"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
デイゲームのシーバス(T.B.S.F.T.)
 以前から大変興味があったT.B.S.F.T.(トーキョー・ベイ・シーバス・フライフィッシング・トーナメント)に初参戦してきました。日本人で海のフライフィッシングを志した人なら知らないわけがない、日本フライ界の至宝、世界のEIZOこと丸橋英三大先生によってこの大会は開催されておりまして、オールキャッチ&リリースの大変素晴らしい古今稀有な大会であり、今回で開催12回目を迎える由緒正しきトーナメントなのであります。
 この大会はフライフィッシングでシーバス(マル、ホシ、ヒラ)を狙い、競技時間内にキャッチ&リリースした叉長40cm以上の個体、3匹の合計叉長を競うという非常にシンプルかつストロングなものです。「なんだ、叉長40cmオーバー×3匹なんて簡単じゃん」と思うのはちょっとお待ちを。なにしろ試合時間は朝の5時半~10時半までの5時間。つまり、この大会はデイゲームでの競技となるわけです。
 シーバスのフライフィッシングというとナイトゲームの印象が強いですが、実はデイゲームでも釣れなくはありません。数はナイトゲームに遠く及びませんが、デイゲームの1匹の価値はシーバスのフライフィッシングを少しかじった方ならご理解いただけるかと思います。それにバイトの瞬間やファイトが目視できるという視覚的効果(刺激)は相当なもので、アドレナリン放出しっぱなしって具合です。まぁ、この話は脱線しそうなので別の機会に書くとしまして、大会ではいつもお世話になっているH川キャプテンのベイハムスター号に乗船させていただき、同じく選手のNさんとハッスルしてきました。
 結果はNさんが惜しくもノンキー(叉長40cmにわずかに足りないノンキープサイズ)を1匹。私はなんとキーパーサイズの44cmを1匹、ノンキーを2匹。入賞には遠く及ばない結果でしたが、デイゲームで3匹も釣ることができたことに大満足でした。
 ちなみに優勝者さんは60cmオーバーを3匹そろえ、2位、3位の方々もきっちり50~60cmオーバーを3匹そろえてらっしゃいました。各ボートがあちこちに散らばって釣るので必ずしも同じ状況ではありませんが、デイゲームでも50cmを大きく超えるサイズの魚をフライフィッシングで釣っている方がいる、ということに大きく勇気づけられた気がしました。まだまだ若輩者で、ビギナーに毛が生えた程度の技術と経験しかない私にとって、今回の大会参加は大変有意義なものでした。ありがとうございました。
b0000168_1826733.jpg
 叉長44cmのシーバス君(本当は43.8cmですが、小数点以下切り上げルールなので)。また、今大会のためにH川キャプテンがメジャーを製作してくれました!これでもう、あやふやなサイズは許されません!(笑)
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-23 19:03 | 戦いの記録 | Comments(8)
Commented by freestyle62 at 2004-09-25 16:36
どうもです。
「T.B.S.F.T.」って今年で開催12年目なんですか、歴史があるんですねぇ!。
デイ・ゲームですが、僕も最近は、出来れば明るい時間帯に釣りたい気持つが強く、マズメから明るい時間帯に釣りに行く事が多いのですが、中々結果が伴わないのが悲しいです。
Commented by matt at 2004-09-26 12:07 x
ほんとに明るい時に釣っていい写真をおさえたいけど、難しいね。
大会のレギュレーションなんかはどうなってるんですか?

次回出張の折には連絡しますね。^^;
Commented by saltwater-ff at 2004-09-26 21:27
どもですー。
>freestyle62さん
T.B.S.F.T.は春秋の年2回開催なので6年目だそうです。
私もこのところ朝マヅメに出かけることが多いです。
明るくなってからはシェイドがキモですね。デイゲームのシーバスは視覚で食ってくるので波動よりも視覚刺激のフライのほうが効くように思います。

>mattさん
大会のレギュレーションは原則的にIGFAのルールです。使用ティペットは12lb以上だったかな。叉長40cm以上を3本の合計cmで競い、オールリリースが特徴です。
明るい時間のシーバスのファイトは興奮しますね〜。
出張、お待ちしています(笑)
Commented by matt at 2004-09-27 09:36 x
いや、ロッドは1本だけかな?なんて思ってました。
底釣るんだったら交代で投げたほうが、、、^^;
Commented by saltwater-ff at 2004-09-27 11:41
>mattさん
ロッド本数に決まりはないようです。だいたい皆さん2本は持ち込んでたようです。
東京湾の場合、透明度が低いので10mも沈ませれば夜と変わらない状況のようです。
ストラクチャーのシェイドを通す釣り方だと、それほど沈ませなくてもいいようです。
Commented by jack_lau at 2004-09-28 00:57
シーバスネタなので、なんとなく読み流してましたが、記憶をたどると「T.B.S.F.T.」の
プレ大会(or 第1回?)に参加した記憶がよみがえってきました(笑) 某クラブ主催で
ルアーと併設だったような・・・。この時は、優勝が会長で準優勝が副会長という何だか
冗談みたいな、できすぎた結果だったような・・・もちろん(?)自分はボの字でした(笑) 
Commented by saltwater-ff at 2004-09-28 13:04
>jackさん
へぇぇ~。昔はルアーと併催だったんですか。そりゃ厳しそうですね。
ルアーで叩いた後をフライでやるのは……かなり難しいっぽい!
穴打ちで1人がポッパー、もう1人が小型ストリーマー引っ張る戦法とかやると勝算もありそうですが…そうなってくるとチームプレイですね。
Commented by jack_lau at 2004-09-28 23:51
すいません。ちょっと記憶が錯綜しちゃってたようです。
えーと、自分が参加したのはプレ大会と第1回でした。で、プレ大会はフライでも参加可の
ルアーの大会で、ルアーで1尾釣りましたが賞典外(笑) 知り合いがフライで1尾釣って
これが唯一フライでのキャッチということでたしか特別賞をいただきました。
で、第1回は、たしか○橋インビテイショナルみたいな名称で、もちろんフライオンリー!
この時がボでした(笑) なんかふたつの大会がごっちゃになって(以下略)
<< ポポヴィクスのシリクロン・バッ... AFTMA規格をちょっとメモ >>