"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
世界の釣り場から(アメリカ合衆国・フロリダ州編)
 世界の釣りバカたちが集う、世界の釣り場の様子を不定期でお送りする『世界の釣り場から』。本日は実に8年ぶり(?)の第3回。アメリカ合衆国フロリダ州をお送りします。
b0000168_14361481.jpg

 ソルトウォーターフライフィッシングはもちろんのこと、世界のスポーツフィッシングを語るうえで避けて通れない地がフロリダだ。北アメリカ大陸の東南部に位置し、メキシコ湾と北大西洋を隔てる巨大な半島のような形をしている。北・中部は亜熱帯、南部は熱帯気候であり、アメリカ本土の中でも特に温暖で過ごしやすいことでも知られている。またケネディ宇宙センターやウォルト・ディズニー・ワールドリゾート、レゴランド、シーワールド・オブ・フロリダ等の世界的にもメジャーな大型施設が多数あることでも知られ、国内外から大勢の旅行者が訪れている。

 そんないわゆる一般的な情報よりも我々ソルトウォーターフライフィッシャーマンにとっては、歴代の世界記録魚や、数多のドラマが繰り広げられてきた地といったほうがいいだろう。故ビリー・ペイトをはじめとする、伝説的フライフィッシャーマン達が挑戦をし続けた海。今回はそんなフロリダ州の中部西岸に位置するタンパ湾周辺でのショートフィッシングの機会に恵まれた。

 タンパは州最大の都市ジャクソンビル、マイアミに次ぐ大都市。その歴史は古く1823年にはすでに漁村としての集落があったと伝えられている。複雑に入り組んだ地形とタンパ湾という天然の良港に恵まれ、漁業を中心に果物、木材、葉巻たばこ等の海運も盛んに行われたという。

(2016.7.20追記)



b0000168_20114314.jpg
サッカーコート100個ぶんくらいある広大なフラットには、さまざまな海鳥達が小魚を求めて飛来する。日本ではカモメやアジサシ、サギ類といったところが幅を利かせているが、ここフロリダではペリカンがメジャー。大型のペリカンが飛来すると確実に海面に影を落とすため、サイトフィッシングにおいては厄介者といえる。
b0000168_20120950.jpg
足下に目をやると、そこかしこにカニや巻貝の姿があった。そしてエイやサメ(ネコザメ?)の姿も。豊饒の海という表現が正しいかどうかは定かではないが、日本の、同じようなフラットに比べても明らかに生き物の数が多かったのに驚いた。
b0000168_20122624.jpg
今回、タンパ湾のフラットでフライフィッシングをするという、ステキな機会を与えてくれたのがヒロ内藤さん(写真左)。ルアーフィッシングのイメージが強いが、実はフライフィッシングも大好きだと仰っていた。
今回の経緯は割愛するが、私が敬愛してやまないスポーツフィッシャーマンにして、人生をかけて釣りを求道する本物のアングラー。本当にありがとうございました。
b0000168_20133600.jpg
ベイトフィッシュに激しくボイルしていたシートラウト。まだまだ小型だがファイトはパワフル。日本でいうとセイゴ級といったところか。
b0000168_20134429.jpg
スパニッシュマッカレル(?)。日本でいうところのサワラに近い種と思われる。45㎝くらいだったが、歯が鋭く16ポンドのリーダーを2度切られた。フライはサーフキャンディ。
b0000168_20134972.jpg
おなじみレディフィッシュ。これもまだまだベイビーといえる大きさ(40㎝くらい)だが、激しくジャンプして楽しませてくれた。これを釣った直後、大型のレディが50mほど先で跳ねたのを見たので頑張ったが、残念ながら何もなく終わった。
b0000168_20135216.jpg
フラットのエッジ周辺で釣りをしていると、一艇のボートが近づいてきた。私と同じようにフラットに下りて釣りをする人かと思いきや……まさかのシェリフ!(保安官)
「オイオイ、こんなところで何やってるんだ!?」みたいに話しかけてきたので、つたない英語で「フライフィッシングだよ、楽しいよ!」みたいに答えたら、わりと呆気にとられたみたいで(笑)。以下ざっとやりとり。

保安官「中国人か?」
私「日本人だよ、友人に連れてきてもらったんだ」
保安官「クレイジーだな(笑)。一応聞くがパスポートと(釣りの)ライセンスは持ってるか?」
私「ちょっと待って……。コレがライセンス(PCの画面をプリントアウトしたもの)で、パスポートはこっち」
保安官「(ライセンスの期限やパスポートの写真を確認して)……問題ないな。OK、OK、じゃちょっと釣って見せてくれよ」
私「え~、そんなん急にいわれても無理やで(日本語)」
保安官「HAHAHA、Enjoy fishing! Bye」
とかなんとか言って保安官は遠ざかって行きましたとさ。
b0000168_20135587.jpg
というわけで、約1年ぶりくらいに追記して更新した大海原ブログですが、まぁ気が向いたらまた何か書き込むこともあるでしょう。いや、書きたいことはあるんですよ。ウェーディングシューズについてとか、海外の流行とか、クロダイのこととかあるんです。あと長らく放置していたから分かるんですが、更新してなくてもよく読まれている記事ってのがあってですね、海用フライリールの話なんですけど、いい機会だからあれこれ書きたいなーと思っていたりもします。
ただ、なかなか時間がないのも事実でして、だからこその「気が向いたら」ということでご容赦ください。

近況はさすがに最近着る服がなくなってきた(笑)ので、スポーツジムに通いだしたり減量始めました。ようやくって感じですが、もうちょっとは釣りを楽しみたいですし。
どーでもいい話ですが、上の写真はその昔、まだ海運でハバナの葉巻がたくさん集まってきていたタンパ湾で葉巻を喫えて感無量の私です。アメリカとキューバの国交が回復することですし、これから海のフライフィッシングの世界も少なからず変化が起きるでしょうね。
2016年7月現在、悲劇的な事件が続いているフロリダ州ですが、私にとっては「あー、フロリダに移住したい!すぐしたい!」本気でそう思った旅でした。
それでは、また。


[PR]

by saltwater-ff | 2016-07-20 20:58 | 世界の釣り場から | Comments(0)
<< 出会いあり もうすっかりあれなんだよね >>