"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
第2回『横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント』参戦レポート(後編)
 お待たせしました。YFT参戦レポート、怒涛の後編です。

 大会開始早々に48cm、52cm(いずれも叉長)のシーバスをキャッチ&リリースできた我々は、まだこのエリアにシーバスが溜まっていると判断し、釣りを継続しました。52cmを釣ったUさんとバウを交代、今度は私の番です。10分、15分と時間が過ぎていき、ちょっとスレちゃったかな? と思いつつも投点を少しずつ変えて探っていくと、ググン!と来ました来ました! なんだかさっきより走り方がシャープです。リールでやり取りして、無事にランディング。おぉ〜明らかにさっきよりも大きいシーバス君です。計測すると叉長54cm。デイゲームで釣ったシーバスの自己最大記録を更新。それと同時にUさんの52cmを上回ることに成功しました。思わず小さくガッツポーズ。というのもフライのデイゲームで50UPを2本出せたのは、Uさんも私も初めての経験であり、何よりこのポイントで釣れたシーバスは、いずれもブリブリの筋肉質で元気いっぱい。鋭い突っ込みとエラ洗いを繰り返すファイターだったからです。
 正直いって50UPのシーバスが何度も水面を割る光景は鮮烈なものがあります。おまけに大会ということもあり、緊張と興奮が我々選手の全身を包みます。そんなこんなで、またUさんとポジション交代。同じエリア内で小さく移動し、Uさんの得意なポイントへ入ります。ここは前回、ナイスサイズのシーバスがバイトしてきた実績ポイントですが……残念ながら本日はここが沈黙。潮流の関係でしょうか、先ほどまでのポイントのほうが明らかに反応がありました。ということで先ほどのポイントに戻り、まだ探っていない場所へキャストします。すると3投もしないうちにUさんのロッドが大きく弧を描き、デッキに投げ出されていたラインが勢いよく海中に引き込まれていきます。低い体勢でロッドをためてシーバスの走りを止めにかかるUさん。明らかに先ほどまでの魚とは力強さが違います。リールファイトに持ち込んで、慎重にやり取りを続けます。しばらくして海面を割って出たのは60?と思えるような大迫力のシーバス様。Oキャプテンのネットにしっかり収まり、デッキに転がった魚体を見ると筋肉ムキムキ、ヒラスズキとまではいきませんが、体高のある立派なスズキと呼びたくなる大きさ。計測台に乗せると、叉長57cm(全長58cm)。60cmにわずかに届きませんが、今日一番の大物に船上は一気に歓喜に包まれました。これで優勝は決まり!というわけではありませんが、かなり上位に食い込める魚なのは間違いないでしょう。私もボートメイトとして嬉しいだけでなく、フライのデイゲームでこんないいコンディションのシーバスが釣れることに感激していました。う〜ん、やっぱりまだまだ海には知らないこと、わからないことがたくさんありますね。
b0000168_21551529.jpg
(→Uさん会心の57cm!エンリコストリーマー#2/0で)


