"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
だいぶ前の記事なんですね..
by 釜猫 at 14:20
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
あなたも知ってるオフショア知識
 はいどうも。バカしかひかない夏カゼをひいた男、saltwater-ffです。こんにちは。

 本日はちょっと前に書き始めて、日の目を見ないままになっちゃいそうなテキストがあるので、さっさと更新しちゃいます。


 ところで、一昨日の7月20日で大海原とフライロッドは5周年を迎えました!(わーわー)
 なんじゃかんじゃ言われとりますが、続きは体調が回復したら書きたいと思います。



 そんじゃ夏のクルージングにお出かけの皆様へ送ります。




 




 夏のSWFF的な風物詩といえば、シイラやカツオを狙うオフショアの釣り。わりとお手軽に参加できることもあって、相変わらずの人気です。
 もう何年も出撃している方にとっては当たり前の事ですが、今年から参加する方や、いつも船酔いとてんやわんやの大騒ぎで終わってしまっている方に、少しでも役立つ情報が提供できないものかと考えました。
 ま、全部を書く時間もないので、今回は魚を釣る前の楽しみ→魚を探すことについて書きたいと思います。

魚は探すもの

 オフショアゲームの場合、一番最初にすべきことは魚を探すことです。フライフィッシングで狙う場合、土俵は表層ですから海面近くで活性が上がっている群れ(個体)が不可欠。というわけで、魚を探さないと釣りが成立しません。とはいえ素人がそう簡単に魚を見つけることはできません。それにだいたいは船長が経験やその日の状況や仲間からの無線などによって、いそうな場所へ舵をとってくれるのでお任せしちゃっても構わないのですが、そこはそれ。気分を盛り上げるためにも積極的に魚を探してみることをオススメします。
 トビウオが飛んでいったり、ウミガメが浮いていたり、イルカが泳いでいたり……と、案外楽しいものです。また、ナブラ(ボイル)を発見した時のアドレナリン分泌量はハンパなく、楽しさが200%増し(当社比)になるでしょう。同じ時間と費用をかけるわけですから、楽しまないと損だと私は考えます。

漂流物を探す

 とはいえ、広大な大海原で魚の群れを探すのは大変です。そこで最初は漂流物を探すことから始めましょう。実際に海へ出たことがある方なら、すでにご承知と思いますが、海面には大小様々な漂流物が浮かんでいます。この漂流物のことをナガレモンといいます。全国的にそういうのかどうかは分かりませんが、少なくとも関東近郊の相模湾、外房、内房、駿河湾あたりのシイラ、カツオ船ではナガレモンで通じます。

 ここから下ではよくある漂流物について解説していきたいと思います。




流木
期待度 ★★★~★★★★★

b0000168_14252611.jpg

 海へ出ると大小さまざまは木が浮いているのがわかります。台風後なんかは特に多い。ここでいう流木とは、最低でも長さ2m以上の木のこと。自然なままの状態でない、角材でもOK。できれば太く、長いのが好ましく、昨日今日流されているような新しいものより、古いものの方がベストです。デカくて太くて古い流木ほど、いい魚がついている気がします。流木の真下にはペンペンしかいなくても、その周辺に大型が潜んでいるケースがあるので気を抜かないこと。類似物件に竹がありこちらも人気がありますが、太さの面で木には敵わない(ような気がします)。








期待度 ★★~★★★★★

b0000168_17102820.jpg

 流木に負けず劣らずの人気漂流物。どこからどういう理由で流れてくるのかは不明だけれど、かなりの高確率でシイラが着いているナイスな物件。1畳でも十分期待できるが、潮目などで2畳、3畳と漂流している場合はバッコバコ状態が約束されたようなもの。これまた流木と同じで、畳の近辺だけででなく周辺10mくらいからアタックしてくるので気を抜かないこと。類似物件に絨毯や簾がありこちらも人気。ただし畳が一番人気があるように思う。







冷蔵庫
期待度 ★~★★★★

b0000168_14213522.jpg

 家電リサイクル法が施行されたせいか、ここ数年見かけなくなってきた。だいたい白いので遠くからでも見つけやすく、それなりに魚が着いているので漂流物が少ない日にはうれしい物件。
 緊急時は救命ボートの代わりになるという話(船に積んでいたクーラーや冷蔵庫に乗って助かったという話は世界中に多々あり)。
 冷蔵庫は古いほうがいいのかもしれないけれど、あんまり関係ないような気もする。家電は海に捨てちゃダメよ。







網やロープ
期待度 ★★~★★★★

b0000168_19422136.jpg

 だいたいは放棄された魚網や台風で流されたイケスの残骸。ぐわっちゃーとかなり広い面積を占有している場合があり、こういう物件ではある一方向では魚っけがなくても、魚群が反対側を回遊してたりするので、粘るといいことがあるかも。網なので引っかかると大変に面倒なことになりまっせ。長年漂流してきたおかげで、海藻やら貝類やらが大量に付着し、あたかもアンドアジェネシス(空中要塞)のようになっている物件もあり、この場合はシイラはもちろん、シオ(カンパチの幼魚)やマツダイなども大量に隠れ住んでいる可能性があるので、気合を入れて臨みたいものです。







