"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
芝生の上の海フライ
 2月も半ばを過ぎまして……早いところでは渓流解禁しましたねー。フライ関連のブログやFacebookのお友達の活動を拝見していると、各地でざわざわしてきてるのがよくわかります。今年はどんな釣りが待っているでしょうか。何にせよケガや事故がなく、楽しめればいいなーと思っている男、saltwater-ffです。こんにちは。
 海のフライフィッシング的にもあちこちでいろんな活動をされている方が多いんで、2月といえどさまざまな情報が飛び交ってて気が抜けません。まー、今シーズンも相変わらずだとは思いますが、自分なりに楽しんでいきたいと思います。

 で、シーズン前のお約束。キャスティングスクールへ参加させていただきました。今回は釣道楽屋サバロさん主催の小野さんスクールです。
 過去に小野さんスクールには何度か参加させていただいているわけですが、今回は乱れまくったキャスティングを正す目的でお願いしました。私の場合、実釣ばかりしてるとフォームやタイミングがどんどん乱れてくるので、一年に数回、調整を兼ねてスクールに参加させてもらっています。そして実は今年初めてフライロッドを握るわけで……。全然釣り行ってないと筋肉や体の使い方なんかも忘れちゃってますからね。そういうのも込みで一切合財を小野先生に丸投げ~! って、こんなわがままなリクエストに応えてもらえるのって幸せなことです。
 そして、今回の主催は釣道楽屋サバロさん。ということは皆さんご存じ、世界のEIZO大名人も!! 海のフライフィッシング好きにとっては、なんつーデラックスな組み合わせ! マツコデラックスと3サイズがほぼ同じの私もびっくりでんがなまんがな。

というわけで、しょっぱなからドン!
b0000168_1251219.jpg
 大名人、寒さもへっちゃら!余裕のスマイルであります。
b0000168_1255124.jpg
 緑のジャケットのお方は今年1月にルイジアナでレッド&ブラックドラムをしこたまC&RしてきたSせんせー(何の先生かは内緒!)。この日はあいにくの強風でしたが、それにも負けない力強いループを投げてらっしゃいました。
b0000168_12582683.jpg
 こっちはサバロ店長のSさん。そういやフローティングラインをキャストしてるところ初めて見ましたよ……。TBSFTではシンキングラインを投げてるとこしか拝見してなかったので、実に新鮮(笑)。前後ともベリーが下がりすぎない、いいキャストを繰り返されてました。さすがですなぁ~。
b0000168_1314921.jpg
 もちろんEIZO大名人も真剣にキャスティング練習されるのであります。世界のあっちこっちでいい魚いっぱい釣ってきてるのに、まだまだ練習するこの姿勢たるや、後進の我々が一生かかっても追い付けません。

まさに、
た・す・け・て・く・れ~!(c)EIZO大名人
なのであります。

b0000168_1365450.jpg
 そうそう、イクシーク・フライロッドの試投もさせてもらえました。画像はEIZO大名人の908。イクシーク・フライロッドを振るといつも思うことですが、グリップってえのはめちゃくちゃ重要ですね。自分に合わせて削る、盛るって作業をおろそかにしちゃいかんと思いました。
 この日は高弾性カーボンを使った新作の9010も振らせていただいたのですが、こっちはおっそろしいほど鋭いループが飛び出す驚異のフライロッドでした。求められるリストパワーも半端ないですが、使いこなせれば、ちょっとやそっとの風ではビクともしないループを投げられると思います。


 で……、当日の私の課題というかクセというかは以下の通り……。
●ヒジが上下動してるので平行に
●フォワードキャストの加速タイミングが速い。初動が速い→初動はややゆっくり&ジェントルに。中盤(体の真横辺り)以降で加速するように
●シュートの射出角の調整。上下に散らばっているのをなるべく一点に集める

 それぞれに対策と練習で注意すべきことをいただき、実際に意識して反復練習すると、自分でも不思議に思うくらい改善が見られました。やっぱこういうのがスクールに参加する醍醐味ですよねー。とはいえ完全に習得できたわけじゃないので、タイミングや感覚を体が覚えているうちに復習しておかないと。
 
 そしてそして、サバロさん主催のスクールならではというか、EIZO大名人のファンサービスというか、サイトフィッシングのキャストテクニックやリトリーブ、海外のフィールド事情などのお話も! この話を聞けただけでも、寒風吹きすさぶ中がんばった価値は十二分にあったと思います。次回開催は未定ですが、興味のある方はぜひオススメしますよ!


b0000168_13153693.jpg
 最後は……EIZO大名人が「しょうがねえなあ~」と言いつつ教えてくださった、サイトフィッシング時のフライとリーダーとラインの持ち方。

「ターポンはこう持つのでいいんだけどよ、パーミットはよぉ、(リーダーが)短くても13~14ftになるからな。こういう風に持つのがいいんだよ! これなら魚を見つけてイチ、ニでシュートできるし、いいよな~。でも(魚の視界に)落とせなきゃアウトだからな、練習するんだよ! わはは」
 




 あー、もう、私も練習しますよっ!!
[PR]

by saltwater-ff | 2013-02-18 13:49 | ざっくばらんに | Comments(0)
<< Delusion. TO DO LIST >>