"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
ラインシステム(その1) -オーソドックス編-
 というわけで、恥ずかしげもなく「ラインシステム公開 第1弾」と参りましょう。とりあえず1回目は、私が使っているシステムの中で最もオーソドックスなものです。ライン強度を変更するだけで陸ッパリのシーバスからオフショアのシイラまで対応できるもので、面倒なときや釣行日まで時間がない場合はこれで通します。バッキングはPE4~5号で、リールのキャパシティに合わせて200m~巻けるだけ巻きます。もっと高強度のPEラインの使用もいいのですが、フライラインの強度が約35lbということを考えると、あまり強すぎるバッキングラインも考えものかな? と思っているのでフライラインと同等程度のPEラインを収納しています。PEは高いですしね。中型シイラくらいまでならダクロンのバッキングラインでもまったく問題ないと思います。
 図中(1)のPEとフライラインの結束はオルブライトノット(ほつれ留めにハーフヒッチを2回)です。PEをダブルライン(ビミニツイストなど)にする必要性は少なくともこのクラスでは感じていなし、フライラインの交換も多いのでやってません。
 図中(2)のダブルラインとフライラインの結束はループトゥループ。2回通しにするとより安心。ダブルラインは狙う魚によっても異なりますが、シーバスなら8~12lb。シイラなら16~20lbあたりにしています。ダブルラインの先端はエイトノットでループを作っています。
 図中(3)はスパイダーヒッチでダブルラインを作っています。以前はビミニツイストを多用していましたが、ここ1~2年はスパイダーヒッチの方が多いです。理由は船上でも短時間にバラつきが少なく結べるから、でしょうか。ビミニとの強度差はほぼないと思います。
 図中(4)はクラスティペットとショックリーダーの結束ですが、ここでもオルブライトノット+ハーフヒッチ2回を使っています。ここの締め込みは慎重にやらないとスッポ抜けます。ハーフヒッチした余りをライターであぶってライン先端にこぶを作ることもありますが、それはけっこう本気になっている時です(笑)。
 図中(5)はショックリーダーとフライの結束部分で、50lbより太いショックリーダーの場合はハリソンズ・ループやホーマーロード・ループ(フリーノット)なんかで結びます。20lbとか、それ以下の細いショックリーダーの場合はハリソンズ・ループ、ユニノットなどで結びます。
b0000168_22172785.jpg

まずは1回目なのでオーソドックスなシステムですが…(何回やるのか未定)次はシーバス用のラインシステムなんかを載せようと思います。あぁ、たいしたものじゃありませんので、過度の期待はご勘弁ください
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-15 22:19 | 道具のこと | Comments(2)
Commented by jack_lau at 2004-09-17 10:19
今回もイラストが素敵です(はーと)
で、例によって自分の場合を(笑) まず、(1)はループトゥループで、バッキング側はビミニのダブルラインをダブルにします。(2)-(3)はコントロールリーダーとして10-15号のナイロンを使い、太めにした場合はサージャンズ、細めの時はパーフェクションで両端にループをつくり、ループトゥループ。クラスティペットはビミニのダブルラインで・・・・・とビミョーに違いますね(笑) 記録狙いの場合は6lbティペット中心なので、市販のフロロのテーパーリーダー(激しく高い!)を使い、三つ編みでループをつくり、クラスティペット、ショックリーダーともにループトゥループです
Commented by saltwater-ff at 2004-09-17 14:22
いやー、海フライマンの数だけラインシステムが存在するといっても過言じゃないですよね。jackさんのシステムも一度試してみようと思います。教えていただきありがとうございます。
まぁ、結局は解けにくく、切れにくく、簡単なラインシステムであれば、それがもっとも(一般的にいって)よいのではないかと思います。
しかし、記録狙いは、6lbティペットですか…。自分は記録とか、まだあまり考えたことがないのですが、めちゃ細いですね~。すっげー心細いっす(笑)。
<< 本物のサーフキャンディ フライラインの先っちょ >>