 その後も57cmが出たポイント周辺でキャスト&リトリーブを繰り返しますが、潮止まりの時間に差し掛かったせいか、それまでのような明確な反応は途絶えてしまいました。これまでエンリコ一辺倒だった攻め方を変えるためにも、私はテールスピンタイプのフライに交換し、レンジを気持ち深くしますが、35cmくらいのシーバスを1バラシ、続いて叉長43cmのシーバスをキャッチ&リリースするに留まります。魚の気配こそありますが、さっきよりサイズが下がって来ているのが気になるところ。ちょうどそんな風に思っていると、Oキャプテンからポイント移動のアドバイスをいただきました。前日のお客さん(ルアー)を案内して、好結果だったポイントがあるとのこと。このまま潮止まりの時間を無意味に過ごしてしまうより、少しでもフレッシュなポイントを釣ったほうがいいと判断したUさんと私は、Oキャプテンの提案に賛成。10分ほどかけて次のポイントへと移動しました。
 実質上、この日2か所目となったポイントは湾内に浮かんだ小さなブイ(?)のようなストラクチャー。前日の午後、クロダイ狙いで様子見したところ、シーバスがクロダイの仕掛けにアタックしてきたとのこと。それほど活性が高いシーバスがストックされているなら……ということで、我々の活性も上がります。驚いたのは、潮止まりが終わるかどうかという時間帯にもかかわらず、ここでは潮の動きが速くてキャストしたラインが見る見るうちに流されていきます。Uさんと私は潮流を利用し、ラインをポイントすれすれまで流してリトリーブ。フライを再度エンリコに戻して表層から徐々にレンジを下げながら釣っていきます。ほどなくしてUさんにヒット! しかしサイズは明らかに小さいセイゴ級。勝敗に関係ないサイズとはいえ、一応記録のために計測。どうやら昨日までいた活性の高い群れは移動してしまったようです。
 この時点で9時15分過ぎ。我々は残り時間をどう過ごすか、急きょ作戦会議を行いました。57cmを筆頭に船中6本(+2バラシ)という結果が出ているものの、今日の状況からして他船も好釣果を挙げているに違いありません。可能であれば、最後にもう1本グッドサイズを釣っておきたいところ。朝イチで入ったポイントへ戻ってまだいるであろう魚を釣るか、一発大物が狙えるエリアで勝負に出るか……選択肢は2つ。作戦会議の結果、我々は後者を選びました。Oキャプテンが握るスロットルレバーが全開になり、ここから先は時間ロスをいかに少なくするか、無言の意志が伝わってきます。
 約10分ほど走って到着したのは、扇島に近いストラクチャーとブレイクラインが複合するエリア。ここはストラクチャーに付いている魚、ブレイクからシャローにフィーディングに来る魚の両方が狙える第1級のポイントです。シークロ号は北東の弱風を受けながら、ストラクチャー沿いを流して行きます。そして私の2投目、ほとんどカウントダウンせずにリトリーブを開始してすぐ、吸引するシーバス独特のバイトを感じ、すぐさまラインハンドをたぐってアワせました。すると、ロッドに伝わってきたのは思いのほか軽い振動。ありゃりゃ、こりゃ小さいかな? そう思ってリールにラインを巻き取り、魚をいなしていると、ボートの近くまで寄ってきて急に反転! それまでの軽い振動とはうって変わって強烈にディープへ突っ込んで行きます。小型だと思って余裕ぶっこいていた私ですが、フッキングしている魚のあまりの変貌ぶりに驚きを隠せません。私の慌てぶりを見たOキャプテンは「落ち着いて、ゆっくり、ゆっくり捕りましょう」とアドバイスをくれますが、正直いって耳を貸している余裕はありません(笑)。それでもさっきリールにラインを巻き取っておいたおかげで、少しは落ち着いてリールファイトに持ち込むことができました。
 なんとか4、5回の突っ込みを凌ぎきると、今度は海面でお待ちかねのエラ洗いショーが始まりました。ここで初めてご対面となったわけですが、はっきりいってデカイ! エラ洗いもこれまでの魚の迫力ではありません。「もしかすると、Uさんの魚より大きいかも……!?」そう思うと一瞬の出来事ですが、海面を割るたびにフックが外れないよう祈るばかり。エラ洗い、再度の突っ込みを凌ぎきり、Oキャプテンのネットに無事収まった時には思わず脱力。暴れるコワモテの口もとにはエンリコストリーマーがかろうじて皮1枚で引っ掛かっていました。計測してみると叉長63.5cm(全長65cm)、6.5lb(ボガ・グリップでの計量)のシーバス様。私自身、フライのデイゲームで釣ったシーバスで最大サイズとなりました。計測後、記念写真を撮ってもらい、早急に回復させてリリース。無事に横浜の海に帰って行ってくれました。
b0000168_21314913.jpg

