"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
お気に入りブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
キャッチ&リリースは自己満足か
 サッカーW杯の日本代表が決まったり、エビちゃんが入間で結婚発表(!?)したりしておりますが、フライフィッシング的に日本代表を決めるとしたら……? 喧々囂々、阿鼻叫喚の大騒ぎになりそうで止めた男、saltwater-ffです。こんにちは。

 いろいろ更新したいネタが溜まってるんですが、あんまり時間が取れなくて更新できずにいます。すいません。おまけにGW中にひいたカゼが厄介で、未だに喉が痛くてトローチが手放せません。あーもう。

 そうそう、もうすでにご存知かもしれませんが、今月末(?)にビリー東さんの海フライタイイングDVDが発売されるんですってよ、奥さん! こりゃ見逃せませんね!



 まっ、そんなこととは関係なく。本日はキャッチ&リリースについて思うことを少し。

 フライフィッシングに限らず、釣った魚を殺さずに逃がすようにしている釣り人が増えてきたように思います。それは10年前よりも確実に、20年前ならなおさら。

 釣りあげた渓流魚を、お気に入りの銘木フレームのランディングネットに寝かせ、下の石をきれいに敷き詰めて、いい按配の太陽光線がさしこむ瞬間を待ってカメラのシャッターを切る……。その間、渓流魚はエラをパクパク。高水温ならあっという間に昇天してしまうけれど、そこは渓流という冷水+酸素のおかげもあって、多少のことで魚のコンディションは急変しない。
 自分が釣った美しい渓流魚を、お気に入りの道具や素晴らしい景色とともに、まるで一枚の絵のように切り取りたい。そう思う気持ちはわかるし、事実、自分もそうやって写真を撮り続けた経験があります。お世辞にも上手いとはいえない出来映えだったけれど(笑)。

 そして渓流から湖、そして海へと釣りのフィールドを変えてきたけれど、魚を撮影して逃がしたいという思いは変わらない。ただ、海の場合は渓流や湖のように、簡単に撮影ができないケースが多い。サーフやコーラルリーフであればまだしも、磯やゴロタで水際の撮影を行おうとすれば、人間の命も危険にさらされる。海面まで数メートルもある岸壁やテトラからではいくら頑張ったって限界がある。それに真夏の熱いコンクリートに置かれた魚体は、あっという間に致命的なダメージを負う。このことを知る前は平気で魚をコンクリートの上に置いていた(今は反省してます)。磯では取り込みにオタオタしていると、魚は寄せ返す波にもまれてすぐにギタギタに傷みまくる。干潟では勢いよく斜め下に離したら、頭が泥に埋まって死なせそうになったこともある。我ながらひどいことをしてきたのは隠せない。



 だからといって、釣った魚を殺す=食べるというのが、自分にとっての贖罪にはならない。もちろん主義や事情はひとそれぞれだから、他人様のことには口を出しません。けれど、キャッチ&リリースは海の魚にこそ必要な行為だと思っています。
 発眼卵や稚魚、はたまた成魚が何十トンも放流されているような魚種であればまだしも、ほぼ100%が天然魚。厳しい野生を生き抜き、生命の営みを続けてきた魚であり、数十年にわたって子孫を残していく魚だからこそ大切にしたいと思うわけです。



 キャッチ&リリースはしょせん自己満足だという人がいれば、何度でも答えましょう。その通りだと。
 しかし0か1かでは、大きな差があることも伝えようと思います。

b0000168_15111047.jpg
 大型のシーバスは特に弱りやすいので、十分に回復させてからリリースしたいものです。リリース時なら水絡みで撮影しやすいので、フライフィッシングっぽい写真(?)になるかも。

※近年フィッシュグリップ等を使う方が増えていますが、正しく使わないとシーバスの上アゴが外れる原因になります。ここでいう外れた状態というのは、魚体を上から見て唇部が外側に浮いた状態のことをいいます。上アゴが外れると正常な捕食行動の支障となるので、くれぐれも注意しましょう。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-05-10 16:01 | 魚のこと | Comments(16)
Commented by tarobowgoo at 2010-05-10 17:54 x
こんにちは。リリースという感情があまりないタマケンです。すみません。
とは、「食べない魚はできるだけ殺さない」と言うことです。
そういう気持ちで釣りをしたいです。
単独のときは、ほぼ写真を撮っておりません。

大海原さんが言われるように、ゴロタ浜や磯はなかなかと魚体を傷つけずにリリースするのは難しいですよね。
ランディング場所を予め想定していたとしても、そうそう上手くいかないですし。。

