"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
第22回 TBSFT参戦レポート
 先日、20代前半の女子と居酒屋で飲んでて、「シメに焼きおにぎりやお茶漬けを頼むとオッサン確定だよね~!」 と言われて軽く凹んだ男、saltwater-ffです。こんばんは。
 ま、そんなの知ったこっちゃないので、堂々とお茶漬け食べましたけどね。そしたら「ちょっと一口ちょーだーい」だって。まったく頭の構造がどうなってんだか(笑)。


 そんなことはさておき。本日は19日の日曜日に開催された、第22回『東京ベイ・フライフィッシング・トーナメント』参戦レポートをお送りします。



 まー、しかしここのところの東京湾、特に横浜近郊は超がつくほどの澄み潮で、昼夜を問わずまったく釣れないという、10月とは思えない最悪のコンディション。よっぽど棄権しようかと思いましたよ。

 でもまぁ、例によって前日の土曜日はプラを敢行。今回は諸般の事情でストライカーのKキャプテンのお世話になりました。大会当日はストライカーからNさんが出場するので、Nさんと互いのプラの情報をシェアして共同戦線を張ることに(私は朝イチ、Nさんは朝~昼前までの時間をプラしました)。
b0000168_16155136.jpg
 得意の横浜エリアは澄み潮でまったくダメという前情報だったので、大場所を2~3カ所とエリアを変えることを主題においてプラを行うことに。
 巨大ストラクチャーのバースでは10m以深まで見える超澄み潮……。まったくお手上げ状態。ためしにKキャプテンにルアー(バイブレーション)でディープを探ってもらいますが、なーんもなし。魚探にはベイトの反応があるんですが、肝心のシーバスがいないか、超薄い状態のようです。

 じゃっ、ってことで南へ舵を向けて一路、横須賀方面へ。大きくエリアチェンジすれば状況も変わるでしょ! と楽観視していたのですが……横須賀はさらに澄み潮! どう表現すればいいかな~。横浜が12月の澄み潮なら、横須賀は2月の澄み潮って感じ……。釣れる気がまったくしません(涙)。だってほら、ボートが走ってる間、スクリューが潮を巻き上げるじゃないですか、その巻き上がった潮の色合いが、トイレのブルーレットそのもの……。
 結局、横須賀ではアマモ場のシャローでブラックバスと見まがうようなセイゴ君が1匹追いかけてきただけで、まったくスッカラカン。丸ボウズのままプラの時間を終えて失意の帰港。明日の大会もボウズを覚悟したのでした。

b0000168_16163100.jpg
 帰港の直前に横浜某所で見かけたシークロ号。この日はティムコのシーバス・フライフィッシングスクールだったそうです。
 こっちを向いてるのはフラアーのSさん。もしかしてお手上げ状態?

b0000168_16162266.jpg
 明けて翌日。大師運河の出口に集合したシーバス・フライフィッシャーマンは10名(ドクターNさんはキャプテンが寝坊して後から合流)。大会実行委員のサバロ店長Sさんを乗せたICFCしげちゃん艇から、計測用のメジャーをもらってAM5時30分、スタートフィッシング!

 実はスタート地点まで走って行く間に、熱血Oキャプテンと今日の作戦をいろいろ話したんですが、2人ともまったくノープラン(笑)。TBSFTでは叉長40cm以上が競技対象なので、どこへ行っても苦戦するなら、小さいのをポツポツ釣っていくよりも、一発勝負にでましょう! とスタート1分前に方針を決定。

 向かったのはスタート地点からほど近い多摩川河口。我々の前を先行するのはバスメイトのTキャプテンのボートと、パラスのSキャプテンが舵を取るボートの2艇。2艇とも河口の上流へと走っていきますが、我々は河口の最下流部から攻めることに。思えばここが勝負の分かれ目だったのかもしれません。
 この日は大潮の満潮から下げの時合いなので、あちこちで勢いのある流れが発生しています。流れの周囲では散発ながらボイルもあって、それを狙い打つようにイワイミノーで攻めていると……バシャッ! わずか3投でヒットぉぉ~~!!
 こりゃ幸先いいよー、とか思ってると存外に小さい。でも小さいくせに結構引きます。リミット外とはいえ、まずは貴重な1匹~と思って寄せてくると……アジ!(笑)。それも尺越え。なんで大会になるとアジが釣れるかなぁ~(過去にもTBSFTで尺アジを釣った経験アリ)。アジ釣って時間潰すわけにもいかんので、すぐに近距離移動。ストラクチャーで2、3回ムーンサルトアタックでシーバスが出ますが、例によって乗らず。50UPは確実な魚だったので、しつこく攻めますが何もナシ。やっぱり澄み潮は甘くありません。

