"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
第2回『横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント』参戦レポート(前編)
 というわけで、去る7月3日に開催された第2回「横浜ベイ・フライフィッシング・トーナメント」(略称YFT)に参戦してきました。前回の5月29日から約1ヶ月、梅雨入りしたにもかかわらず、関東地域は連日の夏日が続き、第2回大会はきっとタフなコンディションだろうね……と、第1回に参加した関係者の間でささやかれていたわけですが、大会の数日前から梅雨っぽい天候に逆戻り。当日は雨こそ降っていないものの、一面グレーの曇天で船上では風がひんやり感じるほど。さて、この天候がどのように作用するかわかりませんが、午前7時に予定通りスタートフィッシング!
 ちなみに今回の参加ボートは、おなじみベイハムスター号アルテミス号シークロ号に加えてジョーズ号の4艇。各キャプテンは、いずれも横浜港周辺をホームグラウンドにしている敏腕ガイドです。
b0000168_0164520.jpg

画像はスタートするジョーズ号(業務連絡:HPございましたらお知らせください)

 前回と同様にベイブリッジ下、大黒埠頭側のスタート地点に集結した4艇は、午前7時のスタートフィッシングの合図とともに、各々じわじわと動き始めます。まず勢いよく走り出したのはジョーズ号。根岸湾を得意とされているとのことで、おそらくそちらへ向かったよう。続いて我々の乗るシークロ号。京浜運河へスロットルオン! 遠ざかるベイブリッジ。見るとベイハムスター号とアルテミス号がまだ動きません。なんだか高度な心理戦を展開し、互いに牽制しているように見えましたが、こういう駆け引きも大会ならではの光景です。そうこうしている間にアルテミス号が転進。我々と同じく京浜運河へ走りますが、やや方向が違う様子。ベイハムスター号もほどなくして発進。ベイハムスター号は、今回H船長自ら選手として参戦されているので、きっと秘めるものがあるのでしょう。不気味な引き波を残しながら沖へと向かって走り去って行きました。
b0000168_0131133.jpg

奥がアルテミス号、手前がベイハムスター号


b0000168_0184775.jpg

高度な心理戦を展開中?のアルテミス号とベイハムスター号

 話は前後しますが、大会前日の土曜日にUさんと私はシークロ号でプラクティス(以下プラ)を行いました。プラというと練習と思われるかもしれませんが、基本的には翌日の大会に向けて魚の居場所を把握するために行う下見のようなものです。まぁ、シーバスの場合は移動が早く、たった1日の違いでも魚の居場所が変わってしまうことがあるので、プラクティスを行ったところで確実とはいえないのですが、約1ヶ月ぶりの釣行となる私にとっては、勘を取り戻す意味でも重要でした。
 プラは大会開始時刻よりも遅い午前8時半過ぎから開始しました。その理由は開始後1時間半経過した時点でも魚の残っているであろうポイントを重点的にチェックするためでした。それというのも、ここ数日曇天が続いているため、開始直後は魚がそれなりに反応するが、問題は午前9時を過ぎてからの2時間で、どれだけチャンスをものに出来るかが勝負の分かれ目になる、と考えたからです。というのはまったくのウソで、実は早朝からドシャ降りの天気予報にビビって出船時間を決め兼ねていたというのが本当です(笑)。
 しかし、早朝から雨は降らず。我々は苦笑いしながら気温がグングン上昇し始めるなか、プラを開始しました。「まぁ、プラだし気楽にやろうよ~」なんていってたのですが、最初に入ったポイントでUさんが45cm前後のシーバスを早々にキャッチ&リリース。フライはエンリコストリーマー。さすがは前回優勝者、その後もビシバシヒットさせていきます。一方、私はというとフライにチェイスやバイトはあるものの、フッキングには至らず。途中からルアーロッドに持ち替えて、魚の有無をチェックしていくことに専念します。いくつかポイントを回った後に私にも待望のヒット! セイゴ君でしたが久々に味わう引きにちょっとうれぴー。とか思ってるとエラ洗い一発でサヨーナラー。Uさんはその後も着実にキャッチ&リリースを繰り返します。私は大小合わせてバラシが5発。全部ルアーという有り様。結局そのまま終了時間の12時を迎え、プラとはいえ無念のボウズ。大会前日だというのに、すでに自責点山盛りの敗戦投手の気分。ただ、10時を過ぎた時間帯でも、大きくてやる気のあるシーバスがいることだけはわかりました。明日は前回優勝者のUさんとシークロ号Oキャプテンの胸を借りるつもりで、とにかく一生懸命やってみよう。そう思って蒲団に潜り込みました。睡眠時間7時間。こういうイベントの前にはあまり眠れない性分なのですが、どういうわけかこの夜は不思議とよく眠れました。

