"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
フライラインの先っちょ
 えー、このウェブログを開始してしばらく経つのですが、ちょっとリクエストがあったので何回かに分けてラインシステムとかその関係のお話をしていこうと思います。前もって書いておきますが、ここで公開しているのは私個人のやり方ですので、これが絶対正しいとかそういうつもりはさらさらありません。自分のやり方を公開するのは恥ずかしくもあるのですが、参考になる方がいれば幸いですし、もっと優れたやり方をご存知の方がいらっしゃれば、私も学ばせていただこうと思っています。海のF.F.は謙虚さが重要!(笑)ですから。
 ってなわけで、1回目はフライラインの先っちょをどう処理しているかのお話です。多くの方がフライラインの先端にループを作っているかと思いますが……その作り方もいろいろあっておもしろいものです。私もいろいろ試してきましたが、現在のところ下図のようなループの作り方で落ち着いています。ブレイデッドコアが内蔵されているフライラインであれば“ともじめ”できるので、強度的にもかなり強いと思います。あとライン番手にかかわらず取り付けられる点もいいですね。
「オレのフライラインの先っちょはもっとスゲーぜ!」という方がいらっしゃったら、ぜひ教えてくださーい。情報交換いたしましょう!
b0000168_21164772.jpg

かぶせるだけのブレイデッドループは、過去にスッポ抜けしちゃったことが数回あってからこの方法以外では使わなくなりました。最後はケブラースレッドとかで留めるのを忘れずに!
[PR]

by saltwater-ff | 2004-09-13 21:15 | 道具のこと | Comments(14)
Commented by freestyle62 at 2004-09-15 05:27
こんにちわ。
被せるだけだけの市販のBループは、確かにそのままだとスッポ抜けちゃうので危険ですね(笑)。 最近は、僕も同様な方法で先っぽのコーティングを剥いでそのままループにするか、ルアーで使った残りのPE(50~80lb)でループを作って被せてます。多少の違いは有っても、皆さん一緒なんでしょうねぇ・・・?
Commented by jack_lau at 2004-09-15 10:38
自分の場合、#9以下はナイロンのBループ(コートランドのBraided Mono Running Line 50lb. testをカットしたもの)、#10以上がダイニーマ素材(ダイニーマノット12-15号)の
ループでやってます。

Bループは、接続部の根元まで2重にして2箇所を10lb前後のモノフィラのネイルノットで固定。
熱収縮チューブを被せます。
※これでGTにブッちされたサンプル → http://www.swff.jp/msc/broken_loop.jpg

ダイニーマの方は、全体を裏返しながらループを作り(ちょっと文章では説明し難い・・・)、以降はsaltwater-ff さんとほぼ同じですが、コアとのともじめはシングルノット(?)です。あとスレッドの
固定は1箇所ですが、フライラインの伸びを見込んで気持ち弛ませ気味にします。
で、仕上げは得意のソフテックスのドブ漬け!(笑)  ケブラーやダイニーマは柔らかすぎるのが
気になりますが、これで少し張りが出ます(全くの気休めですが<爆>)
Commented by jack_lau at 2004-09-15 10:41
あ、書き忘れましたが、前回のフライの絡み止めの絵もそうでしたが、saltwater-ffさんのイラストは素晴らしいですね! とても素人とは(以下略)
Commented by saltwater-ff at 2004-09-15 13:00
こんちわっす。
JUNさん、jackさん、おふたりとも熱いですね。なんかみょ~に嬉しいです(笑)。

やはり結束部分というのは、海のF.F.において悩まずにはいられない部分ですね。コアでループ作るのは実用的なので時々やります(現場でブッチ切られた後とか)。最悪は先端をエイトノットループにしちゃうことも。要は解けにくく、切れにくい状態であればなんでもいいんですよね(笑)。あとはF.F.につき物のの自己満足みたいなもの。だけどそこにこだわりたいのがフライマンの心情ってところでしょーか。
ところで私はダイニーマの仕上げにスーパーXを使っています。適度に軟らかく、強度も高いっぽいです(40kg荷重でも切れませんでした)。あ、密かにスーパーX好きだったりします。