(やりました!デイゲーム自己記録更新の65cm! 使用タックルはロッド:トーマス&トーマス へリックス908-S4/リール:サイエンティフィック・アングラーズ システムリール#8/9/ライン:マスタリー ストライパーテーパー(タイプ4)/リーダー&ティペット:ダイリキ10lbフロロカーボン(ダブル&クラスライン)+ダイリキ16lbフロロカーボン(ショックリーダー)/フライ:エンリコストリーマー#2/0 グリーンチャートバック)


b0000168_21322791.jpg
(←このサイズを明るい時間帯に見ると、やっぱり迫力あります)


 残り1時間と少し。ですが、Uさんと私は最後までキャストを繰り返しました。最後に2ヵ所移動し、そのうち1ヵ所でUさんが45cm前後のシーバスを1バラシ。今日は入るポイントすべてにシーバスがいるようで、こんなスゴイ日もあるんだなぁというのが私の感想でした。そして午前11時、ストップフィッシング。Uさん、Oキャプテンとがっしり握手を交わし、互いに全力を尽くしたことに敬意を表しました。そしてシークロ号は表彰式&懇親会の会場であるタイクーンへと向かいます。

 ここからは余談ですが、タイクーンへ向かう途中、前回優勝したUさんのトロフィーをクルマへ取りに行くため、我々は一度桟橋へ立ち寄ることにしました。桟橋に着いてOキャプテンが陸に上がってしばらくすると、どこからともなく一人の男が現れ、我々に話しかけてきました。少し話をしてみると、物腰はやわらかですが、その豊富な釣り経験から語られるトリビアは大変興味深いものでした。どうやら彼もフライフィッシングを愛してやまないアングラーらしく、ちょっとロッドを振らせてくれというので、我々は快くタックルを彼に手渡しました。すると彼はデッキに飛び乗り、見事なキャスティングを披露してくれるではないですか! どこの誰かはわかりませんが、タダ者でないことは明らかでした。後で戻ってきたOキャプテンに聞くと、どうやらこの謎のフライマンは本牧界隈ではかなりの有名人なようです(笑)。
b0000168_21371732.jpg

(謎のフライマン。電波障害を受けているせいか、画像にノイズが走っていますがお許しを。わずかな時間でしたが、そのテクニックには目を見張るものがありました。ぜひ釣り場でご一緒したいものです)


 そんな嬉しい訪問者との出会いもありながら、無事タイクーンへ到着。おいしい昼食と楽しい懇親会を終え、最後に表彰式となりました。結果は……なんと、私が優勝させていただいちゃいました!(嬉しいけど恥ずかしい〜)そして2位には前回優勝のUさん、3位にはなんと今回ジョーズ号で初参加のKさんが叉長48cmで入賞されました。そして見事1、2位をアシストし、1−2フィニッシュを果たしたシークロ号のOキャプテンがキャプテン賞を獲得しました。おめでとうございます!!

 今大会は前回と異なり、入賞こそ逃したものの、各船、各選手にシーバスの反応、もしくはC&Rに成功し、フライによるデイゲームのシーバスフィッシングの面白さを満喫できたものと思います。私、個人としましては優勝という栄誉をいただき、大変光栄に思っています。それと同時にフライフィッシングによる、日中のシーバスゲームの大きな可能性を抱きました。そして何よりフライフィッシングの楽しさ、面白さ、痛快さをあらためて味わうことができ、大変有意義な休日を過ごすことができました。それもこれも、これまで私をご指導してくださったフライ関係の皆さま、YFT大会関係各位の皆さまのおかげです。今後も慢心することなく、S.W.F.F.の楽しさ(辛さ?)を味わいつくすため、精進して行きたいと思います。本当にありがとうございました。


 ちなみに……YFT第3回大会9月4日に開催予定(詳細はこちら)です。腕に覚えのあるS.W.F.F.マンの皆さま、ぜひ参加されてみてはいかがでしょうか? 大丈夫、きっとアナタのほうが上手です!
[PR]

by saltwater-ff | 2005-07-07 22:37 | 戦いの記録 | Comments(0)
<< 海用フライフックあれこれ 第2回『横浜ベイ・フライフィッ... >>