 さて、話は再び大会当日に戻りまして、スタート直後に我々が最初に向かったのは、前回Uさんが優勝魚をキャッチ&リリースしたポイントです。大会参加ボートはもちろん、一般遊漁船も見当たりません。前日のプラでも好反応だったので、もし誰も手をつけていなければ……。私の頭の中はあっという間に妄想でいっぱいになりました。その間にOキャプテンが静かにスロットルを緩め、最適なポジションに船を向けてくれます。しかも同船者のUさんの粋な計らいで、ファーストキャストを私に譲ってくれるというのです。こうなったら釣らないわけにはいきません。エンリコストリーマーを結んだトーマスのロッドを手に、バウデッキでフォルスキャストを2、3度繰り返します。思った以上に静かに、タイトに狙ったコースへフライが着水しました。カウントダウンの約10秒間、足元の海中に目をやると、大小たくさんのクラゲが浮かんでいます。その数、ざっと100以上。「クラゲがこんなにいてもシーバスって食ってくるんですかねぇ?」そう、思わず口にすると「全然食ってきますよ、関係ないですよ!」とOキャプテンが後押ししてくれます。カウントダウンを終え、半信半疑でストリッピングを開始。フライがクラゲに触れるせいか、小さな振動が手元に伝わってくる。クラゲの足がフライに付くと外すのイヤだなぁ、などと思いつつ5mほど引っ張ったところでティップが引き込まれる明確なバイト!「来た!来ました!」思わず声を出してしまいました。数分のファイトの後、上がってきたのは叉長48cmのシーバス君。いつもならなんてことのないサイズかもしれませんが、大会ということもあって、やり取りは大変緊張するものでした。最初にバウを譲ってくれたUさん、適確なアドバイスをくれたOキャプテンに感謝することしきりでした。
 48cmのシーバス君を無事にキャッチ&リリースを果たした私は、Uさんとポジションを交代します。YFTは個人戦ですが、私とUさんの間ではフェアプレーの精神から1尾釣ったらバウを交代するよう、あらかじめ打ち合わせしていたからです。
 ほどなくしてUさんにもヒット! さすが前回優勝者です。ランディングすると叉長52cm。ハイ、この瞬間に私の優勝は早くも消えました(笑)。ちなみにUさんがキャッチ&リリースした時点で、大会開始からまだ30分も経っていなかったことを付け加えておきます。

(つづく)
b0000168_021088.jpg

記念すべき私の大会ファーストフィッシュ、叉長48cm。ヒットフライはエンリコストリーマー(#2/0)。ランドタイムは午前7時9分(デジカメの撮影記録より)
[PR]

by saltwater-ff | 2005-07-05 00:31 | 戦いの記録 | Comments(5)
Commented by mattwalker at 2005-07-06 14:57
いや~楽しそうですねぇ。もう少し近ければいつでも参加するんだけど、、。^^;ライン他もろもろありがとうさんでした。m(。。)m
また何か面白いもん見つけたら送りますね。
Commented by saltwater-ff at 2005-07-07 12:05
mattさん>どうもです!
ラインバスケット、大会当日に使わせていただきました~。詳しくは後日ブログに書くつもりですが、大変使いやすかったです。もう手放せません。本当にありがとうございました!(ステッカーは在庫切れで少量しか送れず申し訳ないです…再製作したらまた送りますね)
Commented by Bayham-hsgw at 2005-07-08 19:20 x
おめでとう~さん! 
一言お祝いを述べたく、エキサイトIDを取っちゃいました。

 さすが65cmを明るい写真で見ると迫力ものダナ~・・・・・。

>mattさん
ご無沙汰してます。
YFT、TBSFT、YSOT・・・と東京湾でSWFF参戦可能な大会はこれから年末まででも、合計5回戦あります~西日本勢のご参加も大歓迎です。
是非、予定立ててください。
Commented by saltwater-ff at 2005-07-08 21:13
Bayham-hsgw様>おわ、びっくりしました!

お祝いのコメントありがとうございます!今回の栄光(マグレ?)は、hsgwさんに育てていただいた成果でもあります。あれこれ試行錯誤したり迷い道もありましたが、ひとまず結果を出せたことが何より素直にうれしいです。

今度またお邪魔させてください~。ありがとうございました!
Commented by matt at 2005-07-10 11:50 x
Bayham船長、ご無沙汰してます。^^;
そのうちまたお邪魔しますので鯖か黒鯛でも狙いに行きましょう。
もちろん都合が合えば大会参加も、、。^^

<< 第2回『横浜ベイ・フライフィッ... 祝!100件達成 >>