"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
ちゃんと釣るということ
 なかなか釣れない釣りばかりやっていると、アタリの感じ方とかフッキングのタイミングとか、ファイト→ランディングの技術とか、いろいろ鈍ってきます。だから、たまーに釣れるときはガツガツ釣るのも必要だと思います。

 前に釣れないことで有名な湖に通っていたころは、キャスティング能力は身につきましたが、アワセがド下手になってしまいました。こんなんあかんがな!と思って半年に1回くらい管理釣り場に行って、ただひたすらストリーマーを引っ張ってアワせる練習をしたこともあります。そのころ目標としていた魚はニジマスの80cm級だったので、大型魚のアゴを貫通できるようコンパクトで強烈なアワセをいろいろ研究したりしたものです。とはいえ、管釣りのアベレージサイズのニジマス君には荷が重かったのか、フッキングと同時に下アゴだけ飛んでくることがしばしばありました……。いやいや、冗談ですけどね(笑)。

 海でフライフィッシングを本格的にやるようになって思うのは、淡水のなんと釣れたことか!ということです。海の場合、対象魚に放流魚はもちろん、養殖魚がほとんどいないわけですから、そう簡単に釣れません。魚種によっては稚魚放流を事業化しているケースもありますが、海は広いな大きいな~と歌われるだけあって、放流された稚魚は捕食されたり、どっか遠くに行ってしまったりで、なかなか簡単に釣れてくれるものではありません。だからこそ、フライにバイトが合ったなら、それは常に千載一遇のチャンスなのだと思うようになりました。そんでもって、そのチャンスを逃さないためには練習が必要なのですね。
 フライフィッシングを長年楽しんでいると、1匹の魚の価値というか、結果よりプロセスを重視するようになるというか、なんかそんな風潮が自分のなかで高まってきます。私自身も間違いなくそうなのですが、それでも釣れるときにはしっかり釣っておかないと、ダメだなぁ……とつくづく思っています。でないとアワセが下手になったりしちゃいますから。テクニックの習得は、やはり反復練習が一番効果があると思うので、やっぱり釣れる時はちゃんと釣っておかないといけません。キャスティングは魚なしでも練習できますが、魚ありきの練習が必要な場合は、やっぱり魚を釣ることでしか練習できないですものね。
 あ、もちろん釣りまくるといっても殺戮目的じゃなく、しっかりちゃっかりC&Rを行う前提で、ですけどね。
b0000168_174628100.jpg

自分の狙っている魚が、どんなふうにバイトし、ファイトするのか。どういう特徴を持っているのか、そういったことを意識することで、新たなヒントやノウハウを手に入れることができるんじゃないかなぁ、と思います。たとえばフライが口のどの部分にフッキングしているのか、リトリーブ中に予測した方向からのバイトだったか、理想的な場所にフッキングできているか、刺さり具合はアワせた際に想像したとおりか……など、複数匹釣れる状況だからこそ、自分の技術を見直す絶好のチャンスだと思ったりします
[PR]

by saltwater-ff | 2005-05-10 17:54 | ざっくばらんに | Comments(2)
Commented by 空飛ぶ魚屋 at 2005-05-11 14:24 x
ご無沙汰してます、旅から戻りました、久々に投稿させて頂きます。海のFFやると釣れないですよね(私だけかな?)、かなりマゾの世界に近いものがあるような気がします。寒いと心も寒くなり、心が折れそうになります。フッキング大切ですね、私はアワセよりもフックをひたすら研いでます、何時もシャープナーをぶら下げてます(笑)、海だと塩で鈍るんですよねこれが。でもシャケはアワセるなってスコットランド人が言ってました、口の中が柔らかく、骨が堅いので、滑って身切れしてしまうそうです、まー釣ったことないので何とも言えませんが・・・最近は釣れない釣りをしては自己満足に浸ってます。
Commented by saltwater-ff at 2005-05-17 20:18
空飛ぶ魚屋さん、こんばんわ。

「サーモンはアワセるな!」というのは本当にそういわれるようですね~。アワセると“トラウトアングラー”と嘲笑されるそうです(笑)。
あ、海の場合、キャスト後にラインを離してしまわないのも重要なようです。
<< 訃報 ポイントの優位性について >>