"Ocean and Flyrod" 『海』を舞台にしたフライフィッシングのあれこれを綴っています。明日もまた釣りに行きたいから“リリース!”
by saltwater-ff
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
大海原とフライロッドについて
 日本語が読める世界の皆様はじめまして。もしくは、こんにちは。
 ここは2004年7月20日の海の日からスタートした、日本の東京から、海のフライフィッシングに関する個人的な情報を勝手に発信しているウェブログです。
 日本における海のフライフィッシング事情は、ごく少数の人だけが熱狂的に楽しんでいる……という感じです。
 わりと不毛で徒労に終わることが多い釣りなので、普通の釣り好きにはお勧めできませんが、フロンティアスピリッツにあふれた方やマゾヒスティックな趣向がおありの方、釣りをしている最中は体温がやけに高くなるといった方に、これほどマッチする釣りも少ないでしょう。
 もし、あなたがそういったフライフィッシャーマンであるならば、このウェブログにたどり着いたのも何かの縁だと思います。

 というわけで、ようこそ!


Hi, everyone!
Ocean and Flyrod (This Weblog) which was started from Japanese Marine day on July 20, 2004.
This is disseminating the information about saltwater fly-fishing freely from Tokyo Japan.
If you are Kinky S.W.F.F. anglers, I say Welcome !


【S.W.F.F.関連リンク】
☆S.W.F.F.的お買い物☆
[ハーミット]
[TEAL]
[マーヴェリック]
[釣道楽屋サバロ]
[レビュープロダクツ]
[横浜サンスイ]
[新宿サンスイ]
[U's リバー]
[ドラグフリー]
[ワチェット]
[サウスエンド]
[ロックス]
[加藤毛ばり店]

☆S.W.F.F.的ガイド☆
[シークロ]
[ベイハムスター]
[ベイファイター]
[ストライカー]
[アイランドクルーズ]
[ピーズ]
[パラス・フィッシングGS]
[スイケンマル]
[シーホース]
[フリーライドアングラーズ]

☆S.W.F.F. Peoples☆
[世捨て人ブログ]
[Lefty Hama's in action!]
[マニアの花道]
[BLOG SIZEⅡ]
[Cool fisher]
[Goblin Go-Getters ]
[馬馬虎虎釣り日記 Part2]
[ルア人&フラ師BLOG]
[Still Water]
[GOGO JETGOGO]
[伊507のブログ]
[Flyfishing in Japan]
[Tokyo FlyFishing & Country Club]]
[FLYFISHING NUTS]
[No More Spook!]
[Diving Frog]
[カピバラF.F.釣行記]
[ぼくは何がしたいのよ…?]
[Moon Dance]

※ご注意※
当ブログ上の著者(管理者)による文章・写真について、著者はいかなる場合も著作権を放棄していませんよ。無断転載、盗用はご遠慮ください(トラックバックはこの限りではありません)。また、著者以外の第三者によるコメント等の著作権は、原則としてその第三者さんに帰属しちゃいます。



Do you want more info?
Email to ocean and flyrod writer.
Mail: saltwater-ff(at)excite.co.jp
NOTES : Please change"(at)" to "@".
Thx!!


ブログ・カウンター

なかのひと
フォロー中のブログ
最新のコメント
flyfishing_a..
by saltwater-ff at 13:32
宮城流KARATEー ..
by massan at 23:28
お久しぶりです。 メソ..
by Neversink at 09:14
ワタクシもウィードの際に..
by maru at 02:04
9周年おめでとさんです。..
by ffnuts at 12:28
サイトは中毒性高杉! ..
by hibi at 17:00
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:10
いい画ですね(^^ 全..
by MSK at 09:57
ハイドさん>どもどもー。..
by saltwater-ff at 18:43
ちなみに、岩ガニの落とし..
by ハイド昼休み at 12:20
鍵コメMさん>どもどもー..
by saltwater-ff at 13:50
ハイドさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 13:46
これ、このシチュエーショ..
by ハイド at 23:56
鍵コメのTさん>どもです..
by saltwater-ff at 18:40
MSKさん>どもども。こ..
by saltwater-ff at 18:39
カテゴリ
以前の記事
記事ランキング
ライフログ
ブログジャンル
ブログパーツ
婚活パーティー
検索
画像一覧
第21回TBSFT参戦レポート(後編)
さて、前日のプラで目星をつけていたポイントを叩き終えて、することがなくなってしまった男、saltwater-ffです。

