"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
Fish de Pose
 皆さん、魚を釣ったら写真を撮りますよね?(撮らない方は今回の記事は見逃してください)
 写真を撮るとなるとポーズを決めますよね!(いつも自然体だという方も見逃してください)
 でもどんなポーズをすればいいか悩みませんか?(どうでもいいよという方、ごめんなさい)
 というわけで、今回は魚を持って写真に写る場合の決めポーズについて検証してみたいと思います。たぶん数あるS.W.F.F.系ブログでこんなことやるのはココだけだと思います(笑)。まぁ、さくっと流すように参りましょう~。

まず基本形が↓です
b0000168_2232731.jpg

 魚を胸の前に持って、構えます。両手なのでそれなりに大きな魚でも、安心して支えられます。ロッドは両腕のヒジ部分に渡すように架けるか、脇に挟むことでバランスがとりやすくなります。画像では恥ずかしげもなく口にくわえていますが、羞恥心が欠片もないのがバレるので、素人にはお薦めできない(吉野家風)。

次に雑誌等でよくみかけるのが↓です
b0000168_2234033.jpg

 魚の顔をカメラに近づけるように持つため、迫力が出せます。多少ひずんでしまうのですが、そこはレンズマジックも適度に作用してサイズが微妙にわからなくなります(笑)。よって本当に大きいのを釣った場合はメジャーと一緒に撮ったバージョンも別撮りしておきましょう。画像では被写体がこの持ち方に慣れていないため、ぎこちなさ120%です。本来はもっと魚の頭をレンズに近づけるといいでしょう。

3番目は↓です
b0000168_2235454.jpg

 ハイ、これもよく見かけるポーズです。ボガ・グリップ等の魚つかみ具が普及してきたせいか、あちこちでこの手の画像を目にします。魚が縦になっているので長く見え、さらにアングラーと魚体との間をあけることにより、効果的に遠近法が使えるようです。最初に紹介した方法だと、魚を支える指の大きさで遠近具合がバレてしまいますが、この手法だと魚つかみ具をフレームのギリギリで切ってしまえば、比較対照がなくなってしまいます。かなり優れた(?)ポーズだと思います。ただ惜しむらくは重力によって魚の内臓が下がって、お腹ポッコリになってしまうことでしょうか。被写体のお腹の方が出ているとかいうツッコミは無用です(笑)。

さて4番目は↓です
b0000168_224692.jpg

 念のために書きますが、ネタに困って無理やり撮ったわけではありませんよ(笑)。“しゃちほこ”ってあるじゃないですか。2005年は愛知万博もあったし、何かと中部東海エリアがヒートアップしていたので、なんかとにかくリスペクトです! シーバスの場合、頭を下げると口が閉じてしまうので、あまりカッコよくないですね。もっと大きな魚だとカッコがつくかもしれません。被写体はまたロッドをくわえています。ヌルの着いたコルクグリップは……星3つ!(うそ)

最後は↓です……。
b0000168_2241682.jpg

 海外のS.W.F.F.雑誌なんかで、たまにこういう写真が載っていますよね。釣り上げた魚に固執せず、どこか遠くを見ていたりする……。間が抜けているように思う一方で、これくらい心の余裕を持って釣りがしたいなぁ、とも思います。しかし、被写体の体型ではただのマヌケでしかありません。手足が長く、スラリとした欧米人にのみ許されたポーズなのかもしれません。

いかがでしょう…楽しんでいただけましたでしょうか?

 ちなみに各ポーズで撮影に協力してもらったシーバス様は、それぞれ別の個体です。また、撮影後は十分に回復させてから海に帰っていただきました。次はリリース前の回復方法のことでも書いてみようかなーと思います。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-12-02 22:06 | ざっくばらんに | Comments(6)
Commented by つりるり at 2005-12-02 22:55 x
 とにかくめいいっぱい前につきだしてしまいますね。腕がぷるぷるするようなヤツで写真を撮りたいですね。ヌルが恋しいぐらいに釣ってませんね〜とほほ、、
Commented by Jun-Freestle at 2005-12-03 05:52
昔から、単独釣行が多いので
魚を持った写真って殆ど無いですよねぇ......
失礼しました(苦笑)
Commented by saltwater-ff at 2005-12-04 14:26
つりるりさん>こんにちわ!そうそう、つい前へ突き出してしまいますよね。釣り師の悲しい性でしょうか…(笑)。
お忙しいんですか?釣り行ってないとヌルも恋しくなりますねぇ。
Commented by saltwater-ff at 2005-12-04 14:28
JUNさん>いつもどうもです!単独釣行の場合はニコパチって難しい(というかほぼ撮れない)ですねー。
私が写真を撮るのは…まぁ、老後の楽しみみたいなもんです(笑)。
Commented by おおの at 2005-12-05 19:18 x
こんなのを妄想して、数日後、橋からBZのほうに行ってきました。
まるで魚っ気なしでしたね。
柳の下のどぜう、ならぬ橋の下の鱸でした
Commented by saltwater-ff at 2005-12-06 14:41
おおのさん>こんにちわ!あら~、魚っ気なしでしたか…。
まぁそれが海ですね…何度も何度も、そういう目に遭ってもまた行っちゃうんですね…。まぁそれが釣りバカですね…。
あ、東京湾は湾口方面が炸裂中ですよー。出かけるならそちらへぜひ!
<< 回復方法のこと 海用フライリールのこと その9 >>