にも当然いると思っていいでしょう。
 次にヒラメという魚の形状から想像して、ベタ底狙いになると思われがちですが、実はヒラメは大変遊泳力に優れた魚で、底層から中層(時には表層まで)を泳ぐベイトフィッシュをさかんに追いかけて捕食します。ヒラメ釣りに詳しいアングラーは、皆ヒラメの遊泳力の高さを強調します。事実、私もヒラメと思われるボイルを何度も目撃しています(そのうち何匹かは尾ビレがヒラメだったので見間違いではないはず)。表層での釣りが成立するかどうかは不明ですが、我々が考える以上にヒラメはたくましく、泳ぎ回って捕食しているようです。
b0000168_19374620.jpg
 ヒラメの口は固く、歯も鋭いです。噛みつき型のバイトをするため、一度フッキングに成功すれば、そう簡単に外れることはないように思います(フライの場合は圧倒的にシングルフックが多いですし)。画像のヒラメは30cmあるかないかのソゲ(ヒラメの幼魚名)級ですが、それでもしっかりした面構えと鋭い歯を持ち合わせています。また、ヒラメの目は丸型ではなく、U字型(ハート型?)をしています。これは底にいながらも視野が広範囲であることを表していると思います。砂に隠れながら、自分の上層を泳ぐベイトフィッシュを素早く発見するのに効率的なんでしょうね。ヒラメと同じ砂モノのマゴチも、実は同じ形状の目を持っています。
(つづく)
[PR]

by saltwater-ff | 2006-01-06 19:39 | 魚のこと | Comments(8)
Commented by surfman365 at 2006-01-06 23:59
はじめまして。
リンクさせて頂きましたのでご報告です。
saltwater-ffさんもソルトフライ凄くお詳しいですね。これからちょくちょく拝見させて頂きますね。

PS 僕の地元サーフでは波打ち際などのシャローで、ポーンと飛び上がるフライパンを見ることが良くあります。(笑)もち、ヒラメのことです。完全に体が飛び出るので分かりやすいです。また、ウェーディング中にサンドバーに乗ったヒラメを何度か踏みつけてしまい、びっくりして飛びのいたことも良くありました。(笑)エイもいますからね。
では、またお邪魔します。
Commented by SALTSIZE at 2006-01-07 00:09 x
連載 『ザ・迷宮』
SALTSIZEです。

今、僕が通っているエリアは、実はヒラメのメッカでして、今年は手を出そうかと目論んでおりました。
そんなわけで、とっても興味深いです、この連載。
(その2)を、楽しみに震えて待ちます^^(発狂
Commented by umiosaru at 2006-01-07 00:43
はじめまして。
以前から拝見していたのですが、今回九州人とSIZEさんがいたので勇気を出してお邪魔しました。
ルアーでは何度か釣ったことあるんですけど、ヒラメの遊泳力の高さ・・・
知りませんでした。
知らないことばかりですが、勉強もかねて又お邪魔させてもらいます。
Commented by つりるり at 2006-01-07 12:51 x
 あけましておめでとうございます。
シーバス狙いに河口でポッパーにヒラメがヒットしたことがあります。シャローの砂利でした。ジグヘッドで底をたたいても釣りましたが、やはりいいタイミングで活性の高いヒラメに出会える場所と時間が重要なような、、それが分かればな〜苦労しませんね。
 今年もよろしくお願いします。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-07 14:22
surfman365さん>リンクしていただきありがとうございます!
詳しいだなんて……尻の穴がこそばゆくなっちゃいますので、やめてください~(笑)。ヒラメはおっしゃる通りジャンプするそうですね。私は目撃したことがないんですが、目撃談はよく耳にします。フライパンとは言いえて妙ですね。こっちでは団扇とかフリスビーって呼ぶ人もいます。
お恥ずかしい内容のブログですが、今後ともよろしくお願いします!
Commented by saltwater-ff at 2006-01-07 14:27
SALTSIZEさん>楽しんでいただきありがとうございます。
外房はヒラメのメッカですからね~。アジングの延長線上にヒラメを持ってくるのは賢い選択かもしれません。
ちなみにアジングは、KM、KZ、HBあたりの港ですか?画像でなんとなくそんな気がしたりしなかったり(笑)。KZは毎年、秋~冬の小アジ釣りで有名ですからね。船道のカケアガリにはヒラメが隠れていても何ら不思議じゃないです。
『ザ・迷宮』は何度かに分けて続くので、ご期待にそえるよう頑張ります(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2006-01-07 14:32
umiosaruさん>はじめまして。初コメントありがとうございます。
私も最初はルアーでヒラメにチャレンジしていました。何枚か釣って、フライでも何とかなるように思えたので、そこからはフライにチェンジしました。でも再度ルアーロッドに持ち替えることもあります。
理に適った釣法という点では、フライはもっとも理から遠いのかもしれません。少なくとも不利、手間を感じることがルアーよりも多いですし。でもフライで釣りたい。だから不利を承知で挑む。それが脳内麻薬を分泌して……(閑話休題)。
今後ともよろしくお願いします!
Commented by saltwater-ff at 2006-01-07 14:42
つりるりさん>新年おめでとうございます!ご挨拶が遅れてしまい、すいません。
ルアーのヒラメ釣りも最初はシーバスの外道的で釣れだしたところからスタートしたようです。でもポッパーにアタックしてくるなんて過激なヒラメですね(笑)。
シャローに入ってくるヒラメは、基本的に活性が高いと私は考えているので、あとはいかにヒラメに発見してもらうか……に重点を置くようにしています。まぁ、ヒラメがシャローに寄ってるかどうかを見定めるのが難しいんですが(笑)。
今年もよろしくお願いいたします。
<< 私的S.W.F.F.迷宮 ヒラ... NEW YEAR COMES ... >>