"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
HNKのあるき方
 株価急落~、もっかい円高~、いまのうちにBear'sDenの決済が終わることを祈っている男、saltwater-ffです。こんにちは。

 これだけ円高だと、送料払ってもお得になってきますからねー。ま、私の場合は保証とか関係ないマテリアルや国内でほとんど販売されていないフライラインとかがメインですが。しかし海外通販も楽ちんな時代になりましたねー。10年くらい前はカベラスやバスプロショップスといった通販大手でも、届くまでけっこうな時間や手間がかかりましたが、今やオンラインで全部OK! クレジットカードさえあればクリック数回とちょっとした文字入力だけですもんね。すごい時代になったものです。


 さて本日はお待たせしました。連日アツい釣果がビシビシ伝わってきている、HNK(浜名湖)のサイトフィッシング情報です。

 すでに何回か行ったことがある方はご存じですが、すぐにでも行きたい! 来週行こうと思っている! という方への事前情報です。

 長くなるので続きはRead moreで。
b0000168_1765433.jpg




 というわけで、先日のHNK釣行の際にガイドをしていただいたTEALの杉浦雄三さんに、HNKのサイトフィッシングについて、あれこれうかがってきました。これから釣行される方の参考になれば幸いです。



【概要】
●シーズン
 HNKのサイトフィッシングはおおむね6月から始まり、9月末まで。月を追うごとに型が良くなる傾向があり、6、7月のアベレージが35~40cmなのに対し、8、9月では45cm以上になることもしばしば。ま、当然大きい方がテクニカルになるわけですが。
 また晴天、微風、水の透明度が重なると、とんでもなくラッキーな状況になるそうです。潮回りはあまり急激に動く大潮よりも、緩やかに動く小潮の方がいい結果になることが多いとのこと。

●対象魚
 HNKのサイトフィッシングのメインターゲットはクロダイです。他にシーバス、キビレ(キチヌ)がヒットすることもあります。杉浦さんいわく、キビレはわりと釣りやすく浜名湖での最初の1匹におすすめとのこと。ただしポイントはシャローフラットではありません。ほかに急に青物(ワカシ)のナブラが起つこともあるそうです。

●フライフィッシングでの狙い方
 シャローフラットでは餌生物を捕食している、もしくは餌生物を探してウロウロしているクロダイを見つけ、ウェーディングして狙います。またカキ棚などのストラクチャーをポッパーで攻めるトップウォーターの釣りもあります。こちらはボート上からになることが多いです。

b0000168_18131263.jpg


【タックル】
●ロッド
 #8を基本に#6~9を好みで使えばOKとのこと。ラインはフローティングで、先端がクリアになっているものか、全体がクリアになっているものがベスト。できれば2タックルあると、とっさの状況に対応できるので便利。
 ご承知の通り、海のフライフィッシングは風がつきまといます。クロダイを発見してキャストする距離は、おおむね20メートル前後になることが多いので、多少の風でもしっかりキャストできるタックルで臨まれるほうがいいでしょう。ツーハンデッドロッドは適しません。

●リール
 海用でラインが収納できるものであれば問題ないでしょう。フラットを走り回るとはいえ、一気に100メートル以上も走る魚じゃないのでご心配なく。場合によってはクリックリールでもたぶん大丈夫。使用後の塩抜きは十分行いましょう。

●リーダー
 市販品の9フィート、0Xの先端にフロロ2.5号を30~40センチとかのお手軽リーダーでいいです。もちろんIGFAルールにのっとったラインシステムもOK。

●フライ
 主にフラットに生息する餌生物を模したパターンが有効。クレージーチャーリーやマーキン・クラブ等のボーンフィッシュ、パーミット用パターンの流用でも釣れるそうですが、より反応がいいのは、先日紹介した杉浦さん考案のクラブハウスや小さなカニ系フライだそうです。杉浦さんにガイドを依頼すると、大海原では紹介していないスペシャルフライも使用できます。フックサイズは管付きチヌの7号。フライの大きさは3cmくらいが標準です。

b0000168_18133064.jpg


【装備】
 フラットの釣りを快適に行うには、もしかするとタックルよりも重要かもしれないのがシューズやウエアといった装備品です。

●服装
 日焼け上等!な方もいらっしゃると思いますが、疲労軽減&怪我防止のためにも長袖、長ズボンが好ましいでしょう。速乾性のドライシャツ、ドライパンツが便利です。最近はSimmsやpatagoniaといった海フライマン御用達ブランド以外にもモンベルやリトプレ等からいろいろ出てますし、1枚あると何かと便利です。
 ちなみにウエーダーはよほどの低水温じゃないかぎり履かないそうです。そして低水温期はサイトのクロダイはほぼ成立しないようです。
 また近年急速に愛用者が増えているBUFF等のフェイスガードも紫外線対策に有効です。耳の後ろや首筋といった比較的弱い皮膚をガードできるうえ、水に濡らして着用することでクールダウンできます。
 偏光グラスは必須装備のひとつ。ユニクロとかで売ってる安いヤツでいいので、できればグレー系とブラウン(コパー)系の2色のレンズカラーを用意しておきましょう。これは天候に合わせて使い分けることで、より魚を視認しやすくなるからです。使い分けは晴天=グレー系、曇天=ブラウン(コパー)系と覚えておくといいでしょう。ツバの長いキャップと併用することで、サイトフィッシングがより楽しいものになります。本気でハマっちゃう人は、スミスやマウイジム、タレックス、ピルキントン、サイトマスターといった高性能偏光グラスをぜひ。

