"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
海用フライリールはなぜ高いのか Part4(完結編)
 春が来た~と思ったら、まだ冬だった男、saltwater-ffです。こんばんは。


 いやー、東京もソメイヨシノが開花したんですが、寒い寒い。押し入れにしまったダウンジャケットを引っ張り出して着ている今日この頃です。

 さて先々週は連日の更新だったのに、先週は更新なし。昨日がんばったと思ったら、今日は全然がんばらない。そんな気まぐれな大海原~ですが、本日は『横浜ベイ・フライフィッシングトーナメント』の2010年第1戦の結果が報告されとりますよ!

 気になる人もそうでない人も、ぜひチェックをば。




 あと、書きっぱなしで放置していたフライリールの話。一応、完結してます。お時間のある時にでもどーぞ。










 のっけから書いちゃいますが、あなたがお使いのフライリール。どこの誰が作ったか追跡できますか? 一部のアンティークやオーダーメイド、自作品を除けば、製造メーカーまで遡るのがやっとで、実際のそのメーカーの中の誰が作ったかまでは調べるのは、一般ユーザーの力ではほぼ無理でしょう。それでもだいたいは製造会社のネームバリューとかで、なんとなく納得してる方が多いんじゃないでしょうか。私もそうです。

 さて、そこで気になるのが自社生産をしているメーカーです。
 一部の熱心な(そしてクレイジーな)メーカーを除いて、市場に出回っているフライリールの半分以上はOEMや、別の金属加工会社に製造を委託した製品です。ほら、メーカーのロゴやリールの色がちょっと違うだけで、なんとなく見覚えのあるリールがあるじゃないですか。ま、それらを除いて自社製造しているメーカーでも、すべての部品を自社生産してるとは考えにくい。個人的な意見で恐縮ですが、私は自社製造の割合が少しでも高いフライリールを購入したいと思っています。何を書きたいかというと、アングラーの声が製造現場に届いている(であろう)メーカーの製品を使いたいのです。
 製造する工員の方がフライフィッシングをやっているかどうかはこの際わかりません。けれど、少なくとも製造現場の責任者や管理者にはアングラーの声が届いているであろうメーカーであれば、現場の声に即したモノづくりをしてくれると思えるし、やってはいけないことも分かると思うわけです。

 どーでもいい情報。大海原ラジオはこんな感じで放送しています。     ( う そ )
b0000168_19471925.jpg
 これは良いDJですね!

 自分の体験なので包み隠さず書いちゃいますが、ハーディのソブリン2000というリールを使っていた時期がありました。ハーディのリールが以前から好きで現在も何台か所有していますが、ソブリン2000は海でも使えるとのふれこみでした。そして1シーズン使いまくった結果、リールフットが外れて使い物にならなくなってしまいました……。
 原因はフット部分にかかる負荷が、設計以上だったためでしょう。ソブリン2000のフットは、フレームにごくわずかの切りかき(スライドして組合わせる寄木細工のような加工)と2本の小さなネジで固定されていました。この切りかきの噛み合わせが約1ミリあるかないか、そして小さなネジはフレーム側にわずか2ミリほどしか入っていないのでした。
 フットが外れた状態を見て、これじゃ外れても仕方ない……そう思ったものです。おそらくソブリン2000を設計した方は、そこまでの強度を求めていなかったのかもしれませんが、普通にシーバス釣りに1シーズン使った程度で壊れるようじゃ、海で使えると言ってはいけないような気がするのです(念のため書いておきますが、それでもソブリン2000は憎めないいリールだと思いますが)。ちなみに私のソブリン2000は、金属加工を得意としていた先輩フライマンの方に修理を兼ねて改造(フットとフレームを溶接しちゃう!)をお願いしましたが、先輩が鬼籍に入られたので私の手元にはありません。

 少し話が脱線しましたが、脱線ついでにもうひとつ。フライリール、とりわけ海用フライリールの置かれている現状は、機械式腕時計に少し似ているような気がしています。必要十分な性能を備えた製品はいくらでもあります。けれど、何か心をくすぐる仕掛けや職人の魂を感じる要素を備えたモデルがある。糸を巻く、ドラグが効く、頑丈、求められる基本は単純です。それは24時間という決まった時間を刻む時計と同じかもしれません。