ゴミ
期待度 ★~★★

b0000168_19424242.jpg

 1個1個は小さくても集まると巨大なエリアをカバーしてしまうのがゴミ。多くはペットボトルや洗剤の容器や漁船の電球やシャチの浮き輪だったりする。主に潮目に集結している場合に効力を発揮するため、あくまで潮目との複合物件と覚えておきたい。細かい木片やビニール袋などが集まっているので、表層よりも沈めて攻めるほうが引っかからなくて楽ちん。ま、超スプークしてる場合はなかなか食ってくれませんが。







ビニール
期待度 ★~★★

b0000168_17142280.jpg

 一般家庭で使うゴミ袋サイズから、工事現場や公園でおなじみブルーシート級まで、大小さまざまなビニールが浮かんでいます。ペラペラなので非常に発見しづらい物件ですが、ブルーシート級にめぐり合えたら、期待度は一気に星4つまで跳ね上がります。かなり高確率でいい釣りができるかもしれません。ブルーシートの上にキャストして、引っかけないようリトリーブしてシートが切れたところでガフッ!と食ってくることがあります。ま、偶然かもしれませんが。
 一方、家庭用ゴミ袋サイズの場合、いるいないの前に船長が面倒くさがってパスしてしまう恐れが大変高いですが、その日の釣果がかなりしんどい状況ならやってみる価値はあるでしょう。結構、着いてたりしますよ。







ブイ
期待度★~★★

b0000168_1422684.jpg

 ブイは漁師さんが網や仕掛けの目印に残しているもので、何ヶ月も(時には何年も)ずっと同じ場所に浮いているものもあれば、何らかの原因で漂流しているものもあります。前者は場所がハッキリしているため、多くの船から攻められています。仮にシイラがいてもかなりのスレっからしになっています。反対に漂流しているブイは遠くからでも発見しやすく、まーだいたいは目端の利く船長とアングラーに攻められています。流木や畳に比べると、物件としての人気はやや劣っているようです。

 人工的に沈めた漁礁の上に設置されているパヤオもブイの一種といえますが、こちらは漁礁があるぶん、魚の着きが良く、確実な釣果が期待できる好ポイントです。ま、スレっからしが多いのは否めませんが……。






水○体
期待度???

b0000168_19573514.jpg

 えー、不謹慎ですが外洋に出ると時々浮かんでいます。私は過去に1度だけ遭遇しました。発見者(発見船)は通報の義務があるので無線で連絡。水上警察が来るまでその場に待機(正確には見失わないように一緒に移動しつつ、警察に場所を報告し続ける状態)。もちろんフライをキャストするなんてーのはもってのほか。つーかテンション下がってしまってそれどころじゃないです。ま、ただ魚は着いてましたよ。けっこう大きいのが。




転覆船
期待度???

b0000168_1958013.jpg

 通報しましょう。魚はいるでしょうけどね。投げるかどうかはあなた次第。水○体との複合パターンもあり。







サメ
期待度???

b0000168_1421076.jpg

 もうかれこれ10年くらい前になりますが、昼寝しているシュモクザメ(約4m)のまわりにペンペンが群れていました。これってサメに着いてんのかなー? とか思ってキャストしようとしたけど、船が横にならんだ瞬間、シュモクザメと目が合った(ような気がした)ので、なぜか投げられず。
 釣鉤にかかって暴れるペンペンをぱっくんちょ!といくのがシュモクザメの魂胆なのか。


ま、こんな感じですかね。次回出撃時のお役に立てば幸いです。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-07-22 14:51 | 短期集中連載 | Comments(6)
Commented by tpbum at 2009-07-22 21:18
ポリバケツの中から顔だけ出してるマツダイが大好きです♪
Commented by taka_trout_hunter at 2009-07-22 22:43
ナガレモン!もう一喜一憂です・・・

2.0の視力を生かして探してると・・・

あっ!流木が! → ありゃ~新しいから駄目だな!

あっ!流れ藻に魚ついてますよ! → あれサメね!

おっ!ブイ!ブイ! → ビーチボールか・・・

畳に憧れます。
Commented by harimama at 2009-07-23 07:41 x
人混みの中で知り合いを捜すの得意なので、オフショアでも通用するかも…。冷蔵庫見つけたら、パンダシール貰えるかしら?
Commented by saltwater-ff at 2009-08-03 21:41
tpbumさん>こんばんは。私もマツダイ好きですよ! あのいかにも古代魚~な風体は、飼育したくなります。コワもてだけど、動きは妙にかわいいし。
Commented by saltwater-ff at 2009-08-03 21:43
taka_trout_hunterさん>こんばんは。ナガレモンは一期一会!
とはいえ自分で流すのはご法度です(笑)。畳はマジでパねえっす。

三浦カップお疲れ様でした。
Commented by saltwater-ff at 2009-08-03 21:47
harimamaさん>こんばんは。海原にも知り合いがいたら探しやすいかもしれませんーーが、ナガレモン探しはけっこうコツというか、経験が必要だと思います。山菜眼とかきのこ眼と同じですね。

パンダシールは在庫僅少です。入手方法は内緒です。
<< お知らせの金曜日 海原といえば…… >>