●シューズ
 ふだんお使いのウエーディングシューズにソックス+砂の浸入を防ぐスパッツを付ければ大丈夫。フラット専用のシューズも出てますが、まぁそのへんはお好みで。ほぼ1日中、あちこち歩き回る釣りなのでシューズだけは自分に合った歩きやすいものを選びましょう。渓流のようにヘツリ、高巻きはありませんが、慣れていない方にとって砂地は結構歩きにくいです。
 ひと口に砂地といっても、固くて歩きやすいところ、流されてきたばかりでフカフカのところ、潮の流れでどんどん足が砂に沈んでいくところ、ウィードだらけのところ……などに加え、割れた貝殻があちこちにあり、またガラス片などが落ちている場合もあります。私は過去にクロックスもどきやナイキのアクアソックで行ってカニに足を挟まれたり、割れた貝殻で怪我をしたり、さんざんな目に遭いました(ナメすぎだっての!)。

●ウエストバッグ的なもの
 ボートから離れて魚を探すため、フライボックスやリーダー、貴重品を持ち歩くことになります。ウエストバッグなのでウエストに装着される方が多いと思うのですが、ベルトを緩めにして肩にナナメ掛けするのがおすすめです。その理由は、ウエットウエーディングで腰上まで浸かることがあるからです。利き腕と反対の肩にナナメ掛けすれば、キャスト時も邪魔にならないし、バッグの中身を出し入れするのもクルッと回転させれば胸のところで楽に作業できます。そりゃ、おめーが太ってるからだとか言わないの(笑)。
 最近は防水ジッパーを使ったドライタイプのウエストバッグもありますが、私は過去の経験からあまり信用してません! バッグの中で濡らしたくないもの(サイフやケータイやクルマのカギ)は、念のためジップロックに入れてます。

●ラインバスケット
 使うかどうかは、個人の好みでいいと思います。ないよりはあったほうがシュートが安定するし、いざとなれば魚を入れて記念写真も撮れます。でも炎天下をうろうろしまくる釣りなので、歩いてると「正直うぜえええええ!!!!」となるかもしれません。なので好みで。

b0000168_18134840.jpg


【ガイドサービス】
 現在、浜名湖でサイトのフライフィッシング専門でガイドサービスを行っているのはTEALの杉浦雄三さんだけです。また名古屋のフライショップ・ワチェットさん、加藤毛ばり店さんではサイトフィッシングのスクールやイベントを行い、多くのアングラーが浜名湖で一喜一憂しています。
 浜名湖は自由に釣りができるフィールドですし、多くのフライフィッシャーマンを受け入れられるキャパを持っています。だからと言って、ひょいと行ってすぐに釣れるほどイージーな釣りでもありません。このフィールドを開拓し、メソッドを確立してきた彼らの努力と情熱を忘れてはいけないと私は思います。
 ま、かいつまんで書くとHNKに行くならフィッシングガイド頼みましょうよ! っていう話と、どうせ頼むなら杉浦雄三さんがベストですよ! という話です。
b0000168_12215411.jpg
 ハンパなく場数をこなしているガイドだからこそのカッチョいい写真も撮ってくれます。すごい! 当社比1.5倍くらい大きい!!

 ちなみに杉浦さんはThomas&Thomas社製以外のロッドでも、ちゃんとガイドしてくれるのでご心配なく(笑)。
[PR]

by saltwater-ff | 2011-08-09 17:56 | ざっくばらんに | Comments(4)
Commented by こばへん at 2011-08-11 02:05 x
楽しそう!釣れって、いや連れてってください!まじで
Commented by kingfisher_ike at 2011-08-13 23:44 x
とても参考になります。写真の様な黒銀の狼のような奴と勝負したいものです(笑)
Commented by saltwater-ff at 2011-08-17 17:08
こばへん様>どもですー。お忙しそうですね。
連れてくのは簡単ですが、釣れるかどうかは運&腕しだいです。まずはキャス練がマストです。マストドンです!
Commented by saltwater-ff at 2011-08-17 17:10
kingfisher_ikeさん>どもどもー。
ぼちぼち北の大地でしたっけ?
黒銀の狼、東京湾でも何とかしたいっすねぇ~!! いや、世捨てパワー結集して何とかしましょう!!
<< ホテル暮らしのユゾエッティ 2011 summer HNK >>