"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
岸から狙うクロダイのフライフィッシング Part2
 痛快ビッグダディって番組……ほとんど見たことないんですが、聞くところによると家族構成がとんでもなくややっこしい(夫1人妻2人に子供が12人!?)らしいですね。相続とかめちゃ大変そうだなーと思った男、saltwater-ffです。こんにちは。
 だってほら、ビッグダディの本が売れてるそうで、発売してすぐに12万部とか13万部っていう景気のいい数字が聞こえてきてます。お値段は1冊1050円。著者印税の相場ってだいたい6~8%なので、1冊あたり約63円(6%の場合)。10万部売れたら630万円。13万部なら819万円。8%だったら1092万円ですからね! 著名人やタレントの場合は、最初にに契約金やら何やらが上乗せされるケースもあるので、けっこうな金額が懐に入っちゃうのではないかと……。それに印税ってのは絶版しない限り(売れ続ける限り)支払われますからね。寝てるだけで入って来るお金なわけです。いやー、ダディが亡くなったら相続とか大変だろうなー。

 そんなことはさておき。今日は昨日更新できなかった続きをば。

b0000168_123179.jpg
 この2匹のうち、壁側にいるシロ(口のところに白い傷があるので)を観察……。目の前で繰り広げられた衝撃行動ですよ!



 デジカメのズームをMAXにして撮影しているので、ボケボケで申し訳ないですが……。


b0000168_12333321.jpg
 見えますよね? 逆立ちして底をガジガジやってます。HNKで見たのと同じような光景が東京湾でも! それも岸からほんの数十メートルのところで!

 ポイントの状況を説明すると……あんまり書けませんが、深さは1メートルくらいで、底は砂泥。干潮いっぱいからの上げ始めです。完全に干上がることはないポイントなので、テーリングは見られないのですが、ギラギラッと時折フラッシングするので魚影は確認できます。

 さらにもう一枚。
b0000168_12375041.jpg
 完全に逆立ち。そしてデカイww (尾ビレの先端がちょっとだけ水面から出てます)
 エラの広がり具合から、何か大きな物をボリボリやってるところなのかもしれません。大きめのアサリかヤドカリでも掘り当てたのかな? このポイントで5分間くらい逆立ちして食べ続けてました。

 今回、意図して「岸から狙う~」という記事タイトルにしたんですが、岸がエライとかボートはエラくないとか、そういう話をしたいわけではないんです。場所に上下というかこだわりを見出す方もときどきいらっしゃいますが、個人的にそんなのどーでもいいことだと思っています。それに細かいことですが堤防は岸じゃないですし、沖堤は陸続きですらないですし。地磯は岸といってもいいのかもしれないけど、やっぱり磯は磯だし。じゃ沖磯は? 筏は? 桟橋は? 中州は? 離島は?ってなるので、やめませんかそういうの。
 エライとかエラくないとか、いちいち気にして釣りしてられませんってば。それにフライフィッシングってそんなに底が浅い遊びじゃないと思いますし。私のこだわりをあえて書くなら「魚が釣れる場所で釣りたい」ですね。ま、ロマンとか夢とかも絡んでくるので、場所にこだわる方を否定するわけじゃないですけどね。

 なんじゃかんじゃ脱線しつつですが、それでも岸からこういうクロダイの姿を見られるポイントがあるってのは、めちゃくちゃ貴重だなーって思います。

 クロダイのフライフィッシング、特にフラットのサイトフィッシングは、各地で試行錯誤が繰り返されている現在進行形の釣りです。まだまだ未知の領域が大きいんで、少しでも観察や検証ができる場所と魚がいてくれるのは、大変ありがたいなーって。

 しかし白昼堂々、逆立ち食いし続けるってどんだけ図太いねん!って思ってシロ(画像のクロダイ)の目の前にフライを何発か落としましたが、完全無視……。
 えーい、こうなったら特大ワタリガニマーキンで勝負じゃ!!と、意気込んでフライ交換してる間にいなくなってました。チッ、殺気を感じ取られたか……。


 明日はクロダイの色のお話(妄想)のよてーです。
[PR]

by saltwater-ff | 2013-06-18 13:03 | ざっくばらんに | Comments(6)
Commented by ハイド at 2013-06-18 23:56 x
これ、このシチュエーション、このまんまの場所、私も2年通いました。
でもざんぱいです。
これ、なんとかならないのでしょうかね。
Commented at 2013-06-19 12:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saltwater-ff at 2013-06-24 13:46
ハイドさん>どもども。こんちはですー。
もしかすると同じ場所かもしれませんね。そしてみんな惨敗しているという……ww

でもって似たようなポイントって探せばあるもので、何カ所か見つけてますが、どうもうまくいきません。まだクリアすべき課題が多いんだろうなーと、悔しい思いですw
Commented by saltwater-ff at 2013-06-24 13:50
鍵コメMさん>どもどもー!
餌生物の観察って、フライの場合は特に重要だと思って取り組んでますが、まさかそんなモノまで食ってるんですか。鮭鱒類なのに!!ww

効率よくたくさん高い栄養価が摂取できれば、魚にとっては文句なしですもんね……ちょっとびっくりでしたが、テスト釣行の結果を楽しみにしています!
Commented by ハイド昼休み at 2013-06-25 12:20 x
ちなみに、岩ガニの落とし込みの餌釣りおじちゃんは・・・、5分間隔で50cm前後、入れ食いでした・・・・。クランクベイトのルアーマンも3本ほど・・・。フライ・・・限界かなあ・・・って思ってしまった次第です。
Commented by saltwater-ff at 2013-06-28 18:43
ハイドさん>どもどもー。
エサ最強神話は健在ですなぁ~。やはり生モノには敵わないのか!?
で、ルアーは……クランクベイト??  リアクションでしょうか……??? よくわかんないけどスゴそうですね。

フライは……今度チヌダンゴ入れてみましょっか(笑)
<< 黒くないクロダイだっている 岸から狙うクロダイのフライフィ... >>