そんなときは、持って帰っております。
Commented by Mitsu at 2010-05-10 21:15 x
 ご無沙汰しております。

 海の魚だって、逃がした方がいいに決まってます。特に抱卵している場合だと、その後とてつもない数の子供が生まれますし、それがまた別の魚を育んだり・・・。
 その親から3匹の成魚が育てば、その3匹から9匹の成魚が・・・。まあ、ねずみ算式に増える事は無いにしても、キープするよりは良いでしょうね。

 たとえリリースして死んだとしても、他の生物がそれを利用するでしょうから、無駄にはならないと・・・。

 まあ、目にははっきりとは見えないけれど、なるべくお魚にやさしい釣りを心がけたいと思っています。

(釣りそのものが、やさしくないけれどやめられまへん)
Commented by taka_trout_hunter at 2010-05-10 22:48
C&R派(?)だと自称してます。

しかし、カツオやサバはいくつかキープしてますし、、、

数年に数匹、キャンプで鱒をキープすることもあります。

自分の心には資源保護を理由にC&Rを意味づけていますが・・・

鰭ピンの綺麗な渓魚や感動的な魚にであうと・・・感情が湧いて・・・

『頑張って生きてくれよ~』という感じでリリースします。

魚の命に貴賎はないのに、、、矛盾してますよね。

そういう意味では自分も自己満足かな~。
Commented by yadorigi30 at 2010-05-11 00:42
こんばんわです
私は食べたい魚はC&E、食べない魚や小さい魚はC&Rです
身勝手だと思われる方もいるでしょうが、釣りをするという時点で魚の保護という点では矛盾していると思いますし、釣りする以上、所詮人間のエゴだと割り切ってどうするか決めてます
ただ、食べない魚を死に至らせる行為は好きじゃないので、リリースには結構気を使ってるつもりです。自己満足ですけどね。
Commented by hy-2514 at 2010-05-11 11:18
釣りはオ〇ニーみたいなもんやと思ってます
リリースもキープもオ〇ニーだと思います
つまり自己満足やと…
ただ沢山キープして近所に配る…
これはオ〇ニーを他人に見せるのと
同じ行為やと思います
状況や魚によっては
キープせんとしゃあない場合もあるかもしれんけど…
「釣り自体が魚に優しくない!」
みたいなことを言う人がいるけど
それってどうなのかしら…?
Commented by keivew at 2010-05-11 12:24
こんにちは。
C&Rにはみなさんそれぞれ色んな意見をお持ちですね。
私事で恐縮ですが、一時期、自分の釣りのために魚を傷つけるのは自分のエゴだと思い、釣りをやめてしまっていました。
もちろん釣りが嫌いになったわけではありません。
自分の楽しみの為に魚を傷つけるのが居たたまれなくなってしまったんです。釣れば釣るほど自分が傷ついていきました。
自分は「楽しみ」、魚は「死活問題」ということでこれは問題だな、と。

今は食べるか逃がすか、自分の都合を優先してます。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-12 20:33
こんばんは。saltwater-ffです。この書き込みはコメント書き込んでいただいた全員の方へのメッセージです。