 ふと上流に目をやると、なんだか鳥が上空を舞っています。そして散発ながらボイルが。こりゃ行くしか~ってわけで上流へ。すでにパラス号に乗っているシノフェル王子、バスメイト号に乗っている世界のEIZO大名人のロッドが曲がってるではありませんか……。ここが勝負どころじゃぁ~! とイワイミノーを投げまくり引きまくりますが、後でモワン、水中でギラッを繰り返すばかりで口を使ってくれません。とっさの判断でサーフキャンディーをセットしていたタイプ4のタックルにチェンジ。
 すると先ほどよりも明らかにバイトが増えましたが、ことごとくショートバイトで乗りません。たとえば向こうアワセでフッキングするバイトを最強レベルの「ガツンッ!」(5段階)と仮定した場合、普通はレベル3の「ガツッ」くらいでもフッキングできますが、ショートバイトは「ガッ」(レベル2)や「ガ」(レベル1)くらい。しかしこの日は「ッ」(レベル0.5)程度のバイトでしかなく、乗せるのに四苦八苦。
 このへんの話は同じエリアで釣りをしていた世界のEZIO大名人やシノフェル王子も語っていました。

b0000168_16164074.jpg
 ま、それでもなんとか最初の1匹(叉長44.5cm)をC&R。
b0000168_16165181.jpg
 ショートバイトの嵐の中、なんとか2匹目(これも44.5cm)をC&R。本当は魚を持ってニコパチとか撮りたいところでしたが、きっとこの時合いは短いので、ひたすらにキャスト&リトリーブを繰り返します……ます……ますが……、さらにバイトが小さくなって、乗せられません。
 澄み潮でシーバスの動きが丸見えなので、目で見てアワせようとしますが、サーフキャンディの後ろを軽くついばむようにするばかりで、ガバッと吸い込むバイトじゃないんですね。わかります。

 そして時合いはほどなくして終了。叉長40cm以上あるものの、2本しか取れませんでした。
 ぐはー、今日もう終わった。

b0000168_1617884.jpg
 その後、少しでも可能性があると思われるポイントを攻め続けますが、当然のように何もなし。メーターオーバーの天然ウナギを目撃したり、穴撃ち連続地帯でクロダイがヒットしたりもしましたが、シーバスの反応は皆無。
 どうしてこんなに釣れないのか。横浜港名物のシーバス(船の名前)をうらめしく眺めたりして、ストップフィッシングの時間を迎えました。
 そして競技終了後は天王洲にある第一ホテル・シーフォートで昼食会&表彰式へ向かいます。ま、今回もやれるだけのことはやったので、清々しい気分でした。


b0000168_16172124.jpg
 優賞は世界のEIZOこと丸橋英三大名人!(バスメイト乗船)
 157ポイント(叉長53.0、53.0、51.0cm)を含む6匹をC&R。ヒットフライはイワイミノーでした。

b0000168_16173546.jpg
 2位はSABALO店長のSさん(ICFC乗船)。
 149ポイント(53.0、48.0、48.0cm)を含む6匹をC&R。ヒットフライはストリーマー各種。

b0000168_16192152.jpg
 3位はシノフェル王子(パラスフィッシングガイドサービス乗船)。
 144.5ポイント(49.5、49.0、46.0cm)を含む12匹をC&R。もちろん最多リリース賞もゲット! 
b0000168_16181556.jpg
 最初のポイントで12匹すべてを釣ったシノフェル王子。リミット外も含めてとはいえ、さすが“最多リリース賞男”の面目躍如って感じですな。
 ちなみにC&Rの次点は10匹でドクターNさん。入賞常連の猛者ですが、今回はキャプテンの寝坊でプライムタイムを逃して、残念ながらベスト3には届かず。しかし確実に釣って4位入賞。さすがです。

 ……っと、ここで気付いたんですが、上位4名は全員イクシーク・フライロッド使用者という驚愕の事実!!!! 優賞するには、やっぱ908をオーダーするしかない……!?。

b0000168_16193329.jpg
 今大会で唯一の60UPとなる叉長64.0cmでBIG FISH賞を獲得したN選手(ベイファイター乗船)。
 京浜運河のシャローを攻めてキャッチした値千金の1匹。


■リザルト
優賞 丸橋英三大名人 157ポイント(53.0、48.0、48.0cm)
2位 サバロ S店長 149ポイント(53.0、48.0、48.0cm)
3位 シノフェル王子 144.5ポイント(49.5、49.0、46.0cm)☆最多C&R賞 12匹
4位 ドクターNさん 139ポイント(48.5、47.5、43.0cm)
5位 saltwater-ff(私です) 89ポイント(44.5、44.5cm)
6位 N橋さん 64ポイント(64.0cm) ☆BIG FISH賞

■参考データ
参加選手 11名
参加ボート 9艇
総C&R数 39匹(リミット外含む)

■大会協賛スポンサー(順不同)
シマノ、モーリス、がまかつ、ティムコ、ザップ、イクシーク、天龍、テヅカ・アートクラフト、C&Fデザイン、富士工業、クレハ、ティカ ジャパン

[PR]

by saltwater-ff | 2009-10-21 16:20 | 戦いの記録 | Comments(0)
<< Scott S4s908 8番ロッドの可能性 >>