ここでOキャプテンと作戦会議。作戦は大きく分けて3つ。

①このポイントをねちっこく攻め続ける
②昨日の有力情報を元に沖バースへ行く
③一気に南下して大勝負









 まず①は手堅いような、そうでもないような。というのも、雰囲気的に追釣できるような気配がない(魚影が薄い)。粘って釣れたとしても同サイズか小型中心と思われる。よって却下。

 次に②は、すでに早朝の時合いを逃していること、他のガイド船やプレジャー船に攻めまくられていると思われるため、これまた却下。

 最後に③。一気に南下して、大場所を攻めるというハイリスクハイリターン。普通ならリミット達成後に選択したいプランではありますが、移動時間を差し引くと、実釣に割ける時間は多く見積もって2時間程度。行くなら今しかない、ということで③を選択。一気に横須賀方面へ疾走することに。



 実は③を選択した理由は他にもありました。ここしばらく、Oキャプテンがガイドしたフライマンが横須賀方面でいい結果を出し続けていることと、釣れれば60UPは確実とのことなので、3匹揃えることができれば合計180ポイント、予想している優勝ラインを大きくクリアすることができる……かも。

 そんな欲張りな考えもありましたが、ポイントへ到着してみると、折からの雨が強さを増していくばかり。海面にはパチンコ玉よりも大きな波紋が無数に広がり、すぐ後方にいるOキャプテンの声が聞こえなくなることもしばしば。“バケツをひっくり返したような豪雨”とかいう表現がありますが、まさにそんな感じ。加えて波のウネリが強く、ボートは常に上下動を繰り返す、おせじにも釣りやすいとはいえない状況。しかし、ポイントの潮の具合だけは良好(というか、私好み)で、過酷な状況とも相まって、ヤル気の炎がメラメラ燃え盛りまくり。

 激しさを増す海況を考えて、フライはサーフキャンディからエンリコミノーへチェンジ。タイプ4のシンキングラインを潮上にキャストし、想定しているポイント、想定しているレンジまでフライを送り込んでからのリトリーブ。豪雨の中、何10投したかわからなくなるくらい、投げまくリーノ引っ張りまくリーノ…………。














 突然の



















 がつん!!






















 いや、


















 むんず!!




 ってな感じでいきなりヘリックス908-S4のティップが海面にブッ刺さりまくリーノ。




 やばっ!きたっ!





 でも不思議と冷静で、落ち着いてファイト。2度のエラ洗いを回避して、無事にネットイン!
b0000168_10334474.jpg

 Oキャプテン、S田クンとがっしり握手。さっそく計測してみると、叉長76.0cm(全長78.5cm)のシーバス様。いや~、超タフコンだっただけに超うれしい1匹でした。写真撮影もそこそこに、同サイズを追釣するべく再開。振り続ける豪雨はいっそう激しくなり、前方視界が怪しくなるほど。脳内ではさっきのシーバス様とのファイト映像が再現されていて、ヤル気の炎もさらに大きく強く燃え上がりまくリーノ。




 でも、こんな時にこそ魔物は潜んでいるのですね……。



 しばらくアタリが遠のいたこともあり、フライをエンリコミノーからピンクのデシーバーに交換。先ほどからレインウエア袖口の浸水が気になっていたこともあり、キャスト後のカウントダウン中にロッドを脇に挟んで、袖口のベルクロを締め直そうとしたその時でした。







 がつん!!





 じゃなくて





 ぽちゃん!!





 そして




 こぽぽぽ……




 一瞬、自分でも何が起きたのかわからない。音のする方を見ると、ヘリックスが海に沈んでいこうとしているではないですか!!