今回はとっても微妙で繊細で、ややもすると腫れものに触るようなエントリーにも関わらず、勇気を持ってコメントを書き込んでいただきありがとうございました。

何かを発言すると責任が生じるものです。仮にそれがインターネット上で、個人を特定しにくい仕組みになっていたとしても、何かを言うのはパワーとエネルギーが必要です。

そういう意味ではどのコメントも確固たる信念、理念、美学、哲学に基づいて書かれていて、その方向性は異なるものの、いずれも尊重すべきだと思っています。

この後、私自身の見解を含んだレスを個別に書かせていただきますが、前提として皆様への尊敬の気持ちがあることをご理解くださいませ。
Commented by bokugayomu at 2010-05-14 17:22
リリースのことを話そうとする時、聖人君子ぶってると思われるリスクを感じます。これは、もう20年前から変わらない心の動きです。
「魚がいなければ魚は釣れないのである」
今は亡き我が師匠が尊敬していた丸橋英三先生の名言です。
私は、魚を残したいから魚を逃がします。
最近では、友人の影響で、「大きな魚の強い遺伝子を残そうよ」ってことで、「大きな魚ほどリリースしよう。お持ち帰りするなら小型か中型」みたいな考え方も自分の中で芽生えつつあります。
リリースしないよりもした方がいいに決まっていると思いますが、食べることを全否定してはいけないとも思います。私も最近では時々食べます。ガシラとかイカとか、そうすることで食べる人の気持ちも一部わかるような気がします。
でも、釣った魚を全部持ち帰る人の、「近所に配るから」という理由だけはキッツイですね。でも「釣った魚は全部殺さな気がすまんのや」と言われてもヒキます。→続く
Commented by bokugayomu at 2010-05-14 17:22
昔今から20年ほど前から10年ほど前までの間、私が作っていたLandingという雑誌は、リリースを提唱し続けました。どの記事もなるべくリリースの写真で締めくくることを心がけていました。無事リリースするためにノットを学ぼうみたいな記事も書いていました。
でも、それが読者にとって押しつけがましく感じられていたのかもしれないですし、広告代理店や釣り具業界のウケはよくなかったです。リリースのページをJBのトーナメント記事に充てられないかと打診されたこともありました。それでも編集方針は変えなかったですが、結果、その雑誌は今は存在しません。
何が言いたいかよくわからなくなりましたが、相手の感情を逆なでするような言い方や書き方をしては、ただの論争にしかならず、お互いが意地になるだけでゲームオーバーだと思えるのです。
肯定派は否定派を傷つけないようにそれを広めようとし、否定派は肯定派の意見をじっくり聞いてみようと言う広い心を持って肯定派の意見に耳を傾けるべきでしょう。
綺麗にまとめようとしすぎでしょうか(汗)
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 15:18
tarobowgooタマケンさん>こんにちは。
食べない魚は殺さない。これ、もはや常識かと思いきや、防波堤なんかでカピカピに乾いた小フグやヒトデなんかを見ると悲しくなってきます。
ややもすると、釣る技術の上達ばかりに気持ちがいきがちですが、上手に取り込んでうまく放す技術も大切ですね~。

資源回復が早いフィールドなら、こんな話なんか関係ないのかもしれないなーと思います。
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 15:18
Mistuさん>こんにちは。こちらこそご無沙汰してます~。
抱卵している個体は、釣法を問わず、無条件でリリースして欲しいですね。

コンビニに毎日並ぶタラコや明太子おにぎりの数を考えると、
そのうちタラが絶滅するんじゃないかと思いますよ。

目に見えにくいけれど、優しい釣りを心がけたい……という気持ち、同意します~。
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 15:19
taka_trout_hunterさん>こんにちは。沖縄は弾丸ツアーでリベンジを!
C&Rするかしないかは心の問題なのかもしれませんね。もし腹減って死にそうなら、せっかく捕獲した獲物を逃がそうなんて思いませんもん。
それだけこの遊びが成熟してて、余裕が生まれている証拠なのかも。だから自己満足も全然OKだと思いますよ!
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 15:39
yadorigi30さん>こんにちは。
釣りをする時点で魚の保護に矛盾する。仰るようにそういう考え方もありますね。
その一方で、自然のためなら何やっても許されるという風にならないで欲しいという気持ちも少なからずあります(例の黒い船とか)。

ま、自然に優しくないといえば、現代の人間そのものという意見もありますが……(笑)。
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 15:49
hy-2514さん>こんにちは。
オ○ニーは誰もが通る道であり、結局は一番気持ちいい……あれ、違った。

「釣り自体が魚に優しくない」という方向で話をすると、出家してガンダーラへ旅するハメになるので、ここはガマン。ガマン汁です。

コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 16:07
keiviewさん>こんにちは。
人間は遊び、魚は死活問題。けっこう重い言葉ですね。
逆に当てはめると、人間が生死をかけて釣らねばならない……。ボウズの時は空腹で昇天。それはイヤだなぁ~。

でも逆に考えてみて分かりましたが、仮にケガをしたとしても逃げられるのと、命を絶たれるのとでは大きな差があるように思います。
コメントありがとうございました。
Commented by saltwater-ff at 2010-05-18 16:22
bokugayomuさん>こんにちは。
熱い連続コメントありがとうございます。もう20年以上前から、釣りメディアはC&Rについて、ことあるごとに提唱してきたと思います。扱いは大小あれど、その結果として根付いている部分もあるし、立派な功績だと思います。
ただ残念なのは、20年前から現在まで啓蒙する手法や扱い方が
ほとんど変わっていないところにあると思います。ただでさえミニにタコ、じゃない、耳にタコなことを手垢がつきまくった手法で載せても誰も見向きもしませんよね。

渓流釣り師やクロダイのヘチ釣り師、磯の石モノ師などエサ釣りの世界でもリリースを敢行する人が増えてきていますし、心ある釣り人はルールと節度を守っているのも事実。
それだけにI'm OK , You are OKの気持ちで、この話を推し進めてみて良い頃合いだと個人的に思ってます。


残念ながら『ランディング』という雑誌を拝読したことがないのですが、志の高い釣り雑誌だったんですね。時流による休廃刊が雑誌の常とはいえ、時代を先取りし過ぎていたのかも。残念です。

コメントありがとうございました。
<< 帰って来た! 突撃となりのフラ... 第23回TBSFT参戦レポート 後編 >>