 けれど、そこには職人が介在するか否か、明確な違いがあるような。

 この世には数百万円~1000万円以上もする高級腕時計がありますが、それらはダイヤモンドや金といった宝飾、貴金属の価格というだけでなく、職人の腕に支払う対価と考えられています。たとえば、スイスに名工と名高い腕時計職人が1人いたとします。その職人は年間1000本の腕時計を造ることができますが、実際は年間500本しか製造しません。残りの時間は何をしているか? 残りの時間は後進を育てるための時間に充てているのです。こうすることで技術が継承され、なおかつ職人の生活も保障されます。

 また違う話。フェラーリという自動車メーカーがあります(今はフィアット傘下ですが……)。ひと昔前まで、フェラーリ・オーナーはF1のフェラーリチームのレース費用を負担していることで知られていました(今もかな?)。あんまり聞きかじりの知識を書くのははばかられるのでこの辺でご勘弁ですが、これらの極端な例ほどではないにせよ、フライリールの場合も購入者が支えていくという図式は同じなのではないかと思います。



今は買えなくても、いつか買える日が来たら、名機と呼ばれるフライリールを手にしたいと思いませんか? すでに会社がなくなって製造中止となったフライリールは仕方ないですが、今ある名機たちは、なるべくなくならないで欲しいと願っています。そのためには対価を支払うのは当然なのではないかと思う次第。


え? 中古をオークションで手に入れるからいいって? それはそれで選択肢の1つだと思いますが、自分たちの首を絞めることにもつながるんじゃないかと思いますよ。
フライフィッシングの道具が、みんなユニクロみたいなものばっかりになったら、寂しく思いませんか?


 誤解を招くとアレなので、ちゃんと書いときますが、高いフライリール万歳!というつもりはさらさらありません。要は選べるのが大切だと思うわけです。安いのから高いのまで、選べるってとっても素敵なこと。豊かな(そして成熟しつつある)証しだと思うわけです。



どうでもいい話かもしれませんが……。一般企業が利益追求してるのに、釣り関係のメーカーや小売店に対して“利益追求すんな!”的な批判を激しくあびせる方がいるのは不思議です。
商売ですもん、利益出るようにするのが当たり前。どこの企業だって利益追求する姿勢は同じでしょうに。都合よすぎると思うのは私だけでしょうか。






ん? ところで海用フライリールの価格がなぜ高いかについての答えは?


そうでしたそうでした。


往々にして高い場合もあるけれど、だいたいはちゃんと高いなりの理由があるということで。なぜ高いかは、理由があるから。その理由は個人差があるので、同意を求めるつもりはありません。



長々とお付き合いいただきありがとうございました!
[PR]

by saltwater-ff | 2010-03-29 19:41 | 道具のこと | Comments(10)
Commented by fishordie at 2010-03-29 22:41 x
こんばんは~ 御無沙汰してます。

同感ですね~ だから私はCharltonのMakoが大のお気に入りです。今二個目の9700Bを待ってます。彼が「作るのやめた!」とか言い出す前に買っとかないとね!高いけど、あの品質であの値段なら納得。しかも、彼といろいろと話していると、製作にかかる時間と労力が凄いし、更にアルマライト加工の後で、けっこうはじくパーツがあるというから、「わしならもっと値段を高くする!」と思うから、やはり「買い!」です。次にお気に入りはDanielsson。あれも少数(Danielsson一家と友人)の職人が丁寧に心を込めて作ってます。嬉しいですよね、そういうのって。


電話したら「あ、今セールスの者を呼ぶから」とか、「あ、今修理担当の者を呼ぶから」とか言うような会社からは、あまり買いたくないな~ Makoに電話したら、応えるのはJack Charlton本人か奥さんだけ。Danielssonに電話したら応えるのはThom Danielssonか家族だけ。こういうのが一番ですよ! とは言ってもいろんなメーカーのリール持ってますけどね・・・ 用途によって使い分けてます。
Commented by 名無し at 2010-03-29 22:47 x
概ね賛同します。特に色違いの文字の部分に
Commented by keivew at 2010-03-29 23:35
同感です。皆さん生産者であり消費者なのを忘れがちかもですね。
需要と供給のバランスもまた重要ですし。
と柄にもなく漢字打ってしまってますが、要は皆さん気に入ったリールがあってそれが高かろうが安かろうが、欲しければ何とかして買ってしまうわけですよ。