 すかさずしゃがんで手を伸ばすも届かず。リールの重量でグリップ側は完全に水没。わずかにテイップが顔を覗かせていますが、2、3秒だったでしょうか。音もなく消えてしまいました。




 痛恨のロスト……。





 チーン。




 シンキングラインのタックルはコレしか持ち込んでなかったので、大会も事実上、ここで終了。


 思えばヘリックス908S-4は、私に一番シーバスを釣らせてくれたフライロッドでした。私がフライで釣った70オーバー5本のうち4本はヘリックスでした。過去の大海原でも書きましたが、自分の右腕の延長線上のような不思議な感覚に陥るほど、私にとって素晴らしいフライロッドでした。これまで頑張ってくれてありがとう。最後に78.5cmというランカーを釣らせてくれてありがとう。今は海の底でゆっくりと休んでください。



 で、結局2匹のままで競技時間は終了~。リミット達成できず。70UPをC&Rしたものの、タックル1セット(しかもヘリックス)を奉納してしまうという痛恨のミスを犯し、失意のままの帰港となりました。でも、まぁ叉長76.0cmでBIGFISH賞はイタダキかな~? と思ったりもしつつ、表彰式会場の第一ホテルシーフォートへ。



 大会の結果は……。

 第21回TBSFTリザルト

 第1位 Mさん 180ポイント(80cm、56cm、44cm)
 第2位 Dr.Nさん 147.5ポイント
 第3位 世界のEZIO大名人 133ポイント
 第4位 O軍曹 130ポイント
 第5位 saltwater-ff(私です) 124.5ポイント
 第6位 Sさん 120.5ポイント
 第7位 レフハマっちょ 116ポイント

 最多C&R賞 Dr.Nさん 7匹
 BIGFISH賞 Mさん 叉長80cm





 げえっ!


 ま さ か の


 80cm!!!!!!



 ぶっちぎりの優勝は、アメリカから参加(!?)のMさん。前回の20回大会でも83.0cmというランカーをC&Rした、真正巨大魚ハンターです。

 密かにBIGFISH賞はイタダキ!とか思っていた自分が恥ずかしかったです。もう、グウの音も出ません。完全敗北です。

 しかし驚くべきは、もう1人、70UPをC&Rされた方がいるのです。それは第6位のSさんで、叉長72.5cmをC&Rされました。日中の大会で、70UPが2本、80UPが1本もC&Rされたことで、シーバスのフライフィッシングの可能性とC&Rの効果が強く感じられたように思いました。また参加選手12名と、例年に比べるとやや少ないにも関わらず、全員が釣果をあげられたことからも、C&Rの効果は間違いないといえるでしょう。

 いやー、それにしても完敗でした!そして悔しい!

 秋の大会は負けませんよっ!(第22回TBSFTは10月18日開催予定です)
b0000168_1036154.jpg
 皆様、お疲れさまでした~。



 参加選手12人(オデコなし)。総C&R数 41匹(うちリミット外12匹)


 大会協賛スポンサー
 ㈱シマノ、㈱モーリス、㈱マーヴェリック、㈱がまかつ、㈱ティムコ、㈱ザップ、㈱イクシーク、㈱天龍、テヅカ・アートクラフト、オフト㈱、富士工業㈱、㈱スミス 順不同




 おまけ

b0000168_1037742.jpg
 シークロのOキャプテン(右)とニューフェイスのS田クン(左)。サポートありがとうございました。
[PR]

by saltwater-ff | 2009-06-02 10:19 | 戦いの記録 | Comments(2)
Commented by ひと at 2009-06-12 20:59 x
タックル丸ごとロストってのは痛いですね。
心中察するに余りあります。自分自身も昔、モンスターブラウン+ステラという自分の中で史上最強最LOVEタックルを丸ごとロストしたことがあるので。
でも、最後に、ビッグフィッシュとの出逢いを演出してくれたのが救いですね。思い出のタックルになりましたね。
Commented by saltwater-ff at 2009-06-23 12:41
ひとさん>こんにちは。はじめまして、でしょうか?(間違っていたらすいません)。
いやー、タックルロスト、いつかやるかも……と思ってましたが、実際に失くすとダメージ大きいっすね。いくら生涯保証品でもロストはダメですもん(涙)。
ひとさんも愛用のタックルロストされた時はショックだったと思います。悲劇を繰り返さないためには、尻手ロープ着装で未然に防ぐしかないですね……。カッコ悪いけど。
<< レフティー・ハマー、かく戦えり 第21回TBSFT参戦レポート... >>