"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
サーフのフライフィッシングについて、あれこれ
 サーフでフライフィッシングを楽しむ場合、前もって気を付けたい事柄がいくつかあります。まず、サーフと聞いて、大多数のフライマンがウエーディングを想像すると思います。湖でウエーディングするのと同様に、腰まで浸かって優雅にキャスト……というのは幻想です。サーフの場合、もちろんウエーダーを着用していますが腰までウエーディングすることはまずありません。内湾サーフであれば波高50cmという日もあるでしょうが、外洋サーフでは凪でも波高1~1.5mくらいが普通です。ウエーディングしたところでキャスティングしにくくなる(ホールしにくくなる)だけなので、ほとんどウエーディングしないほうがいいでしょう。
 次に装備面ですが、ラインバスケット必須です。防波堤やボートでは据え置き型が便利ですが、サーフでは移動しながら釣るので、ベルトで腰に装着できるものでないと話になりません。それでもってベルト装着型のラインバスケットにも色んなものがありますが、基本的にラインが収納でき、砂や海水がなるべく入りこまないで、なおかつ風でラインが暴れないような仕組みになっているものがお勧めです。
 ロッドやリールについてですが、これは狙う対象魚やアングラーのお好みでいいと思います。私の場合、秋のサーフでよく使うのは9ft前後のシングルハンドロッドで、番手は#10~12です。キャスティングは波のタイミングに合わせて行います。あ、タイミングというのは、迫ってくる波を超えたところで着水するようにするってことです。なぜ波を超えるようにするのかというと、波の直前に着水すると、ラインが沈みきる前にざっぱーん!と一気に戻されてしまうからです。
 万が一(笑)魚がヒットした場合、ファイトはそれほど難しくありません。ヒラメやマゴチは走り回るような魚ではないので、寄せ波の力とロッドのパワーを利用すれば比較的簡単に寄ってきます。シーバスの場合は普段とあまり変わりませんが、湾奥の魚に比べると体力のある個体が多く、よく走りよくジャンプするように思います。おまけに海面と足場の高低さがほとんどないので、ラインが右へ左へ動く視覚的な楽しさも加わってエキサイティングです。
b0000168_1249219.jpg
大きく弧を描くロッド!鳴り響くリールの逆転音!ご想像どおり、スゲー気持ちいいんです!!

 また、万が一の万が一、回遊魚(青物)がヒットした場合は、相応のやり取りを覚悟しましょう。バッキングラインの残量と高速回転するリールのハンドルに注意して、粘り強くやればなんとかなるかもしれません。根が沈んでいるエリアでは根ズレにも注意が必要ですが、沈んでるかどうかわからないことも多いので、この際忘れて表層で勝負するようにしましょう。
 あ、意外に多いのが波打ち際でのバラシです。慣れていないとラインテンションを保ちにくいため、第一の安全策としては後方へ後ずさりしながらそのままズリ上げてしまうといいでしょう。とはいえ、波が打ち寄せては返す場所はフックを外した瞬間に波が来て「さよ~なら~♪」という悲劇が起こりやすいので、注意が必要です。ランディングネットは不要ですが、フィッシュグリップ(ボガ・グリップなど)の類があると便利です。波打ち際から離れれば離れるほど不安はなくなりますが、リリースを前提としている人は砂が濡れているところでランディングしましょう。
 秋はサーフのフライフィッシングに最適なシーズンでもあります。ぜひ、一度チャレンジしてみてはいかがでしょう?釣れないけど、釣れると一生の思い出になるかもしれませんよ。
[PR]

by saltwater-ff | 2005-09-16 21:37 | ざっくばらんに | Comments(2)
Commented by Lee at 2005-09-21 18:17 x
ご無沙汰してます^^;
先日サーフに出かけてきましたが、写真のようには竿が曲がってくれませんでした(爆)
和歌山でもシオの30cmが・・・と言う話で出かけたのですが、そこは海の事、ひらセイゴとメッキの稚魚サイズがお相手でした;_;
Commented by saltwater-ff at 2005-09-22 22:04
Leeさん>どうもです~。
サーフはアタリハズレが大きいですよね…。太平洋に向かってフライロッド1本というのは、いささかドン・キホーテちっくではありますが、ダイナミックなシチュエーションでフライロッドを振るというのも、なかなか楽しくていいですよね。
ヒラセイゴ&メッキ、おめでとうございます。魚の量と大きさは運任せの部分が大きいのでアレですが、大事なのはサーフでF.F.で釣ったということですもんね!
<< カツオとマグロ Jiggy >>