"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
第24回TBSFT 参戦レポート
 夏の疲れが今頃になって出てきている男、saltwater-ffです。こんにちは。
 ここんところ関東地方もめっきり涼しくなっておりますが、夏のハードワークの疲れか、いまいちテンションが上がりきらない日々が続いています。本当なら秋イカとかイイダコとか、クロダイ追い込みとか、あれこれ釣りに行きたくなる要素が増える時期なんですが、週末の連休も体力回復につとめようかなーなんて。ま、そんなこと書きつつ10日は海に出るわけですが(笑)。

 さて、本日は10月3日(日)に開催された第24回トーキョーベイ・シーバス・フライフィッシング・トーナメントの参戦レポートをお送りします。

 といっても、そんなに書くことないんですよね……。その理由は秋、10月とは思えないほどシーバスの姿が見えないんです。結果を見れば明らかですが、今回の大会にエントリーした選手10名のうち、3匹のリミットを達成できたのは4人だけ。1匹のみの人が2人。ノーフィッシュで終わった人が4人。その中には世界のEIZO大名人や過去のTBSFTで最大魚(80cm)をC&RしたMさんの姿も……。全員でのC&R数は18匹……。
 例年であれば1人で18匹C&Rしてもおかしくないんですが、今年はどういうわけか激シブな状況なのでした。

 私も例によって前日の土曜日にプラを行ったんですが、めぼしいポイントを回ってチェックできた魚はほんの数匹。勝負所にできるポイントも見つけられないまま、これじゃリミット3匹揃えるのも厳しいんじゃないか??? という感じでした。
b0000168_1364739.jpg
 しかし朝は無情にもやって来ます。スタート地点の大師運河出口から、各ボートがあっちこっちへ向かって走り出します。いつもなら3方向位に分かれるんですが、今回はどのチームもポイント選定に迷いがあるのか、沖の千葉方面へ走ったり、今来た京浜運河を戻ったり、羽田方面へ向かったり、スタート地点付近にとどまったりと、てんでバラバラな感じ。うちは……イチかバチか、多摩川河口へ向かうことにしました。

 思えば多摩川河口は昨年の秋のTBSFTでも苦戦を強いられたポイント。プラでチェックをしたわけでもないですが、もしかすると魚が入ってきているかも? というシークロOキャプテン野生のカンを信じて目ぼしい場所を探りますが……なにもなし。
 この日はちょうどソコリからのスタートだったので、全般的にポイントが少なく苦戦したのですが、ここは! というピンポイントでイワイミノーにヒット。開始後、約40分でC&Rしたシーバスは50.5cm。同ポイントで続いて10分後に43.0cmをC&R。厳しい戦いを覚悟していたので、この2匹は予想外にうれしい釣果でした。
b0000168_14425018.jpg
 澄み潮&低潮位でポイントが限定される中、イワイミノーに出た貴重な50UP。着水後、リトリーブし始めてすぐに食ったので、ストラクチャーぎりぎりに着いていた魚と思われます。
b0000168_1443345.jpg
 続いてうれしい2匹目。サイズダウンしたものの、早い時間に追釣できたのはうれしい限りでした。


 できれば3匹目もここで……と粘りますが、太陽が高くなるにつれて活性が極端に低くなったようで、キャッチに至った2回のバイトの他には、1回反応があっただけ。このポイントの時合いは終わったと判断し、昨日のプラでチェックしていたポイントへ移動します。
 まぁすでに2匹C&Rしてるし、昨日チェックしたポイントであと2~3匹は釣れるだろうとタカをくくってましたが……それが大ハズレ!! 今回ブツ持ち写真がないのは、もっと大きい魚を後で獲るつもりでいたからです(笑)


 で、移動した先での反応はほぼ皆無! OH MY GOD!

 トップはもちろんシンキングラインでも何もなし! ベイトは相当数いるんですが、肝心のシーバスの姿がまったくありません。
 あっちこっち攻めまくりますが、どこもかしこもスッカラカン! あるポイントでは無数のシーバスの群れを4~5m下に目視で確認(つまりそれだけ澄んでるってことなわけです)しますが、例によって背びれも胸ビレもペターっと畳んで、エラぶたもわずかしか開いていないヤル気ゼロモードのシーバス様。ゆうに70cmを超える個体も確認できましたが、普通のサフキャンやエンリコには見向きもしないのは百も承知。そこで乾坤一擲、こういった局地戦用に巻いたスペシャルフライを投入すると、ワラワラ~と後ろをついてくるのが1~2回。思いっきりロングキャストで気配の届かないポイントへ入れると、たった1回だけガッ!という反応がありましたが、残念ながらフッキングには至らず……。




まさに

た・す・け・て・く・れ・~・!
(C)EIZO大名人

状態。




 ここで続けても時間を浪費するだけなので、移動しながら少しでもフレッシュなポイントを叩いて回ると、ようやく、本当にようやく、サーフキャンディーにヒット! 43.5cm! リミット達成!!
b0000168_15284273.jpg
 めちゃくちゃ苦しい戦いでしたが、なんとか3匹をC&Rしてリミット達成。残り時間は1時間ちょい。最後の一発大物に賭けて大きく移動~! 狙いのポイントへ行くとぉ……先にICFC乗船のMさんが~(笑)。
 



 5時間投げ倒し、引き倒してアタリというか、もわ~んとしたのも含めて、シーバスの反応はたったの6回! マジで6回っきりですよ。なんとかその半分のシーバスをフッキングしましたが、これは運がいいのか悪いのかわかりません(笑)。

 ま、百万回わかってることですが、こういうのも含めて大会ってわけなのですな。




 結局、ギリギリ3匹を揃えたものの、スコアは50.5、43.5、43.0で137ポイント。3位のサバロ店長Sさん(138ポイント)と1ポイント差で4位!!!! これまたクヤシー!!!!

 本当に例年にない厳しい惨憺たる結果ではありましたが、それでも善戦できたのはシークロOキャプテンのサポートのおかげだと思います。

 そして優勝したシノ王子、おめでとう! 厳しくてもしっかり釣れる魚を釣って数を伸ばしたところと、ヤル気のある魚がいるポイントをちゃんと押さえていたのが勝因でした。次はディフェンディングチャンピオンとして頑張って!



【大会リザルト】
優勝 シノフェル王子    164ポイント(64.0、50.0、50.0cm) パラスFGS乗船
2位 Aさん      144ポイント(48.0、48.0、48.0cm) シーマン乗船
3位 サバロS店長  138ポイント(49.0、46.0、43.0cm) シーマン乗船
4位 saltwater-ff  137ポイント(50.5、43.5、43.0cm) シークロ乗船
5位 レフハマっちょ 51ポイント(51.0cm) シーホース乗船
6位 Kさん      23ポイント(23.0cm?) ストライカー乗船 ※リミット外、参考記録

以下ノーコンテスト 

BIGFISH賞 64.0cm シノフェル王子
最多C&R賞 6匹 シノフェル王子

■協賛スポンサー
株式会社シマノ、株式会社モーリス、株式会社がまかつ、株式会社ティムコ、株式会社ザップ、株式会社イクシーク、株式会社天龍、株式会社スミス、富士工業株式会社、ティカジャパン株式会社、株式会社フルックス、テヅカ・アートクラフト、株式会社マーヴェリック(順不同)
[PR]

by saltwater-ff | 2010-10-07 15:38 | 戦いの記録 | Comments(0)
<< あっちこっちで釣りの話題 第24回TBSFT 結果速報! >>