"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
帰って来た黒豚迷宮
 まんべくん散る……か。ご当地ゆるキャラブームの徒花としてはちょうど潮時だったんじゃないかと思う男、saltwater-ffです。あっちこっち飛び火して大変ですねこんにちは。
 9万以上のフォロワーを有し毒舌キャラとして認知されていましたが、やはり内心は海鮮食材の限界を感じていたんでしょうか。ま、わりとどうでもいいですが。


 このところ続いていたHNKがらみのネタ連投も一段落。本日はクロダイの生息数ならHNKに勝るとも劣らない東京湾で、クロダイのサイトフィッシングが可能かどうかの検証レポート第一弾。
 例によって長いので、続きは下のRead moreからどうぞ。


b0000168_12211134.jpg
 注意されんでもわかっとるわいwww





 で、ですね。のっけから書いちゃいますが、東京湾でクロダイのサイトフィッシングができそうな場所を何か所か見つけました。そのうちのいくつかのポイントではクロダイと思しきテーリングも確認済み。ただし、ポイントまでのアプローチが限定されていたり、人通りが多い道路に面していたりで、実釣にこぎつけるのがなかなか難しいのです。
 そんな折り、水道橋系毛鉤釣りシンジケート「世捨て人倶楽部」の某氏より有力なクロダイ目撃情報を聞き、さっそく出撃してきました。
b0000168_1220676.jpg
 真夏らしく青い空に入道雲がムクムク成長中。怖いから雷ゴロゴロはやめてー。



b0000168_12202359.jpg
 タイドグラフを参考にして干潮の前後を狙います。状況は微風&凪でいい感じ。情報によればここいらのシャローにクロダイが入って来るはずですが……。
 このあたりは東京湾の中でも特に濁りの影響を受けやすい場所。透明度は約10cm! 水中の様子なんぞまったく見えません! 期待はテーリングのみ。


 これから書くのはあくまで私の仮説ですが、東京湾でシャローに入って来るクロダイは、非常に少ないんじゃないかと思います。

 その理由は……
①東京湾という海域にはシャローが少ない(埋め立てばっかり)
②わざわざシャローに来なくてもエサがいっぱいある
③プレッシャーが異常に高い
④実はいっぱいいるのかもしれないけど、見えない&わからない

 まず①ですが、ご存じのとおり東京湾の干潟や渚はほとんど埋め立てられてしまって、大規模なシャローは数えるほどしか残っていません。フィールドが減ればそこで暮らす生物も減るのは当然のことなのでこの話はここまで。

 次に②は先日のHNK釣行で気づいたんですが、HNKは広大な汽水域という環境のせいか、東京湾でよく見かけるイガイ(カラスガイ)の類をあまり見かけませんでした。そしてHNKのクロダイの主食はヤドカリ類や二枚貝類、カニ類、エビ類とのこと。イガイが胃袋から出てくることはほとんどないそうです。替わって東京湾のクロダイはイガイが大好き。あちこちの構造物にはイガイがしこたま生育しています。わざわざ危険を犯してシャローに行かなくてもエサがいっぱいある状態といえます。
 HNKのクロダイは浅いシャローを右へ左へさかんに動きながらエサを探しているせいか、水底を横に動くものに強い興味を抱きます。一方、東京湾のクロダイは水平に動くものよりも縦に動く(落ちる)ものへの関心が強く、今のところフライをフォールさせて狙うことが一番有効なメソッドになっています。
 ま、早い話が食性が違うからシャローに入って来るクロダイが少ないってことですね。 (´・ω・`)ショボーン

 ③は言わずもがな。シャローは基本的に人が進入しやすい場所なので、釣り人をはじめ大勢の人でにぎわいます。昔干潟だった場所を埋め立てて造成した親水公園は、バーベキューや日焼け目的で訪れる人がいっぱい。またバードウォッチングで有名な谷津干潟やあちこちにある野鳥公園の多くは釣り禁止です。
 ラムサール条約で立ち入りが禁止されている東渚ですら、その目の前の海をジェットスキーやプレジャーボートがバンバン走り回っているという現実。工業地帯にある猫の額ほどしかない人工渚に、自然漂着したアサリがわずか数日で掘りつくされるほど大勢の人が押し寄せる……これらの事象から考えれば、警戒心が強いクロダイが簡単にシャローに近づいて来ないのは当然といえば当然なのかもしれません。
 裏を返せば、だからこそボート等でしか行けない某シャローフラットには期待が高まるわけです。