jackさん>稚拙なイラストへの褒め殺し(笑)どうもです。あくまで素人ですよ!
Commented by JUN at 2004-09-15 14:10 x
自己満足と思い込みは、大事な事です(笑)
スーパーX、僕も愛用してます。強度や使い易さは申し分無いのですが、アレで硬化時間がもっと早ければ言う事無いんですけどねぇ(苦笑)

ps:僕の方のBlogからもリンクさせて頂きました。

Commented by saltwater-ff at 2004-09-15 16:36
JUNさん>
そうですね、スーパーXは硬化時間が問題ですね。
早いタイプ(X2)をメインに使っていますが、それでも2~3時間はかかりますね。
ところでスーパーXって気化乾燥じゃないんですってご存知でした?
本漆のように水分を吸収(?)しながら硬化していくそうで、湿気のある場所で硬化させるといくぶんか時間短縮になるそうですよ。
以上、某化学のA先生からの受け売りでした(笑)。
Commented by jack_lau at 2004-09-16 12:25
スーパーX、今度使ってみます! ウルトラ・フレックスはどうですか?
※接着剤ネタは、まだまだ続くのであった(笑)
Commented by saltwater-ff at 2004-09-16 14:21
>jackさん
私は使ったことがないのですが、SAのウルトラフレックスも好評なようですね。性能的にはアクアシールとほぼ同じと考えてよいようです。ただ2液混合なのでアクアシールと違って無駄なく使えるのがグーらしいです。

そういや何年か前に話題になった(!?)プリオボンドって、まだ売ってるのかなぁ。ご存知ないですか?
と、また接着剤のディープな話題へと続くのであった……(笑)
Commented by JUN at 2004-09-16 20:37 x
プリオボンド、以前はハンズで売ってましたが今はどうかなぁ・・??。
僕はライギョもやるんですが、フロッグのシーリングに使うPANDOもなかなか優れものですよ。硬化時間がメチャ早いので、ラインの先端処理やチョッとしたフライのコーティングに良く使用してます。ただ、硬化後の透明感がイマイチかな。と、また接着剤の話題が続いて・・・・・(笑)
Commented by saltwater-ff at 2004-09-17 14:41
なんか最近は扱ってないみたいなんですよね<プリオボンド
まぁ、乾燥に10時間以上かかるから今さらって感じもするので入手できなくても全然OKですが。

ところでPANDOってなんすかー?
なんだか知らないとむしょうに悔しいっす(笑)。
Commented by jack_lau at 2004-09-17 20:04
タイヤ・パンドーの親戚では? (自信なし<笑>)

ウルトラフレックスですが、実はウェーダーの補修用に買って、あれこれ転用して
重宝してます。透明感はないですが、ビミョーに柔ら硬い感じがグッドですね。
ゴム製品の補修は最強かもしれません。あとアクアシールは長期間保存すると
飛んじゃいますが、これは大丈夫なので経済的(笑) 
Commented by matt at 2004-09-18 00:44 x
コンビニで買ったのはコニシのSUってやつでした。
ちょっとベタついた感じだけど、透明性は抜群です。
Commented by frogface at 2006-01-12 18:27 x
ブレイデッド、フライラインに被せるのとか結構手間で、なんかいい方法ねーかなあと探してたらたどり着きました。海フライの方なんですね。興味はあるけどまだやったことはありませんが、楽しそうですね。接着剤、主にウェダー補修用にですが、私はスーパーX2で落ち着きました。アクアシールは高いし、ちょっとほっとくと固まってるしで。また参考になるものないか覗きにきます!
Commented by saltwater-ff at 2006-01-13 13:05
frogfaceさん>はじめまして、こんにちわ。
だいぶ前の記事だったので、コメント見逃すところでした。私がやっているこの結束方法は、#6以上のラインにオススメです。#3とかの軽いフローティングラインには適さないと思います。ブレイデッド部分が沈んでしまいますからね。個人的に低番手には直接ネイルノットで結んでいます。
本流のウエットや湖用にはこの結束方法がオススメです。簡単で、まず抜けません。
コメントありがとうございました。
<< ラインシステム(その1) -オ... ラビットキャンディ >>