"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
その時、あなたはどう思うでしょうか。
 話題の3Dテレビ……。こないだ仕事がらみで視聴して、酔っぱらったみたいになった男、saltwater-ffです。こんばんは。
 赤と緑のメガネをかけて観る3D映画とかは平気なんですが、P社のメガネは目の前でシャッター幕のようなのが終始パタパタ動いてて、ごっつい負担を目に強いてるような……。疲れ目の方はご用心。


 さてと。本日はこないだのエントリーについてセルフカバー。

 書くかどうか大いに悩みましたが、事実は事実としてお伝えします。












 先月末のyahoo!ニュースより

半世紀ぶりにアサリが戻って来た!
b0000168_17295994.jpg

記事詳細はこちら











たった1週間で壊滅状態!!
b0000168_17301372.jpg

記事詳細はこちら

おせーよ行政

しかも1人2キロまでって……規制ゆるすぎ。また2万5000人来たら50トンだよ。

※ちなみに「かわさきの浜」は、撒いたアサリを掘るタイプの潮干狩り場ではありません。天然です(一応)。
 
 工業地帯の汚れた海水をガンガン浄化してるアサリなんて、ケッ! と思うかもしれませんが、そう思わない人々もとてつもなく大勢いるのです。悲しいけど、これが現実。





 こんなに獲れるなら、自分もアサリ掘りに行けば良かった。

 隣の人、すごいアサリの量! うちも同じくらい持って帰っていいっしょ。

 タダで美味いアサリげっとん! 遠慮なんかするか、笑い止まらねぇよ!

 この浜で壊滅状態でも、アサリなんか他でも獲れるもんね


 とか思うかもしれません。





 でもちょっと待ってください。

 上の文章の「アサリ」をあなたが好きな、あなたがこれからもずっと釣って、楽しんでいきたいと思っている魚の名前に変えてみてください。シーバス、メバル、ボーンフィッシュ、カジキ……なんでもいいです。

 あなたが大好きな釣りの対象魚を狙って、スポーツフィッシングの精神やら、自分が食べる分以外は……みたいな美学が通用しない人々が、ある日突然大挙して押し寄せたらどうなると思いますか。

 そしてその時、あなたはどう思うでしょうか。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-05-14 18:15 | ざっくばらんに | Comments(9)
Commented by 誇大魚 at 2010-05-14 20:34 x
がーん!凄い!
雑誌作っていた頃にこんな記事を書けていれば、少しは業界を動かせていたかもしれません。
素晴らしい記事だと思います。
説教ではなく問題をわかりやすく提起することこそが大切なんですね。人にリリースのことを話す時にも、この記事のことを引用させてもらおうと思います。ありがとうございます!(誇大魚=bokugayomu 一気にたくさんコメントして恥ずかしいのですがお許しください)
Commented by Neversink at 2010-05-15 21:07 x
ちょうどアサリの味噌汁を楽しんだ後だったので、50トンのアサリって、どれくらいの影響があるのか、ちょっと計算してみました。

平均的なアサリ一匹が浄化する水の量が1分間に1リットル。50トン漁獲されたとすると、砂を含んだ一匹が5グラムとして、1,000万匹が居なくなったわけです。これらのアサリが浄化する水量、144億リットル/日。

リミット達成する人が100%の訳は無く、能率の低いアサリもいると考えて、実際はその1/10だとしても14億リットル/日の水が浄化されなくなったと・・・。ちなみに関東最大の朝霞浄水場の処理量が10億リットル/日くらい。

飲用クオリティの浄水場とアサリ・クオリティの水質で純粋比較はできませんが、東京湾の水を綺麗にしているバイオ浄水場がひとつ食べられちゃったのは間違い無いようです。
Commented at 2010-05-17 00:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tarobowgoo at 2010-05-17 09:42
おはようございます。
「コモンズの悲劇」ですよね。
仕事でもこの手の問題があるので、共有地であるがゆえのジレンマってどうすればいいのかいつも悩みます。

で、本題の釣りの世界について、もし同じ状況がフィールドでおきたなら、「自分の信念を抜く」しかないんじゃないでしょうか。

わたしも含め人間「自分勝手」が大好きですし、一般人からみた釣り人も同類にしか見えない現状を考えると、良い意味で自分のやりたいようにやる、自分の信念を抜くしかないのかなとも思います。

いまでも、ネットの威力によって、雑誌の特集によって、はたまたルアーメーカーによって、フィールドの詳細が公開されたがために、どっと人が押し寄せて、魅力のない釣り場になっちゃっているのなんて山ほどありますもんね。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-19 13:02
誇大魚bokugayomuさん>どもども~おちんこちんちん。
コメントいっぱいありがとうございます。

ま、ある程度の良識ある釣り好きは問題ないと思うわけであります。釣りに対する興味はあるはずなので。
問題は一見さんというか「ワーいっぱい獲れるぅーたのしーうひょー♪」のような方々。特にバーゲンセール参戦のテンションで来られると、ペンペン草すら残りません。
小資本の零細どうしがちまちま競ってた業界に、巨大資本が入って全部淘汰されちゃう姿にどこか似てて笑えないであります。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-19 13:16
Neversinkさん>どもーこんちは。
ひー、天然の浄水場がまるっと1つ消えちゃった……。そら恐ろしいっすね。
行政とか関係各位には、ぜひ長く持続可能な方向でバランスをとって運営していって欲しいもんです。

しかし、今回の件で野生生物の強さをあらためて感じました。人工でも渚を造ってやれば、アサリの稚貝が定着して成長するし、アサリがいればそれを捕食するシャコやタコが戻り、それらを捕食するクロダイやシーバスもやってきて、ジェット機が飛び交う空の下、フライマンがウエーディングを始める(笑)。
そんな日が来るといいなーなんて。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-19 15:40
非公開の名無しさん>こんちは。
ごほうびは、またそのうちこっそりと。
3Dスゲェェェ~。アマゾンで探そうかな。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-19 15:46
タマケンtarobowgooさん>こんちは~。
共有地だからこその悲劇。仰る通りですね~。TVや雑誌、インターネットによる情報の氾濫もまたしかり。
パブリックな場所が荒れるのは万国共通(?)なのかもしれませんが、一度失われたものが再生するのは、とても時間がかかるので残念です。

信念を抜く? 信念を貫く?
すいません、ちょっと引っかかったもので。
Commented by tarobowgoo at 2010-05-19 16:46
すみません。
「信念を貫く」でございます。
しかしなんでまた「抜く」なんて誤変換に気づかなかったんでしょう。お恥ずかしいです。

いろいろと思うのですが、罰則がある世の中はイヤですが、まじめに規則を守っている人がバカをみる世の中はもっとイヤです。
やっぱりこの手の自然相手のものって、リミットの設定と違反したときの厳罰化しか方法がないんでしょうか。
<< ネットショッピングおそるべし 口蹄疫、不都合な真実? >>