グレー文字の部分、当然のことですよね。
むしろ高ければ売れないとか、安くても機能が・・・とか、
メーカーさんは大変だと思います。
Commented by S-Ken at 2010-03-30 11:00 x
こんにちは。「できれば国産リールを使いたい」と思っているS-Kenです(笑)ヤフオクで仕入れてばかりで恐縮なのですが、私の場合「リールはカッコよくなきゃダメ」なんです。するとどうしても過去のモデルに目が行ってしまって…自分的にカッコいいと思えるモノが現在ないもので…。安価なのではSAのシステム2がお気に入りですがこれもモデルチェンジ毎にダサくなってしまって…
今のところ、ビリーペイトとエーベルがお気に入りです。
以前に某国産メーカーに「ぜひとも海専用フライリールを作ってください」とメールしたところ「同様のご意見いただいてますが今のところ…」との返事でしてやはりなかなか難しいのでしょう。
Commented by tarobowgoo at 2010-03-30 13:10 x
こんにちは。
仕事合宿が今日で終わったタマケンです。
夜な夜なというより、明け方よく拝見しております。

機械式時計とフライリールが似ているというのは、すごく共感できます。
ブレゲやブランパンとスウォッチの関係みたいなものかなと思います。(?ちょっとずれてますかね)

釣具業界がユニクロやIKEAだらけになったら嫌ですね。
自転車も、刃物もおんなしですかね。
Commented by saltwater-ff at 2010-04-01 18:39
fishordieさん>こんばんはー。こちらこそご無沙汰してます。
仰る通り「作るのやめた!」ってのが、我々一部の連中にとって一番コワイわけで。買い支えていかないとイカンように思うわけで。
こういうのってニッチなマーケットではもはや常態化してますね。

フライリールってマスプロダクションが成立するかどうか、ギリギリの線なのかもしれないです。

CharltonやDanielssonのエピソード、いいなー。目の届く範囲での仕事って感じで。
Commented by saltwater-ff at 2010-04-01 18:45
名無しさん>こんにちは。はじめまして、でしょうか?

趣味(遊び)にお金の話は無粋!と思う自分もいるわけですが、つい書いてしまいました。お恥ずかしいです。
Commented by saltwater-ff at 2010-04-01 18:56
keiviewさん>こんばんは!

「高かろうが安かろうが、なんとかして買っちゃう」のコメント、ごもっともです! それでいいんですよね。

今の時代、モノ売るのって大変だと思います。それが生活に直結しない遊びの道具となるとなおさら。
でも、真面目に作ってるのが伝わってきたりすると、じゃ一台いってみるか……てことに(笑)。その辺くすぐられると弱いです、私は。

ま、灰色部分については、つい書いちゃったわけです(笑)。
Commented by saltwater-ff at 2010-04-01 19:05
S-Kenさん>こんばんは。

「カッコよさ」は大事です。大事です。
現行品に欲しいのがない、そういう方もいらっしゃるでしょうね。ジャンルは違うけど、私もクルマやオートバイに関しては同感です。厳密に書くと欲しいのはあるけど、値段が非現実的だったり(笑)。

パテントの問題や設計者のプライドなんかもあって、なかなか実現しないんでしょうが、古いデザインを今の素材やテクノロジーで出すというのもアリなんじゃないかと思います。
ウェディングケーキやシーマスターを最新素材、たとえばチタンとカーボンで再現したら……。オリジナルとは異なるけれど、ちょっとワクワクしてる自分がいます。
Commented by saltwater-ff at 2010-04-01 19:45
tarobowgooさん>こんばんは。
激務のようですが、健康にはご注意を~。

機械式時計の件、分かってもらえる方がいて嬉しいです。たぶん、Decodekeizoさんとcoolman!船長と3人くらいかな?(笑)

腕時計の世界も侃々諤々ですが、ブレゲもヴァセロンもスウォッチもGショックも、気に入ったものを好きなように選べることが大事だと思います。そして、できれば自分が買えるようになるまでに、その選択肢が狭くならないように願っちゃうわけです。

ユニクロもの服着てIKEAの椅子に座っても、コーヒーはファイヤーキングのカップでゆるゆる飲みたい、そんな感じです。たぶん。
<< 日本初、海のフライフィッシング... 【3月22日】 大海原ラジオ生... >>