"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
TUFFLEYES is compared with the ClearCureGoo. Part2
 昨日、帰り道でiPhone5買うかどうか考えてたら、いつの間にか予約申し込みを済ませてしまっていた男、saltwater-ffです。こんにちは。「11月30日までだと安くなるんですよ!」が殺し文句だったのか、まー、あまり深く考えなかったので、あとあと失敗だと思うかもしれないです。
 iPhone5ってモデルチェンンジするたびに大騒ぎになるんで、その様子を見て内心イラッときていたわけですが、いざ自分が買うとなるとワクワクしてくるから勝手なものですね。フライフィッシングにおいても、あの釣り方は気に食わん……、あのフライはなんかキライ……とか思ってる方がいらっしゃるような気がします。でも実際自分で試してバカ釣れだったりすると「こりゃもー最高!」ってなりますからね。偏見というか食わず嫌いはもったいないなーといつも思います。ま、遊びなんで食わず嫌いでも全然OKなんですけどね。


 さて本日はタフフライとクリアキュアグーの比較、その2です。

b0000168_135337.jpg
 LED球がいっぱいだと、なんかハチの巣みたいでぞわぞわしてきますね。きませんか?
 今回はライト照射しますよ! デュワッ!!

---------------------------------------------------------
フライ!エライ!オスシ!キャンペーン開催中!!
くわしくはこちらへ

---------------------------------------------------------




 はい、まずはタフフライから照射~。どのくらいの範囲を照らせるか、今さらですが試してみました。対象物は我らがポポヴィー御大の『PopFleyes』。いわずと知れた聖典でんがなまんがな。照射距離はおよそ70cmです。
b0000168_1518561.jpg
 まずはタフフライ(以下TF)。本の右下がテカってますが、ここにだけライトがあたってるというわけではなく、ぼやーんと全体的に照らしてる感じです。
 本との距離を離せば離した分だけ照射範囲が広がります。これはたぶんLED球が大きいせい。広範囲をまんべんなく照らすのに適しているようですね。



b0000168_15191981.jpg
 本なしで照射範囲だけをチェックするとこんな感じです。わりと広いっしょ。



b0000168_1519812.jpg
 続きましてー、クリアキュアグー(以下CG)です。TFと同じ条件ですが、明らかに照射範囲が狭いです。でもって、光の色が紫がかってます。TFは青色の光なんですが、CGは明らかに紫色が強いです。おそらくこの色の差(波長?)が樹脂を固める大きな要素なんじゃないかと思いますが……、おっと!樹脂の違いによる比較は後ほど。



b0000168_15192544.jpg
 でもってCGも本なしの状態で照射。明らかに光の範囲がTFよりも狭いです(距離は同じ70cm)。広範囲を照らすのには向いていない反面、一定範囲をしっかり照射し続けるのには適しているようです。



 照射範囲の比較はここまで……と言いたいところですが、ちょい待ち! 普段私が使っているTFはこの照射範囲にあらず! というわけでチューニング版(?)の照射範囲も比較しときましょう。

b0000168_15384558.jpg
 これがチューニング(?)を施したタフフライのライトです。このチューニングのアイデアは、皆さんおなじみ!?沖縄の 変態 触れると怪我するゼ!なジャックナイフ野郎、tpbum氏によるもので、35mmのフィルムケースの底を切って、TFの先端にスポッとはめるだけ! 超簡単! どういう偶然か、TFの先端はフィルムケースの径とぴったり合うっていうスンポーです。これであの変な赤いペラペラのセロハンとおさらばできるのです(自己責任で)。



b0000168_15425673.jpg
 前からのぞくとこんな感じ。フィルムケースの内側には銀色のテープ(キッチン用のアルミテープ)が貼られています。これにより、拡散しがちなTFの光を集中して浴びせることができるようになっています。なるほど、ジオン驚異のメカニズム! tpbumさん、まじエロイ! エライ人にはそれがわからんのです!



b0000168_15452867.jpg
 聖典へ距離70cmで照射。ほらね、さっきより光が収束してます。



b0000168_15454113.jpg
 聖典なしでも照射。拡散していた光が集まることで、気持ち光量がUPしているような……。TFの会社はこれマジで製品化した方がいいと思いますよ。


 次回はいよいよ核心(?)の樹脂硬化について。お待たせしてさーせん。
[PR]

by saltwater-ff | 2012-10-16 15:51 | 道具のこと | Comments(0)
<< はしれ黒鯛くん! TUFFLEYES is co... >>