"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
回復方法のこと
 というわけで、リリース前の回復方法について少しだけ書かせてください。
 シーバスに限らず、S.W.F.F.アングラーの大多数がランディングした魚をリリースされると思います。リリースするしないについては個人の主義主張があると思うので、触れません。持ち帰って食べるのも自由。まぁ、私はよほどのことがないかぎりリリースしています(だって持ち帰るとなるといろいろ面倒なんだもん)。
 以前から淡水でのフライフィッシングを楽しんだり、それ以前にはルアーやエサ釣りも楽しんできた釣り人として感じていたのは、リリースはただ魚を元の水に返すだけでいいのか? という疑問でした。釣り人のエゴだといわれるのは承知で書きますが、できれば釣り上げる前と変わらない状態で返してこそ、リリースの意義があるんじゃないのかと思います。傷だらけにしたり、砂まみれにされたうえで返された魚たちの多くが、どんな末路をたどるのかを知ってしまうと、できるだけステディなリリースを心がけたい、と私は思っています。とはいえ、やっぱり大きな魚を釣り上げると写真の1枚や2枚撮りたくなってしまうのが人情ってやつです。手早く済ませるようにしていますが、大きな魚ほど弱りやすいものです。その場合、なるべくエラに水を送って回復させてから放すようにしています。方法は簡単です。ボートからの場合、ボガグリップなどで魚をホールドしたまま8の字を描くようにしてエラに水を通します。こうすることでエラから酸素が吸収されます。激しいファイトを繰り返す魚は酸欠に陥りやすいので、この方法はかなり有効だと思います。
b0000168_1513449.jpg
別に8の字じゃなく、楕円でも構わないと思います。あ、念のため

 ある魚類学者によると、運動能力に優れた大きな魚ほどたくさんの酸素を必要とするそうで、彼らのファイトは全力を振り絞る行為に等しいそうです。ゆえに酸欠で上がってくるケースも少なくないとのこと。リリース前提を信条にしているS.W.F.F.アングラーだからこそ、最低限の回復方法は知っておくべき技術だと私は思います。とはいえ、私の場合、釣る技術以上に放す技術も未熟そのものなんですが……。
b0000168_15115914.jpg
画像のように魚が「イヤイヤ」したら、ひとまずOKな状態でしょう。頭を進行方向に向けて放してやれば、元気よく帰っていってくれます
[PR]

by saltwater-ff | 2005-12-06 15:16 | ざっくばらんに | Comments(3)
Commented by 忍野SIZE at 2005-12-06 20:01 x
先ほどはコメントありがとうございました。
リンク貼らせて頂きたいのですが、よろしいでしょうか?
Commented by saltwater-ff at 2005-12-07 11:54
忍野SIZEさん>こんにちわ。リンクの件了解です。
こちらからも張らせていただきます。今後ともよろしくお願いします。
Commented by 忍野SIZE at 2005-12-07 23:25 x
リンクの件、ありがとうございます^^
早速、貼らせて頂きます。
<< OSFRのTシャツ! Fish de Pose >>