"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
海用フライリールはなぜ高いのか Part1
 花粉~花粉~花粉~!津波も怖いけど、花粉警報も怖いっすな~。とかなんとか、いいながらティッシュで鼻をかみまくってるわけですが、皆様いかがお過ごしですか?
 毎年、花粉症は“気のせい”で済ます、saltwater-ffです。こんばんは。


 さて、本日はなんだかなーの金曜日。もやもやした気持ちを抱えて土日へ突入ですぞ!

 各地の渓流が解禁になったり、東京湾の各所でバチが抜けたりしておりますが、まぁそんなのはいつものことなので、華麗にスルーです。












 じゃ、まいりましょうか。

 よく聞く疑問について、とめどなく書くシリーズその1。

『海用フライリールは、なぜ高価なのか』

 あー、これには諸説ありますが、まず前提として2つ疑問があるようです。
 1つはスピニングリールやベイトリール等に比べ、構造がシンプルで部品点数も少ないのに~というもの。2つめは、長年モデルチェンジもせず売ってる(減価償却が済んでいる)のに~というもの。

 ま、どちらもわかるような気がしますね。別に擁護するわけじゃないですが、これらは理由になっていそうで、実は理由になっていないと思います。まず、部品点数が少ない、構造がシンプルだからといって、安くなるという考え方に無理があるのではないでしょうか。スペースシャトルとカップヌードルを比べるなら話は別ですが、部品点数の多い、少ないで値段ってあまり変わらないですよ。

 たとえばガンプラ。昔、300円だった144分の1のガンダム。

 何年も埃かぶってて、到底売れそうにない金閣寺とか、子供ながらコレ誰が作るの?って思ってた、屋台のプラモなんかと抱き合わせでしか買えなかった苦い思い出。近所のおもちゃ屋が珍しくチラシを配ってて「元旦にガンプラ大量入荷!」とか書いてあったんで、これは行くしかねー!と元旦の朝5時から4時間並んで、いざ開店~となったら、目玉のガンプラはアッザムとかゾゴックとか、ジオラマキットしか売ってなかったというジオン脅威のメカニズム。

 そんな144分の1のガンダムも、今じゃ部品点数が大幅に増えてます。しかし、価格的には税込315円という事実。




昭和
b0000168_19484319.jpg
 これが……





平成
b0000168_1949985.jpg
 こうですからね!!!





 なんていうんですか、昭和と平成の間にとんでもない規模の産業革命が起きたようにしか思えない変貌を遂げておりますな。
 たとえるなら榊原郁江と佐々木希くらいの落差。いや、どっちも時代を席巻した(している)と思いますよ。そしてここで大切なのはどっちが好みという視点ではなく、お値段が税込315円という点!


 正直、部品点数なんてものは、価格にさほど関係ないのですよ。もしそうだとしても「部品が多いから高い!」なんて大っぴらにいう技術者はいないでしょう。もし言ったら「部品減らしてコストダウンしろ!」と命じられるのは見え見えです。




 次回へ続く。
[PR]

by saltwater-ff | 2010-03-05 20:06 | ざっくばらんに | Comments(8)
Commented by ヘゴ兄 at 2010-03-05 21:55 x
貴族なんかがやっていた趣味だから

安くすると売れないと思います
Commented by keivew at 2010-03-05 23:37
saltwater ffさん、こんばんは。

フライのリールは、なぜ高価なのか・・・。
マシンカットだから?アノダイズ処理??数売れないとか???
早く結論が知りたい一人ですw
Commented by yadorigi30 at 2010-03-07 23:04
こんばんわです
製造業に携わる人間としては生産ロットの問題に3000点。
マジに生産ロットについては頭悩まします…
Commented by ハム助 at 2010-03-08 22:25 x
まいどーす。
別にリールだけでなくフライは全てが高価な気がするんはワテだけ?
マーカーが使いすいて?2個で600円?
玉浮きでいいやん!
って思っていたらホンマに出ましたな…。

でもリールは廉価品というか、求め易い価格体が出てきて助かります(性能はおいといて)。
Commented by saltwater-ff at 2010-03-11 18:30
ヘゴ兄さん>はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
そうですねー、大昔は王侯貴族の遊びでしたもんね。それを庶民がやろうとするから無理が生じる……のかもしれません。
安くすると売れないというのも、半分当たってると思います。
Commented by saltwater-ff at 2010-03-11 18:33
keviewさん>どもども、こんばんは。
材料や技術的なコスト高もあると思います。数が売れないというのもあると思います。
でも数が売れたら売れたで問題もあるとも思うのです。私なりの結論はPart3で書く予定です。ま、個人的な結論なので、全然違っても気にしないでくださいね。
Commented by saltwater-ff at 2010-03-11 18:36
yadorigi30さん>こんばんはー。
生産ロットは確かに高いハードルですよね。採算分岐点に大きな影響を与えるし、モノ作りをする仕事に携わっている方なら、常に悩ましい問題です(私もその一人です)。
でも発想を逆にすると……。おっと、この続きはPart3で。

って、煽りすぎですね(反省)。
Commented by saltwater-ff at 2010-03-11 18:39
ハム助さん>こんばんは。
フライに限らず、趣味の道具はたいてい高めの設定。なぜなら趣味だから。
ガソリン代はリッター1円でも一喜一憂するのに、リールの1万円差は気にならない。そんなイケナイ趣味人ばっかやから……(笑)。

ちなみに性能差と価格についてもPart3以降で言及しまっせ。
<< 海用フライリールはなぜ高いのか... ツルツル滑る >>