 そして④です。東京湾の水質は1960~70年代に比べてキレイになったといわれていますし、実際にそうなのでしょう。しかしキレイ=透明度が高いとは言い切れないのが海です。東京湾の海水は超富栄養化しているため、プランクトンがいっぱいで濁り気味です。だから魚の影を見つけにくい! おまけに砂の色は黒! これじゃクロダイがシャローに来ても発見するのは至難の業。テーリングすれば一発ですが、そんなにテーリングしまくりの状態に遭遇するわけありません。
 でも淡い期待を込めて書くと、クロダイがシャローに来ているかどうかを気にして海へ通っている釣り人も少ないでしょう。だからわからない。もし見つけることが出来たらパラダイスかもしれない。ウハウハでバホバホでミッチミチでうぉぉぉ!かもしれない。ミチミチウォッチングかもしれない!

 ま、検証するためにこれからもヒマを見つけて通おうと思います。すっかり変態紳士なので、こういう探索するのが楽しいんです。あ、お好きな方はご一緒しましょう。情報共有歓迎~。有力情報求ム!(笑)



b0000168_12203131.jpg
 で、話は戻って。近くではルアーマンがバイブレーションを大遠投していますが、まったく反応がない様子。そういえばバイブレーションプラグのことをバイブって略するようになったのっていつ頃から? なんかヤラシイわ~。って、思う方がヤラシイですかそうですか。



b0000168_12204560.jpg
 ドピーカンの炎天下の下、3時間ほどシャローを観察し続けましたが、時合いと思える干潮時間帯にテーリングは現れず。大汗かいていいダイエットになりました。え、なんか目的が違う? いいんです。何でも自分に都合がいいように考えるタイプなんで。
 この日のタックルはScottのS4s908-4。ワンチャンスの釣りなので、素早いキャスト&アキュラシーを考えると、どうしても#8より下には落とせません。ソフトプレゼンテーションを重視するなら#6くらいに下げるべきとは思いますが、風が強いこともあるしなぁ~。主戦距離が15~20mなら#6でもいいけど、20m超えると私のキャストスキルでは厳しいっす。
[PR]

by saltwater-ff | 2011-08-17 13:52 | 戦いの記録 | Comments(6)
Commented by matt at 2011-08-17 14:14 x
大阪湾では去年あたりから高水温でイガイが落ちて食性が変わってきているようです。ポッパーゲームが成立する要因にもなっていると思うのですが、シャローにも変化があるのではと密かに期待中。(^_^;) 頑張ってウハウハポイントを開拓して下さい。
Commented by tpbum at 2011-08-17 17:11
ダンジョン徘徊乙です。
クロダイは至る所でいろんな食性を見せるんでオモロイですよね~
ストマックポンプを導入したいんですが、噛み砕かれる恐れがあるのでなんか良いモンないですか?
Commented by hibi at 2011-08-19 20:43 x
深場が絡む(続く)シャローで
潮通しがよく
ゴロタがある
のが,こちらで成立するキーワードかなあ
と考えながら,早4年・・・まだ確立できてません(泣
東京湾開拓,期待しております!
Commented by saltwater-ff at 2011-08-22 16:55
mattさん>どもですー。
今年の大阪湾もぼちぼちポッパーで釣れ始めたみたいですね! 近いうちに挑戦したいと思ってます。
シャローもきっと変化あると思いますよ~。東京湾のウハウハはまだちょっと遠そうです……。
Commented by saltwater-ff at 2011-08-22 16:58
tpbumさん>はい、どーもー。
ダンジョンというか、今はまだ迷宮の入口を探してる感じっすねw
ストマックポンプは、醤油チュルチュル+水道用ホースとかじゃだめですかね?
工作が得意なtpbumさんならできる!! そしてうまくできたら教えてください!
Commented by saltwater-ff at 2011-08-22 17:04
hibiさん>こんちはー。
深・潮・ゴ・の・と・東……。シンチョウゴノトトウ……慎重、5のTOTO……。ハッ!! TOTOカルチョ、慎重に5を狙えという暗号ですね!

って、タテ読みかと思いましたよ。

なんか各地発信で、FFで狙うクロダイの地域差をまとめられたら面白いなーと思ってます。こーいうのもインターネッツの醍醐味かなーと。
<< 沖縄海フラ大宴会2011のお知らせ ホテル暮らしのユゾエッティ >>